【ヒラリー・クリントンは替え玉】目歯比率で科学的に立証

目歯比率はその人の表情、顔の向きに関わらず生涯同じであることが知られている。

ヒラリー・クリントンの映像を検証すると2016年のヒラリーの目歯比率が異なっているのだ。

これは2016年のヒラリー・クリントンが替え玉である科学的証拠である。

「目歯比率」は通常生涯変わらない。

18歳のヒラリー・クリントン、両目の中央間と、前歯の下端までの長さの比率、「目歯比率」は1対1.12である。

i201

この「目歯比率」は通常生涯変わらない。
i202

i203

i204

i205

正面でなくてもその比率は変わらない。

i206

異なる表情でもその比率は変わらない。

i207

この比率は人によって異なる。

娘のチェルシー・クリントンも母とは異なる。

i208

この比率は整形手術でもほとんど変えることができない。

i210

2016年の「ヒラリー・クリントン」その「目歯比率」が異なっている。これらは偽者である。

i211

i212

i213

i214

左が本物、右はすべて偽者である。

i215

i216

i217

i219

i220

i221

i222

偽者が大統領選挙をたたかってきた。

i223

全米の国民と、世界中の人々を意図的にあざむいてきたのだ。

本人ではないため、テレビ討論の時にはトランプにはないのに偽ヒラリーにはどうしゃべればいいかを示すモニターが仕込まれていた。(左上)

背中には受信機(右上)

耳の中にはその声を届ける受信機。

i224

これらの小道具で、偽ヒラリーが討論することを可能にしてきた。

もちろんこれらはテレビ局の全面的な支援がなければできないことだ。

偽ヒラリーは米国民を手玉に取った、全米史上最高の女優なのである。

i225

オリジナルの動画はこちら。

関連記事「ケネディを殺したのは運転手

関連記事「月面着陸のアポロ計画はねつ造だったとラムズフェルドやキッシンジャーが証言していることはご存知ですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...