バリ島一周自転車ツーリング 10日目 一番いいところに泊まり一番安い夕食を食べる

今日は昨日と同じ,Medewi(メデウィ)に連泊した。
昨日の午後できなかったサーフィンをリベンジするためだ。

朝食後ボードを借りて海に出た。

波は結構大きい。
20160921_083020

果敢に挑む。
20160921_083044

しかし波は意外と手強い。
20160921_083130

たまにまぐれでこういうこともある、というくらい(笑)
20160921_083148

午前中いっぱいこんな大きな波と格闘するとくたくただ。

チェックアウトして、昼食を食べ、自転車で走り始める。
20160921_083217

 Medewi(メデウィ)から、デンバサール方面に行く道路はバリ島でもっとも海がよく見える気持ちがいい道が続く。
20160921_083243

 今日のフルーツブレイクはマンゴー!
20160921_083317
 2つもむいてもらった。
 手前の黒糖の蒸し菓子のようなものも買ってみたが、6円くらい。
 マンゴーは70円なのでこちらでは数十円というのは相当使いでのあるお金だ。

 今日は自転車で走る距離でちょうどいい宿を選んだが、お姫様みたいな宿だった。
20160921_083356

 20160921_083409

 とても静かな戸建てのバンガロー。
 カップルには最適だが、親子の自転車旅には少々オーバースペック(笑)

 部屋はとてもいいが、ここは夕食には事前予約が必要だった!
 
 周囲に何もないところだったので、googleマップを頼りに20分近く歩いて町まで行く。
(宿について、自転車を降りてシャワーを浴びたら、もう自転車には乗りたくない。おしりも痛いし手も痛い、そもそもこの自転車にはライトがない。自転車の筋肉と歩く筋肉は使うところが違うので、散歩は大丈夫なのだ。)

 ところがgoogleマップに載っていた3軒のレストランはすべて閉まっていた。
 
 しかたがないので人通りの多そうなところを歩いていると、夜市をやっており、ちかくの食堂が1軒だけあいていた。

 英語はぜんぜん通じないのでとにかく、2本の指をたてて「Two!」というとうなずてくれる。
 どうもメニューは1種類しかないようだ。
 地元の人に利用されているようだが、日替わりになっているのだろうか。
 出てきたのがこれ。

 20160921_083459

 カゴにペーパーの器で衛生的で、スパイシーでおいしかった。

 金額は聞き取れないので、日本で400円にあたるお札を出すと、おつりを山のようにくれたので、たぶん一人100円くらいなのではないかと思う。

 今日は今回の旅で一番いい部屋に泊まり、一番安い夕食を食べた(笑)

 帰り道、夜市の屋台でフライドキチンを食べてみた。
20160921_083522

 自転車は体調を崩すとどうにもならなので、基本衛生状態に問題がなさそうなところで食べることにしている。
 だから、屋台はほとんど使ったことがなかった。

 しかし、からっとしておいしいし、油もぜんぜんもたれない。
 20160921_083538
 やし油か何かで揚げてあるのかな。

 鶏はバリでは基本放し飼いだ。
 自転車で走っていると、いくらでもその辺で走り回っている。(笑)

 このフライドチキンは当たり!だった。1個六十数円。

 デザートにバナナも買って帰った。
20160921_083650

 ウインナーソーセージくらいのサイズで皮もとっても薄い!

 もちもちして、おいしい。

 朝食は部屋まで運んでくれた。
20160921_094122

Tabanan(タバナン)のThe Sanyas Retreatというお宿です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...
スポンサーリンク