【10月22日衆議院選挙】与党に入れても、野党に入れても、憲法改正と戦争への道

今回の選挙は、モリ・カケ問題の批判をかわすために安倍首相が解散してはじまった。

前回の自民党が歴史的大勝を果たした衆院選でも、選挙前には経済対策「アベノミクス」を訴えるだけだったのだが、当選すると、急に戦争できるように「憲法改正」押し進めた。

今回の選挙では、希望の党が「安倍政権批判、消費税凍結、原発反対」という非常に国民受けがいい表看板を掲げて、野党第一党の民進党は希望の党に合流した。

希望の党の小池さんは、野党からの候補者の公認にあたり以下の誓約書を書かせた。

「集団的自衛権行使、安保法制、憲法改正」に同意させたのである。

与党に入れても、野党に入れても、憲法改正の道しかない。

私の選挙区では自民と野党第一党の候補が二強で、あとは泡沫候補だ。

現実問題として、自民か野党の一騎打ちである。

さて、この二強のうち、どちらに投票しても「憲法改正」しか選択肢がない!

すごいなぁ~

私も含めて、私の家族、知人や友人、散髪屋さんなど街のちょっとした知り合いも含めて、「憲法改正」が必要だと言う人は、私の知り合いには一人もいない。

民主主義というのは、国民の意見を代表する人たちが国会に集まって、国民の意見を最大限に反映するために作られた仕組みだ。

実際の国民に声高に憲法改正を主張する人は一人もいないにも関わらず、私の選挙区で当選する可能性がある2強のどちらに投票しても戦争と憲法改正の道しかない。

与党に入れても、野党に入れても、憲法改正と戦争の道しかない。

国民は誰一人望んでいないのに、私たちの選択肢には憲法改正と戦争の道しかないのである。

いやぁ見事なものだ!

希望の党の小池さんは「改憲反対の人をつぶしにかかっている」

国民主権、民主主義といいながら、私たち誰一人望んでいない「憲法改正」しか選択肢がない。

これが国民主権、民主主義が捻じ曲げられるプロセスだ。

一般の人々は誰も憲法改正も戦争を望んでいないのに、戦争に巻き込まれていくプロセスだ。

これが「民主主義」の実態なのである。

従来の野党の「憲法改正反対」の人々は立憲民主党という党を作って、多少は健闘しているらしいが、私の選挙区では、候補者がいない。

自民と希望の党しかいないんですよ!

しかも希望の党の小池さんは立憲民主党の候補がいる選挙区に刺客を立てている。

「憲法改正反対の野党候補」を希望の党がつぶしにかかっている。

 小池さんは自民党と連携する

そして、小池さんは「安倍政権」には建前上反対だが、10月4日の記者会見で、安倍氏以外が自民党総裁に就いた場合の連携について記者に質問され、「まだどなたになるのか、選挙の結果次第だ」と発言した。

つまり安倍さんでなければ「自民と希望の党」の連立があり得るということだ。

もうこうなったら、野党は存在しない。

私の選挙区では、「自民と希望の党」というどちらに転んでも「憲法改正の与党」しか、選択肢がなくなった。

国民のほとんどが望んでいない「憲法改正」しか選択肢がない「民主主義」というのもすごいものがある。

しかし、国民と意図するところと違うことろにテレビやマスコミを使ってほんと上手に誘導していくなぁと感心する。

戦争が最も民主主義に反する

戦争が最も民主主義に反する。

どこの国でも、兵士は血の通った父親であり、人の子である。

誰かを殺したり、相手の家を焼き払ったりしたいと思っている人は敵味方であろうと、実際の国民には一人もいない。

そんな人は誰一人としていない。それは世界を旅してみればあきらかだ。

中国だろうがイタリアだろうが、みんな父親であり、人の子なのである。

誰も人殺しなんかしたくない。

おいしいものでも食べて楽しく幸せに暮らしたいだけだ。

また戦争ほど国民の生活を圧迫するものはない。

一旦戦争が始まれば、国民は非常な耐乏生活を強いられる。

平時においても軍事費というのは、税金の中の非常に大きな部分を占めており、重い国民負担となっている。

また逆に言うと戦争ほど国民から重税を絞り上げ、死の商人と呼ばれる武器商人たちにお金が儲かる仕組みはない。

戦争ほど権力が集中することはなく、権力志向の強い為政者ほど戦争を欲する。

そうして権力志向の為政者と死の商人の利害が一致し、国民の誰一人望んでいない憲法改正しか選択肢がなくなり、戦争できる国家に変えていく、今回のような見事な選挙が実現する。

武器商人は常に戦争を引き起こしてきた

同じ武器商人たちが、幕府と薩長に軍艦や鉄砲を売ってきた。

同じ武器商人たちが、清と日本に軍艦や鉄砲を売ってきた。

同じ武器商人たちが、ロシアと日本に軍艦や鉄砲を売ってきた。

同じ武器商人たちが、第一世界大戦、第二次世界大戦を引き起こしてきた。

同じ武器商人たちが、東西ドイツや、南北朝鮮、資本主義と共産主義を対立させて武器を売ってきた。

同じ武器商人たちが、ベトナムやアフガニスタン、イランイラク、現在のISISなどの戦争を引き起こしてきた。

同じ武器商人たちが、日本にもまた戦争をやってもらいたくてたまらない。

今まで戦争を仕組んできたように、今回も着々と仕組んでいる。

今回の選挙も見事なその一環なのである。

そうでなければ、国民が誰も望んでいない憲法改正がどちらに転んでも実現できるような選挙にはならない。

それを意図し仕組む人たちがいるから、こうなるのである。

まぁこれらの

「不毛の選択」

「壮大な茶番」

「その裏の計略」

に気づいて指摘する人も若干はいるようだ。

ヒットラーにたとえられる党首の政党しか選択肢がないというのも悲しいものがある(涙)

最も人々の生命が失われ、最も多くの人の身体が傷づけられ、最も多くの人が家を失い、最も多くの人が悲しみにくれ、最も過酷な重税をもたらす、私は戦争へのあらゆる動きに反対だ。

戦争に比べたら、モリ・カケ問題など小さな話なのである。

【立憲民主党の一人勝ち】国民は「憲法改正反対の現実主義者」を当選させるという民意を示した

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【10月22日衆議院選挙】与党に入れても、野党に入れても、憲法改正と戦争への道』へのコメント

  1. 名前:栗原 投稿日:2017/10/22(日) 07:50:04 ID:c53ef65ec 返信

    おはようございます。はじめまして、栗原と申します。
    重要な内容のブログをありがとうございます。
    差支えございませんでしたら、ご意見をお伺いできると嬉しいです。

    地球が次元上昇しても、こういった支配の仕組みは解体されていかないのでしょうか。
    調べない人・考えない人(というかまだ感じてない人・つながっていない人)が多いからでしょうか。

  2. 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/10/22(日) 09:00:17 ID:213a7b332 返信

     私はこういった仕組みはどんどん解体されていると見ています。

     もう多くの人が気づいていて世界大戦が起こせなくなっています。

     トランプさんも、プーチンさんも、習金平さんも本気で戦争する気はないでしょう。

     ただトランプさんもスポンサーからものすごい圧力がかかるので、「好戦的なフリ」をしているのではないかと見ています。

     今の地球で大国のリーダーが本気で問題を武力で解決しようとしたら最終的に地球は行き着くとこまで行き着いてしまいます。
     放射能であらゆる生命の遺伝はめちゃくちゃになりますよ。

     誰でもわかることです。

     ここまで原発を推進し、戦争しようとする人が国を率いているのは、もう日本くらいじゃないですか(笑)
     

  3. 名前:栗原 投稿日:2017/10/22(日) 14:01:41 ID:c53ef65ec 返信

    ご返信ありがとうございます。
    なるほど日本とは、良くも悪くも不思議な国ですね。

    ご回答を頂けて嬉しいです。
    もやもやがスッキリしました。
    私も自分にできることをやり続けます。
    ありがとうございます。

  4. 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/10/22(日) 19:31:49 ID:43178f988 返信

    >私も自分にできることをやり続けます。
    ありがとうございます。

    ぜひぜひ!

    結局そういうひとり一人の自分の魂に恥じない行動が、神さまの前に立って、私は完璧じゃなかったかもしれませんが、私のできる範囲でベストを尽くして来ました。

     と言い切れれば。

     たとえ肉体に閉じ込められた人間としての限界があったとしても。

     今生を終えた時誰もが通過する振り返りのライトレビューで何も問題ないんですよ。

  5. 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/10/22(日) 19:38:07 ID:43178f988 返信

    そして今生は果たせなかったとしても

    生まれ変わって絶対に自分の魂に恥じない行動を取り続けるんですよ。

    そうすると実は誰もが永遠の魂の存在なので、
    最終的には勝利は確定しているんです。

     それはもう絶対なんですよ。

     神が、

     神のわけ御魂である我々が負けるはずがないんです。

     それは神の保証つきです。

     だってこの宇宙のすべては神の創造物なのですから。

     このゲームは勝ちしかないのです。

     我々は真の不死身の戦士なのです。

  6. 名前:栗原 投稿日:2017/10/22(日) 21:49:04 ID:c53ef65ec 返信

    自分の心の奥から、
    力強いエネルギーが湧き上がってくるのを感じました。
    多謝です。

Loading Facebook Comments ...