人生を豊かにする方法

人生は極めて平等だ、ただ自分から出たものを受け取るだけだ。

モノを盗ったり、人を殺したりしてバレなければ今の法律では罰せられることはないが、ひとり必ず見ているひとがいて、必ずその償いをしなければならなくなる。

それはもしかしたら今生ではないかもしれない。
来世で殺されることによって償うことになるかもしれない。
それを因果という。
だから何か間違ったら、すぐに素直に「ごめんなさい」と謝って償っておくといい。

いずれにしても最終的にはプラスマイナスが合うようになっている。
だから人生は極めて平等だ。

この世に真の意味で完全犯罪など存在しない。

さて、一見完全犯罪に見えることを見ているのは誰か。
自分自身だ。
魂は誰の魂でも崇高であり、自分が行ったその行為を自分自身の魂が許さないのだ。
だから最終的には自分の魂が償うよう導く。
因果というのは別にマイナスだけではなくて、プラスの因果もある。

豊かで幸せな人生を送りたければ、実に簡単なことで自分から人によくしてあげるといい。それは必ず返ってくる。今生でなければ来世返ってくる、子孫に返って来る。だから気にせず、どんどん人によくしてあげるといい。
私の地元には大正時代から3代続いている行列のできるパン屋さんがある。
そこでパンを買う時はまず整理券をもらわなければならない。
そんなパン屋は他に見たことがない!それくらい繁盛している。

初回の自然の力の温泉旅行の時に、既に引退していたそこの大女将さんとご一緒した。

筋湯温泉の帰りに、途中の牧場に寄ってみんなでアイスクリームを食べた。

その大女将さんが乗った自動車は最後にその牧場に到着した。

既にアイスクリームを食べている私たちを見てその大女将さんは、
「雅子!なぜあなたがみなさんにアイスクリームをごちそうしない。」と同乗していた娘さんをしかりつけるのだ。

そんなことこといっても我々は数十人だ。
しかも大女将さんとは初めて会った。初対面だ。

それでも大女将さんは気が利かない娘が歯がゆくてしかたがない。

初めて会った私たちにアイスクリームをご馳走できなかったことが残念でしかたがない。

最後には「雅子!私はあなたをそんな風に生んだ覚えはない!」とまで言ってしかるのだった。

もし初対面の大女将さんがアイスクリームをご馳走しなければならないのなら、私ももちろんご馳走しなればならない。そこにいる数十人、誰がご馳走してもよかった。

でも大女将さんはみなさんに自分がご馳走したかったのだ。
すごいと思った。

これがこのパン屋さんの繁栄の源だ。

人によくすることが完全に身についてしまっている。
その大女将さんが昨日亡くなった。

大女将さんはアイスクリームよりもずっと大切なものを私にくれた。
大女将さん、どうもありがとう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minerin より:

    大女将さん天国に旅立たれたのですね。
    地元の体験会での親子での小さなやりとりを思い出しました。
    最初の頃にそんなすごいエピソードがあったことを今初めて知りました。
    記事にして私達にシェアして下さり本当に有難う御座います。
    おせったいの精神ってあふれる幸せの泉のようです。
    心から大女将さんのご冥福をお祈りいたします。

    • enomoto より:

      enomoto さん

      >おせったいの精神ってあふれる幸せの泉のようです。

       ほんとそうですね~
       ご自身もお子さんやお孫さたちに囲まれてとても幸せそうでした。
       ご自身がみんなを大切にしてこられたから、みんなもとても大切にしてくれたんですね。
       幸せな晩年というのはこういうのをいうのだなぁ~と思いました。

  2. 匿名 より:

    榎本先生、こんばんは~
    体験会で、何度か人気のパン屋さんのお話を聞いていたので、私も別府での体験会に参加させていただいた次の日是非行きたいと思い、一人でパン屋さんを探し行ったことがあります。道を尋ねた方が、親切に案内してくれお店の前まで行くと、「早く中の整理券を取って」と言い私が券を取るまで心配そうに見守ってくださいました。さすが、地元の方は、良く知ってる!!レトロな外観のお店がすごくかわいくて思わず写メを取りました。クリームパンがとてもおいしかったです。お店を支えてこられた大女将さんが亡くなられたのですね。大切なおせったいの心を教えて頂き感謝いたします。大女将さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    • enomoto より:

      >榎本先生、こんばんは~
      体験会で、何度か人気のパン屋さんのお話を聞いていたので、私も別府での体験会に参加させていただいた次の日是非行きたいと思い、一人でパン屋さんを探し行ったことがあります。

       私もよくおせったいネタで使わせていただきましたからね~

      >道を尋ねた方が、親切に案内してくれお店の前まで行くと、「早く中の整理券を取って」と言い私が券を取るまで心配そうに見守ってくださいました。さすが、地元の方は、良く知ってる!!レトロな外観のお店がすごくかわいくて思わず写メを取りました。クリームパンがとてもおいしかったです。お店を支えてこられた大女将さんが亡くなられたのですね。大切なおせったいの心を教えて頂き感謝いたします。大女将さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

       今夜お通夜に行ってきましたが、もうすっかり引退したご高齢の一ご夫人の葬儀なのに大勢の人がおみえでしたよ。
       大きなホールなのに用意された席は満席で、廊下にまで人があふれていました。

       一般の方でこんなに人が集まるお通夜は見たことがないです。

  3. 美奈子 より:

    榎本先生
    私の義理の伯母のことを書いてくださりありがとうございました。
    私の父は、私の祖父母のことを尊敬し、伯父のことを敬愛していました。
    その為、私が子供の頃は毎年、お盆とお正月に一家4人で帰省していました。
    パン屋の女将として、長男の嫁として(親戚が多いのです。)母として多忙な伯母ですが、
    お盆とお正月の忙しい時期なのに、「お帰り。」とにこにこしながら迎えてくれました。
    それは、祖父母、伯父が亡くなった後も続いています。
    昨年の震災のとき、突然、伯母の元に避難したときも、いつものように「お帰り。よく帰ってきたね。」とニコニコとして迎えてくれました。
    そして「このまま、ずっと別府にいなさい。」と言ってくれました。
    87歳の父に、いまだに帰る実家があるのも、折々に実家から心づくしの品物が送られてくるのも、伯母のおかげだと心から
    感謝しています。

    • enomoto より:

      美奈子さん

      この度は残念でしたね。
      いろいろお疲れ様でした。

      >昨年の震災のとき、突然、伯母の元に避難したときも、いつものように「お帰り。よく帰ってきたね。」とニコニコとして迎えてくれました。
      >そして「このまま、ずっと別府にいなさい。」と言ってくれました。

       そいってくれるところがあるだけでどれだけ心強いかわかりませんよね。

       最近はずいぶん、大分(近隣)に引っ越してくる人が増えてきました。

       美奈子さんもいかがですか?!(笑)

Loading Facebook Comments ...