どんな問題も「成長の糧」でしかないし、必ず解決できる。 そして、どんな人も神様がお見捨てになることは絶対にない。

まりさんとおっしゃる方からメールをいただきした。

> 自然の力がまだ無限の力だったころ。友達から紹介されたこの力は?とインターネットで検索して先生のブログを初めて読み、この人が勧めるなら信頼できると思いました。
> でも伝授を受けたのは自分の判断です。

そうでしたか。
自然の力時代に私が発信した情報も本当ですし、引退後言えなかった情報を発信していますが、それもまた本当です。
どうか本当のことに基づいてご自分で判断していただけたらと思います。

> 天光地での天海先生の最後のセミナーが私には天光地での初めてのセミナーであと数回は、榎本先生のセミナーを受けさせていただきました。天光地は遠いので、何度も行くのは厳しかった。
> しかし、ワインや、お守り札?を進められて違和感が生まれ、裏切者認定は、集団ヒステリーみたいと思っていました。最後は娘のことを相談して、私は娘を侮辱されたと感じました。それを機に3年ほど前からO顧問に顧問料を送金せず、自分から縁を切りました。お金がもったいないと思い、すっきりしました。
>
> 今回榎本先生がここを離れられたことを知り、すごくうれしく思いました。

私も最終的には自然の力に私の居場所はなかったと、と思っています。
しかし、裏切り者認定を含め大変貴重な経験をさせていただいたと思って感謝しています。
結局人にとって一番大切なのは魂の成長です。
私は自然の力から裏切り者認定されることによって、本当に自らの魂を通じて見えない世界と繋がるしかありませんでした。
それまでは南さんを経由して神様に繋がっていると思っていましたからね。(笑)
しかし、誰であれ自分の中に魂をもっているのですから、それを通じて神様に繋がるのが本当です。
それが成長というものです。

だって世界の大半の人は自然の力を知らないのです。でもちゃんと幸せに生きていますからね。

守護霊さまたちは、「裏切り者認定」でもなんでも、それが私の魂の成長のためになるなら、あえてそれを放置されます。

一見とてもつらい経験でしたが、今はそれがすべて私にとって必要な経験であったとわかります。

7年10ヶ月自然の力にいましたからね。
もうこれ以上自然の力にいても、あまり多くの学ぶことはありませんでした。
それよりも、自分のこれまでの経験に基づいて、自然の力から学んだいい面を活かし、悪い面は反面教師として、より素晴らしいものを地上に残したいと思っています。
はっきり言って、日本人で、いや世界中でも、見えない世界の力で7年以上も人を浄化し続け、その間大半の期間をその拠点での講師であり続け、「裏切り者認定」され、その後より強力に浄化できるようになり、それが人に伝えられるようになったというキャリア(経験)をもつ人は非常に少ないと思います。

ですから、こういう特異なキャリア(経験)を人々のために十分に活かすのが私の残りの人生の使命だと思っています。

> O顧問にはよくしていただきましたが、直接お願いした浄化は効き目がありませんでした。
> でも効き目があったようにお礼を言った自分が嫌になりました。
> 初めのころ電話で直接主人も南先生に膝を浄化していただきましたが、改善しませんでした。でもきっとよくなると思いましたが、私自身も改善の結果を感じることがないままでした。
>
> 縁が切れたので私にはもう力は切れていると思っていましたが、そんなことないはず、という気持ちもどこかにありました。だって神様の器は絶対的に大きいのですから。

神様はすごく器が大きいですよ!
私もまりさんも自然の力の南さんも、伝授者も、その他の人類の全員みんな神様の創造の一部です。
今まで自然の力に「裏切り者認定」され追放された人もみんな神様の一部です。

どんな病気の人もどんな不幸の人も、どんなに貧しい人も、どんなに虐げられている人も、神様の創造の一部です。

どんな人も神様から見捨てられることは「絶対に」ないですし、解決できない問題も「絶対に」ない。

それを私は自分の経験を通じて知りました。

そしてそれを実践していくことが「力の使い手」さんがなすべきことです。

私は人生に問題が生じないとは言いません。
現に世の中には病気や不幸が満ち溢れているのを知っています。
しかし、それは神様が私たちにお与えになった「自由意志」を私たちが間違えて使ったからです。
また私のように突然「裏切り者認定」されるようなこともあるかもしれません。

しかし、それはその人の成長のために必要だから起こるだけです。
今私にはそのことが本当によくわかります。

私たち人間は五感に限られていますから、つい小さな視点でものごとを考えて、良し悪しを判断します。
しかし、悠久の生命の進化を司ってきた創造主の視点から見れば、すべては進化の成長のために必要なことです。
まぁなかなか私たちにはそんな大きな視点に立てないから、涙にくれるわけですが(笑)

その私たちの小さな視点で考えて生じた不満や、怒り、マイナス感情、それらによって生じた病気や不幸、それを浄化で癒すとともに、より大きな視点を分かち合うこと、それが浄化の真髄です。

それが枠を外すということです。(自然の力のように「誰とでもセックスできるようにする」ことが枠を外すことでは決してありません。)

それが私が今までの経験で学んできたことです。

どんな問題も「成長の糧」でしかないし、必ず解決できる。
そして、どんな人も神様がお見捨てになることは絶対にない。

私がみなさんに伝えたことは簡単に言うとこれだけです(笑)

> 守護霊様のこととかはごめんなさい、すっかり私は忘れてました。もう一度やり直してみたいと思います。よろしくお願いします。

私は見えない世界のことは守護霊団の方々がされていると思っています。

ですから、私たちに必要なことは守護霊団の方々の意向に沿うことなのです。

守護霊団の方々がなぜ私たちの浄化を手伝ってくださるかというと、愛からです。
別に彼らは、地球のような五感の制約によって、エゴとマイナス意識に満ち溢れて、病気や不幸やいさかいが絶えない世界にわざわざ関心をもつ必要はないわけです。
私たちの浄化を手伝ってくれたからと言って、彼らは私たちにお金を求めたり、セックスさせろと言ったり、私をなきものにするなとか、恩義を忘れるなとか、功名心を満たそうとも思っていません。
そもそも守護霊団の方々はよほどのことがない限り、その名前さえ明らかにされません。
その存在さえ、気づかせないことがほとんどです。
要するに彼らは何も求めていないのです。
彼らは純粋に愛から動いています。

地球の人間の状態を見るにみかねて、何とか今の状況から脱する手助けをしたいと思われています。

しかし私たち人間には神様によって自由意志が与えられており、彼らがその自由意志に干渉することは絶対にありません。

私たちは、自ら考え、行動し、経験することによって学び続ける存在だからです。

その基本となる自由意志に彼らは1ミリも干渉されないのです。

もし、親が子供に必要なすべてを先回りして満たしてしまったら、その子は自分では何もできないボンクラに育ちますよね。

それと同じなのです。

ですから、私たちは自分の自由意志によって「○○さんのこの症状をよくしてください」と明確に思う必要があります。

それで初めて守護霊団の方々は動くことができます。

それは干渉ではなく、地球の人間の意志だからです。

だから私たちは地球において「○○さんのこの症状をよくしてください」と明確に思うこと、それが「力の使い手」の仕事です。

私たちは自分の完全な自由意志で、考え、思い、行動し、間違い、傷つき、また立ち上がって歩き続け成長し続ける存在です。

それが生命の進化のプロセスであり、宇宙が無限に進化する仕組みです。

earth

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...
スポンサーリンク