【般若心経】現代語訳してみました!

日本で最も有名なお経「般若心経」。

何がそんなにいいのかっ!?

日本語はもちろんサンスクリット語の原典も調べて、私なりに解釈しておきました。

これが私の現時点での「般若心経」の理解です。

ある時、お釈迦さまは、ラージャグリハのグリダラクータ(霊鷲山)山で、多くの求道者や多くの悟りを開いた(霊的存在)菩薩と共に、説法はせず、静寂のサマーディ(三昧)をみんなで味わっていた。
(多くの存在が共にグリダラクータ山でお釈迦さまと静寂のサマーディ(三昧)に禅定している様子はまさに壮観であった。)

その般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)にとどまり続けている、観自在菩薩(アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ)と呼ばれる意識体は次のように観ていた。

例えば、人間は五感で生きているが、それを突き詰めれば空(シュンニャータ)と呼ばれる神なる意識なのである。

ビッグバン以前は宇宙は空と呼ばれる神なる意識しかなかった。すべてはそこから生じている。万物はすべてその空と呼ばれる神なる意識なのである。

シャーリプトラは、お釈迦さまを介して、観自在菩薩(アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ)と呼ばれる意識体にたずねた。

もし求道者が、その般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の行を実践したいなら、どうしたらいいのでしょうか。

こうたずねられた観自在菩薩(アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ)と呼ばれる意識体はシャーリプトラに言った。

量子物理学のダブルスリット実験は知っとるじゃろ?
観察者効果じゃ。どのように観察するかが結果を左右する。
それだけじゃ。
般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の行を実践したいなら、わたしのように自在に観ればいいんじゃよ!わははは!

シャーリプトラよ。もし道を求める者が般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の行を実践したいなら、次のことを観なさい。

例えば、人間は五感で生きているが、それを突き詰めれば空と呼ばれる神なる意識なのじゃ。

すべてがそうだ。

形あるものすべては、空と呼ばれる神なる意識から生じており、空と呼ばれる神なる意識がすべての形あるものなのである。

形あるものから離れた空と呼ばれる神なる意識はないし、空と呼ばれる神なる意識から離れた形あるものもない。

存在するすべては一体じゃ。

形あるものが空と呼ばれる神なる意識であり、空と呼ばれる神なる意識が形あるものそのものなのじゃ。

(形あるものだけではないぞ)感じること、考えること、行動、それらを識ることもまた、空と呼ばれる神なる意識から生じている。

このようにシャーリプトラよ。ものごとはすべて、その本質は空と呼ばれる神なる意識なのじゃ。

その空と呼ばれる神なる意識は、生じることはなく、滅することもない、垢れることもなく、不浄でもない、減るのでもなく、増えることもない。そのような宇宙の相対性を特徴とする物質世界の性質を超えている。

その故に、シャーリプトラよ。空と呼ばれる神なる意識においては、物質もなく、感じるものもなく、思考もなく、行動もなく、識別するということもない。

(空と呼ばれる神なる意識では(何かと比較できる)宇宙の相対性がないからのぉ)

眼も耳も鼻も舌も身体も意図もなく、形も声も香りも味も触れることができるものも、そもそも法則というものがない。

眼で見えるの世界もなく、意図するの世界(意界)までなく、法則までなく、識別できる何もない。

宇宙の法則が生じる以前の原因となったのが、空と呼ばれる神なる意識だからじゃ。

明らかに知ることも、明らかに知ら無いといういこともない。滅することもなく、老いることも死ぬこともなく、老いることや死ぬことがなくなるということもない。

そういうものはまったくないのじゃ!

苦も、何かを苦労して集めることも、消滅することも、行くべき道もなく、覚るべき知もなく、得ることもなく、得ないこともない。

そういうのものが何もないんじゃ!

ただ空なる意識だけが存在する。

これゆえ、シャーリプトラよ。得ることもないから、多くの菩薩(悟りを開いた意識体)のこの般若波羅蜜多と呼ばるサマーディ(三昧)によって、ただ心の覆いを取り去り、消し去る。

心の覆いがないから、恐怖はなく、(見えるものが本質であるという)逆さまの考え(顛倒)を超え、寂静の境地(涅槃)ニルヴァーナとなるのである。

三世(過去・現在・未来)におられるすべての仏(悟りを開いた意識体)は、この般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)によって、無上の真理を体現しているのである。

それゆえに、般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の大いなる真言、大いなる明知の真言、無上の真言、比べるもののない真言が、すべての苦をとり除く真言であるとわかるのである。

この真言には偽りはない。さあ、ここに般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の真言は説かれた。

偉大である!真に偉大である!この悟りにいたること、すべての存在がこの悟りにいたること、このすべての存在の素晴らしき悟りに栄光あれ!

このようにシャーリプトラよ。深い般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の行は、この悟りによって実践されるべきである。

そして、その時、お釈迦さまは、そのサマーディ(三昧)より起き、尊き観自在菩薩(アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ)と呼ばれる意識体の言葉をほめたたえた。

素晴らしい!、最高に素晴らしい!道を求める者よ。それはその通りだ!道を求める者よ。

このように、深い般若波羅蜜多と呼ばれるサマーディ(三昧)の行は実践されるべきである。

あなたによって述べられた素晴らしい教えに、(ここグリダラクータ山に集まってこれを聞いてた)すべての如来たちや阿羅漢たちや正覚者たちは大歓喜に沸き立っているよ。どうもありがとう!

般若心経
はんにゃしんぎょう

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみたじ  しょうけんごうおんかいくう どいっさいくやく

舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是
しゃりし しきふいく くうふいしき  しきそくぜくう くうそくぜしき  じゅうそうぎょうしきやくぶにょうぜ

舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減
しゃりし   ぜしょうほうくそう ふしょうふめつ ふくふじょう  ふぞうふげん

是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
ぜこくうちゅう むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜつしんい むしきしょうこうみそくほう

無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽
むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん ないしむろうし  やくむろうしじん

無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
むくしゅうめつどう むちやくむとく   いむしょとくこ    ぼだいさつた  えはんにゃはらみたこ

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃
しんむけげ   むけげこ   むうくふ  おんりいっさいてんどうむそう くぎょうねはん

三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提
さんぜしょぶつ えはんにゃはらみたこ    とくあのくたらさんみゃくさんぼだい

故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
こちはんにゃはらみた ぜいだいじゅんしゅう ぜだいみょうしゅう ぜむじょうしゅう ぜむとうどうしゅう

能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰
のうじょういっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみたしゅう そくせつしゅうわつ

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【般若心経】現代語訳してみました!』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2017/02/08(水) 16:34:12 ID:37b0df694 返信

    理解しようと頑張りましたが分かりません(*´•ω•`*)…すごい難しい

  2. 名前:榎本 投稿日:2017/02/08(水) 17:06:50 ID:23b55e0dd 返信

    そうですか~

    また機会があったら書いてみます(^^;

Loading Facebook Comments ...