なぜ遠隔浄化で痛みがなくなるのか?

(長文です)

ご質問をいただきました。

何故浄化をして頂くと疼痛が無くなるのか?

という素朴な疑問が湧いてきました、それは痛みが無くなれば

ええじゃないかの世界かも知れませんが、もっと

根源的な理由が有るのではと思って質問させて頂きます、

学問的には、疼痛は体を維持する上での正常な防御機構に

のっとった現象?なんて理解して居ります、ただ、痛いんです

榎本さん痛み取って下さいだけで宜しいのでしょうか?これを

期に何かを感じ取って気持ちを変化させないといけないのでは

なんて思うのですが・・・回答が御座いましたらご教示を・・

この人理屈ぽくていけないな~なんて思わないで下さいね!Sさま( 2016年11月15日 20:04)

(疼痛(とうつう):「ずきずきとうずくように痛むこと。その痛み。」)

なにやら難しい言葉を使われますがこの方はお医者さまなので(笑)

ではまず最初の質問から

1「何故浄化をして頂くと疼痛が無くなるのか?」

いきなり難しいこと聞きますね!

正直に白状しますと、わかりません(笑)

だって、遠隔浄化は目に見えず耳で聞こえないんですよ!

五感の肉体に存在しているかわいそうな私にいったいどうしようがあります?

説明しようがないじゃないですか。

だって見たことないんだから。

それが正直なところです。

そんなことを言ってもはじまらないので、私が9年間の遠隔浄化経験で理解しているところをお伝えします。

まずですね。

五感がすべてじゃないんですよ!

恋もそうです。

やさしさもそうです。

感情もそうです。

みんな見えないじゃないですか、聞こえないじゃないですか。

でも存在していることはみんな知っています。

「見えぬけれどもあるんだよ」「見えぬものでもあるんだよ」(金子みすゞ)

という事なんです。

その代表選手は魂ですね。

「東京大学大学院医学系研究科救急医学講座 医学部附属病院救急部・集中治療部教授」(救急部と集中治療部を総括する部長)の矢作直樹医師(58)でさえ、「魂は永遠であり、肉体は一時の鎧である。」とおっしゃていますからね。

まぁそういうことなんです。

でですね。

誰もが真実を見抜く方法をお教えしましょう。

それを聞いたら、「何か安らぎ落ち着き幸せな気持ちになる」もの、それはすべて真実です。

だって、人は誰でも幸せになりたいじゃないですか!幸せに導いてくれることは真実です。

ああこれは正しいなというフィーリングがするんですね。

・「人間の本質は魂であり、命の本質である魂は永遠だ。私たちの本体である魂に死は存在しない。」

・「命とは肉体のことであり、肉体が終わると永遠の地獄または天国に行く」

どちらを読んだときどちらが、「安らぎ落ち着き幸せな気持ちになる」でしょうか。

「人間の本質は魂であり、命の本質である魂は永遠だ。私たちの本体である魂に死は存在しない。」ですよね。

ですから「人間の本質は魂であり、命の本質である魂は永遠だ。私たちの本体である魂に死は存在しない。」ということは真実なのです。

ものごとはすべてこれで判断していいんですよ。

いえ、これで判断すべきです。

なぜなら存在のほとんどは五感で感じられないからです。

最新の科学によると、全宇宙の存在のうち観測できる原子等の通常の物質が4.9%、ダークマターが26.8%、ダークエネルギーが68.3%と算定されています。

ダークマターとダークエネルギーは観測する手段がないものです。

把握できません。

全存在のうちわかっているのはたった4.9%で95.1%はわからないのです。

五感でわかることで生きている人は、そのすべての学問と科学を理解しても、全存在のわずか4.9%で人生を生きていることになります。

しかし残りの95.1%も使わないと人生、生きづらいですよね。

それがほとんどなんだから!

それを知るために人間は、フィーリングというものを持っているのです。これは五感に閉じ込められた人間に対する神さまの贈り物です。

遠隔浄化は、思い、思考、感情、愛とか思いやりとか優しさとか、そういう目に見えず人類が観測手段をもたない95.1%に属するものです。

 思考が現実化する

今、急速に思考の現実化という考え方が受け入れられています。

なぜ、思考が現実化するかは、「なぜ「思考は現実化する」のか。その原理と宇宙の始まりと私たちの意識について」で書いたので参考にしてください。

簡単に言えば、ビッグバン以前の宇宙は無でした。(ここまでは科学が同意しているところです。)

しかし、それ以前に目に見えないけれど「思考する存在」があった。それがいわゆる神と呼ばれる意識体です。

その神が思考によって生み出したのが宇宙です。

だから思考は現実化するのです。

思考が宇宙を生み出したからです。

目に見えない思考こそが原因者なんですよ。

宇宙がそうだからです!

だから私たちもそうなのです!(以上終わり!)

だから遠隔浄化は、思考によって物質世界に影響を与えることです。

だって宇宙がそうやって創造されているんだから!

そこを何で?言われるともう、神さまに聞いてちょうだい!というしかないんですよ!

神さま!何で思考から宇宙が生まれたの?

なんで~っ!

教えて神さま~っ!

・・・

それはもうそうであるからとしか言い様がないんですよ。

科学は無から宇宙が生じたと言っていますが、現に今あなたが地球にこうして生きてるじゃないですか!

それが証拠です。

 ですから、遠隔浄化もそれと同じ仕組みです。

以上終わり!といいたいところですが、もうちょっと話を進めます。

まぁこのブログにも9年に渡って色々遠隔浄化の実際を書いたわけです。

もうそれは色々あるんですよ。

そのひとつひとつの個別の症状について、私が何がどんな風に動いているかいちいち知っていると思いますか?

わかるわけないじゃないですかっ!

わからないんですよ。

正直に申し上げます。

わかりません!

私は正直者ですからね。

わからないことはわからないって言うんです。

で、私の理解をもう少し書きます。

まあ念力とか透視とか幽体離脱とか色々ありますよね。

ロシアもアメリカも本気で研究していますよ。

実際に活用もしています。

まぁ私も遠隔浄化ができちゃったんですね。

透視の人が実際にわかるけどなぜわかるのかは説明できないのと同じです。

ただわかるんですよ!

遠隔浄化もなぜできるのか説明できないけど、できるんですよ!

まぁそういう人が世の中にはいるんです。

で遠隔浄化や人を良くすることができる人々もいるんです。

私もその一人です。

そして、そういうある人が地球での生を終えます。

そうすると、私たちには見えない領域でたくさん活躍する方々もおられるのですよ。

イエスはそのことを知らせるために復活されたのですよ。

肉体の死というのは死ではないんだよということですね。

もちろんイエスもご活躍ですよ!

生前彼は遠隔浄化が得意中の得意でしたからね。

イエスは遠隔浄化のマスターです。

で、肉体を離れた後も、地球を愛されているんですよ。

人々を愛されているんです。

それで、私たちが誰かを助けようと遠隔浄化をすると、多くの方々が助けてくださるんです。

いったい何人の方々が助けてくださってるのか、わからないくらい大勢です。

それぞれ得意分野があるようです。

私たちも意志を使って浄化していますが、向こうでも同じです。

この症状だとこの人、あの症状ならあの人、そんな感じで私たちの意志を受け取って浄化してくれる方々がおられるのです。

私は「守護霊団」の方々と呼ばせていただいていますけどね。

霊というとなんだかおどろおどろしい感じがしますが、ぜんぜんそんなことはないです(笑)

私やあなたのことです。

肉体がないあなたや私ですね。

生きている時と何も変わりはありません。

ただ肉体がないということを除いては。

そんな方たちが具体的なことはやってくださいます。

ですから私には何がどうなっているのかわからないんですよ!(笑)

ただ、私たち「力の使い手」にできることは、誠心誠意その人の役に立ちたいと思って浄化することだけです。

その真心といいますか、誠実さ、愛と言ってもいいですが、それが非常に大切なんです。

私たちにはそれ「だけ」が大切なんですね。

それからあともうひとつ。

これは人類に限らず、宇宙のあらゆる存在に通用する原則なのですが、自由意志があり、それを大切にしなければならないということです。

その人の意思によらねば誰もその人の人生に介入してはいけないのです。

ですから何とかして役立ちたいと思っている「守護霊団」の方々も、地上からの要請がなければ、おせっかいを焼くわけにはいかないのです。

その人の人生はその人の自由意志で決めるというのは宇宙の大原則です。

ですらか、その人から遠隔浄化の依頼があり、私たち「力の使い手」が守護霊団の方々に遠隔浄化を依頼することで、その人の自由意志の表明が守護霊団まで届くことになります。

私たちは地上の中継係なのです。

道具ですね。

そして、その見えない世界の浄化が地上に届けられます。

その人の現実はすべてその人が作っています。病気も不幸もそうです。

何がどうなってこんなことになってしまったのか、無意識にやってしまってご本人も訳がわかなくなっているのです。

しかし、その人の現実はすべてその人が作っているからこそ、あらゆる可能性があります。

そのもつれた感情の糸、思考を解きほぐしたり断ち切ったり、入れ替えたり、「ご本人の意思」でよくなるよう、もう同じことを繰り返さなくていいように、再発しなくてもいいように、一緒にお手伝いする。

それが私たちの役割です。

痛みが無くなればええじゃないかの世界かも知れませんが、

ええじゃないかじゃないんですよ!

なぜそれを生じたのか、どうすれば再発しないのか、それが大事です。

どうすれば人は本来の健康になれるのか、本来の幸せになれるのかということです。

それをしなければ意味がないじゃないですか!

しかも慢性病の場合、そこに気づかないと最後の関門が開かないことがよくあります。

もっと根源的な理由が有るのではと思って質問させて頂きます、

もちろんあります!

よくぞ聞いてくださいました!

それはどうすれば病気にならずに済むのか、どうすれば幸せになるのか、ご自分で気づき、ご自分の人生で実現していただくことです。

それが根源的な目的であり理由です。

それをやるのが一番大事なのです。

それがルーツ(根源を)ファインダー(見つける者)ですよ!

このブログの意味です。

私は人の対症療法に一生を費やす気などさらさらないのです。

常にルーツファインダーなんですよ。

根源を追い求めるのです。

真の解決を目指すんですよ!

それこそが醍醐味であり、チャレンジなんです!

ただ、痛いんです榎本さん痛み取って下さいだけで宜しいのでしょうか?

いけませんって!

ただですね。

いきなりごたくを並べても難しいんですよ。

だいたい初めて依頼される方は「遠隔浄化ってなに!?」みたいな人ばかりなのです。

まぁ私は9年も同じことをやっていますから、私のブログの読者さんがいざというとき遠隔浄化を依頼される時は説明がいらなくて助かります。

ただそれでも未体験の方が大半なんですよ。

それでまずは、「ただ、痛いんです榎本さん痛み取って下さい」に応え続けるんです。

私もそれで解決すれば何も面倒なことはないんですよ!(笑)

実際そういうことも多いです。

ただまぁ、やっぱりそれだけではすまないことがよくあるのです。

しかし、それまでに信頼関係といいますか、何かわからなけど効いてるぞ。

という経験を持っていただくことが大切なのです。

その時初めて耳を傾けてもらえるんですよ。

それまでは海のものとも山のものともわかならないわけですから。

これを期に何かを感じ取って気持ちを変化させないといけないのではなんて思うのですが

その通りなんですよっ!

もうその通りなんです!

それが目的なんです。

しかしですね。

「ああ~はじめまして

榎本です。

かくかくしかじか、あなたの生き方はこの点が問題ですよ!」なんて言えますか!

言えないんですよ。

先ほども書きましたが、その人の自由意志は絶対です。

その人の人生には絶対に干渉できません。

その人が望むとき、その人が望むことように変えるにはどうしたらいいのかということをお手伝いするだけなんです。

それはもう大原則なんですよ。

絶対に差し出たまねはできないんです。

私たち「力の使い手」は決して支配者ではありません。コントロールする人でもありません。

「奉仕者」なんです。

仕える者なのです。

だからご本人が「ところで榎本さん、これは残りますけども何か気をつけることがありますかね。」というひと言が発せられるまで、ただひたすら「痛いんです榎本さん痛み取って下さい」に応えながら信頼関係を作って待っているんです。(まぁ実際にはちょっとこう思ってみてもらえますか?とこちらから言うこともあるんですが)

いざ必要な時に、アドバイスが受け取られる時をじっと待っているんですよ。

なぜか。

その人の人生に干渉しないためですよ。

自由意志こそ宇宙の大原則だからです。

「守護霊団」の方々がそれを守られる以上、我々もかたくなに守るのです。

それはもう宇宙の共通理解なんですよ。

「守護霊団」方々が地球の人類の自由意志を最大限に尊重され、不干渉を貫き、いざ要請があれば、陰ながら人知れず動いてくださるならば、我々「力の使い手」がそうあろうとすることは当然のことなのです。

そしてですね。

これも重要なことですが、それは私たちがいなくても、その答えはいつかの時点が必ずご本人が知ることになるものです。

答えは常にその人の内に存在します。

フィーリングでわかります。

真理とは常にそのように誰の内にもあるものです。

もし、それが誰かに教わらなかったら決して自分でそこに至ることはなかったというようなものは真理ではありません。

がらくたです。

ある種の教義であり、思想信条ですね。

そんなものを伝えるために私たちがここにいるのではありません。

逆です。

不自然な教え、思想信条を、考え方受け入れたばかりに、病気になり不幸になっていきます。

その不自然なものを落とすことがプロセスの大半を占めます。

そして、最後に残る大切なものは、誰に教わることがなくても、最終的にいつかの時点で必ずそこに到達するものです。誰もが自分の胸のフィーリングだけでたどり着けるものです。

例えば人の魂は永遠であり決して死なないなどですね。

しかし例えば「死んだら終わりだ!」などの不自然な思考や考え方が蔓延しているから、不安、恐怖が生じ、不幸や病気が生じるわけです。

必要ならばそれに気づくことを手伝いするのです。

ちょうど旅の途中に泉があれば、適切に伝えれば誰でもたどり着けますよね。

それが真実です。

ただ教えてもらった方が早く行けることもあります。

しかし水を真摯に求める人はな必ずいつかの時点で自分で水のありかを見つけるでしょう。

それは秘密でも何でもなく、誰にもでも明らかなものです。

しかし現代では、こういう内面の探求はあまりなされてきませんでした。

ですから、少々先に探求を始めた私たちは、ちょっとだけ「こう行けば、きっと早くたどり着けるよ。前の人もそれで行けたから。」ということを知っているのです。

そこで、ご自分の人生を変えようとご自分が自由意志を使われるならば、私たちは9年の経験と、誠実さでベストの対応をしよう心がけるのです。

私たちは奉仕者ですからね。

仕えるものです。

差し出た真似はしません。

ただ、ご本人の自由意志のあるところ、どんな病気でもどんな症状でも可能性はあるはずだと、常に新しい可能性に向けてチャレンジしていくんです。

絶対にあきらめないのです。

新しいルートを常に開拓するのです!

ご本人があきらめなければ絶対にあきらめることはありません。

一体どんなことに気づいたら、このなぞが解けるのか。

毎日がチャレンジなんですよ。

しかし、それを実行するのは絶対にその人ご本人なんです。

その気づき、その悟りはご本人のものでなければどうにもなりません。

病気や不幸はそのためにあるのです。

いよいよ気づかざるを得ない状況になってきたわけです。

それも学びであり、よりよい状況を生み出すための状況に過ぎないのです。

そして、そのチャレンジは永遠に終わることはありません。

何しろ生命(魂)は永遠ですからね。

その永遠の学びを一歩一歩進めることが私たちのチャレンジなのです。

かといって、ずっと病気や不幸が続くという意味ではないですよ。

予兆を見抜き、自ら変化することを選ぶことによって、そういうものは回避できます。

ずっと健康で幸せに成長し続けることはできるんですよ。

それこそが本来の道です。

「これを期に何かを感じ取って気持ちを変化させないといけない」のです。

そうしないとその症状を生じている根本の不自然は解消されませんからね。

これをご自分の魂の永遠の成長の一歩にすることが何より大切なのです。

そして、それは自分の現実がより自分の望む方向に変化することで確認できます。

自分の望む現実を創造し生きること、それこそが本来の目的ですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする