映画【君の名は】見に行きました!

話題作だし、なんかひかれて、ほんと何年かぶりに映画を見てきました。

しかもアニメを!

「君の名は」

(これから見に行く人は(もうあんまりいないかな(笑)ネタばれ注意!)

よかった。

絵がきれいね。

日本人の心の原風景でしょう。

三葉(みつは)ちゃん、宮本家のご神体の岩に行くじゃないですか。

私も榎本家の発祥の地にご神体の岩を訪ねて行ったことがあるんです。

ああいうのはもうデジャビューですよ。

三葉ちゃんは神社の娘で巫女さんでもあるんですね。

この鈴をシャン!シャン!とやる舞は誰でも見たことがあります。

なつかしい~

そしてどぶろく!

三葉ちゃん舞を舞った後、蒸したお米を口に含んで噛み、吐き出してお酒を造ります。

大分にもどぶろく祭りがあります。

私も自分で作ったことあります。

わくわくするんですよね~(*^^*)

やっぱり心の原風ですよ。

口に含んで出してお酒を造るのは、アナスタシアの種まきに通じますね。

アナスアシア読まれましたか?

私たちの身体を癒す野菜を育てるためには、種を口に含んだ後に埋めるのでしたね。

そうするとできた野菜がコード化されるのです。

この三葉ちゃんの口噛み酒は、三葉ちゃんをコード化し、後半に重要な役割を果たします。

こういう設定はほんとうまいね。

実際にこうするとコード化されるということを知ってるのです。

この作者は!

やるぅ~

そして、瀧(たき)くんと体が入れ替わってストーリーが展開していきます。

過去と未来と現代のタイムラインが交差します。

実は私も時間というのは実体はこうなっていると思っています。

私たちがまだ通常意識ではアクセスできないだけです。

それに体が入れ替わっても「本人の自分という意識」はそのままな訳です。

これはもちろん魂の概念です。

この映画は私たちの魂がどのようなものかとうのも描いています。

素晴らしい!

そして見覚えのある風景。

この左の看板なんかこのあたりでは田舎に行くとまだありますよ(笑)

都会のカフェもね。

あなたもこんなところ行くでしょ!

そんなところでストーリーが展開していくわけです。

で、隕石が落ちて町が滅亡しちゃうわけです。

あるタイムラインでは。

こういうのもね。

私たちはみんな過去世で体験しているわけです。

それで何とかしなきゃ!と思うんですよ。

それでタイムラインを駆け抜けながら、何とかしちゃうんですよ。

よかった!

ほんとうによかった。

私たちは過去に何度も失敗しているんです。

滅亡さしちゃってるんですね。

それで今回はなんとかしたいと思っているんです。

三葉ちゃんがやってくれるんです。

もうそれで私たちは胸がすく思いをするわけです。

やった!

でもね。

お互いにタイムラインを超えちゃってるから、記憶が薄れるわけです。

地球次元というところはそういう約束になっていますからね。

もう相手の名前も思い出せなくなってしまうんです。

スマホの記録もどんどん消えていく。

もう見える世界に何の手かがりもなくなります。

記憶もなくなります。

でもそれが何だかわからないけど何かを探し続ける胸の衝動だけはあるんです。

魂の声なんですよ。

私に言わせれば、こういうソウルメイトが出会うにはもう少し条件を満たさないといけないんですけどね。

でもね。

「君の名は」

よかったです。

ソウルメイトが出会うとどういうことが起こるかもよく描けていました。

こんなストーリーよく思いつくし、よくここまでの完成度で仕上げるなぁと。

宮崎駿さんのあと、もうこういう人は出ないんじゃないかと思っていたけど、

日本のアニメ業界って懐が深いというか、層が厚いんですね~

こういう人がいるんだなぁとびっくりしました。

ということで、とてもよかったのでまだの人はぜひお出かけください。

ん!私が最後くらいかな(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 銀の音 より:

    えのさん、君の名は も素晴らしかったのですが、この世界の片隅に も、是非とも早いとこ体験なさってみてください。今年ナンバーワンどころではない生涯のベストだ、という声が少なからずありますが、きっと納得なさると思うんです。

  2. 榎本 より:

    銀さん 「世界の片隅に」ですか。

    ポスターは見たことありますね。

    今年ナンバーワンどころか、生涯ナンバーワンですか!

    そこまで言いますかっ!

  3. 銀の音 より:

    そういう人、結構多いみたいですよ。
    私は脳みそ痺れて暫く動けませんでした。

    もともと原作は好きだったのですが、映画は原作の良さを全く殺さない上に、映画ならではの新しい表現をさらに乗せてきており、圧倒されました。

    乗せられたことにして、是非足をお運びください。

  4. 榎本 より:

    え~ 脳みそしびれましたか!@@

    銀さんがそこまで言うなら見にゃならんでしょうなぁ~

    乗せられたことにしましょうかね。

    それにしても、こんな原作まで読んでるとか銀さん守備範囲広いですよね~

    私は本来「君の名は」とかも完全に守備範囲外でした。

    でも子供に聞いたら何年も前に「君の名は」の監督の作品の言葉を卒業文集に引用したというんですよ。

    彼らはずいぶん前から知ってるんですね~

    なかなかいい感性しとるわ!

    私は昨日知りました(笑)

  5. 銀の音 より:

    そうです。人生全方位何事も勉強です。
    勉強しんかい。てことですたい。

    こうのさんの原作がまた、素晴らしいんですよ。

  6. 榎本 より:

    >勉強しんかい。てことですたい。

     ぶっ 

     しゃれですかっ!><

     海よりふかぁ~く反省!

    >こうのさんの原作がまた、素晴らしいんですよ。

     そげんとですか!
     
     私はもう人生引き算に入っていましてね。

     どんどん本質的でないものをどんどん落としているところなんです。
     
     あんまりガラクタに付き合っている時間はありませんからね。

     まぁでも銀さんがそこまで言うなら、ちょっと期待。

  7. nen より:

    シン・ゴジラ
    君の名は
    世界の片隅に
    エイミーワインハウスのAMY
    全部が最高です!
    あとはチェットベイカーのブルーに生まれついて
    マイルスデイヴィスのマイルス
    と控えております。

  8. 榎本 より:

    nenさん

    ゴジラですかっ!
    あれ大人が見るものですか?
    私も子供のころ「ゴジラ対メカゴジラ」というのを映画館に見に行きましたけどね。
    子供ながらに完全に子供向けの映画でしたよ(笑)

    君の名はよかった。
    大人の私が見てもとても素敵な映画でした。

    銀の音さんお勧めの世界の片隅にも期待しています。

    エイミーワインハウスのAMY
    チェットベイカーのブルー
    えらい勧めますね~
    どうなのよ、見た人 よかったぁ?

    マイルスデイヴィスのマイルス
    ああマイルスデイヴィスですか。

    これはマイルスデイヴィスは実は、私はジャズで一番好きかも。
    車の中にいつも一枚入れているんですよ。
    かっこいいね。

    nenさん何者!

    結構ツボをついてくるなぁ。

    これは行かざるを得んかも・・・

  9. 榎本 より:

    nenさん

    エイミーワインハウスのAMY
    今見たら全国でたった3劇場しか予定がないんですけど・・・
    http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/amy/theater.shtml

    こんなもんですか?

  10. nen より:

    私はAMYをミニシアターで観ました。ドキュメンタリーですが、最後は涙目になりました。
    シン・ゴジラ
    まじですごいです!ぶっ飛びますよ。
    軍事おたくにもたまらないものがありますが、3・11以降の日本の縮図です。
    今年度No1でもおかしくないです。

  11. nen より:

    音楽で言いますと
    シン・ゴジラ→キングクリムゾン
    君の名は→ピンクフロイド
    この世界の片隅に→フェアポート・コンヴェンション

    といった感じですね。
    AMYは転がりだすと誰にも止められないというのが、本当に凄いです。

  12. 榎本 より:

    nenさん

    >シン・ゴジラまじですごいです!ぶっ飛びますよ。軍事おたくにもたまらないものがありますが、3・11以降の日本の縮図です。
    今年度No1でもおかしくないです。

    そうなんですか! ゴジラが!
    そこまで言いますか・・・

  13. nen より:

    大スクリーンで観ないと、人生損しますW

Loading Facebook Comments ...