【Let it go】が描く「本当の自分になるプロセス」素敵な人間関係が結べない理由

遠隔浄化をご依頼中の若い看護婦さんからメールをいただきました。

・・・

先生、私は看護師の世界はアウェイに感じ、
(自分ではじめた癒し)のお仕事は、ホームに感じます✨笑

今年はもっと自分大切を基準にします^ ^(2017年1月2日 23:03)

この若い看護婦さんが経験しておられることが「Let it go」で描かれている、自分自身になるためのプロセスです。

この看護婦さんはいつも職場ではぎくしゃくしてしまうんですよ(笑)

自分の居場所はここではないと感じてしまいます。

心の底からはなじめず、孤独を感じることもありますね。

これが以下の歌詞の部分です。

「今夜山では足跡も残らないように白い雪が降り続いているわ。
The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen.

私は孤独な王国の女王みたいね。
A kingdom of isolation,and it looks like I’m the Queen

風が私の中で嵐のようなうなりをあげている、天はこんなことをこれ以上続けることはできないと知っている。
The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn’t keep it in;Heaven knows I tried」

そして、自分の本音は自分の奥底に隠して周囲に合わせ、いい看護師を演じてきたわけです。

それが以下の部分です。

「誰にも踏み込まれてはダメ、
Don’t let them in,

誰にも見せてはダメ、
don’t let them see

いつもいい子を演じて隠さなければならない
Be the good girl you always have to be Conceal,

感じてもダメ、知られてもダメ
don’t feel,don’t let them know

でも、彼らは(本当の私を)知ってしまった。
Well now they know」

そして、もうこれ以上いい子を演じることに疲れてしまい、本当の自分に素直になることを決心します。

「もういいの、ありのままでいいの
Let it go, let it go

もう私は後戻りしない
Can’t hold it back anymore

もういいの、ありのままでいいの
Let it go, let it go

背を向けて思いっきりドアを閉めるわ
Turn away and slam the door

もう私は気にしない
I don’t care

彼らがなんて言おうとも
what they’re going to say

嵐よ吹き荒れるがいい。
Let the storm rage on.

その冷たさはもう私を落ち込ませないわ。
The cold never bothered me anyway」

今までは看護師の仕事を辞めるなんてどうかしてる。
社会的にも安定した身分で世間体もいいし、収入も安定している。
自分もそうだなと思ってきた。
正直、看護師をやめる不安もあった。

でも、小さな自分の現実の創造を繰り返し、自信をつけてきた。

(この小さな成功体験を積みかさねていることが、大きな不安を飛び越える力になるわけです。)

「少し離れて見ると、すべてが小さく見えて笑っちゃうわ。
It’s funny how some distance
Makes everything seem small

(前途に今までいつもそこで引き返してきた巨大な不安が大きな口を開いています。彼女の場合は退職でしょうか。)

私を捉えていた不安も
And the fears that once controlled me

もう私を苦しめることはできないの。
Can’t get to me at all

今は自分が何ができるかを見つめる時
It’s time to see what I can do

私の限界を超えて行くのに挑む時
To test the limits and break through

何が正しいとか、何が間違いとか、もうそんなルールには縛られない
No right, no wrong, no rules for me,

私は自由よ!
I’m free!」

(今まで越えられなかった不安に自分で橋をかけ、「私は自由よ!」を叫んで、力強い一歩を踏み出します。)

そして不安という名の巨大なクレバスの上を、自ら橋を創造したながら駆け抜けていきます。

そして、向こう岸、本当の自分にたどり着き、私はここに立ち、自分であり続けると宣言します。

ここまで以下のフレーズです。

「ありのままでいいの、ありのままでいいの
Let it go, let it go

私は風、私は空!
I am one with the wind and sky

ありのままでいいの、ありのままでいいの
Let it go, let it go

私はもう二度と泣かない
You’ll never see me cry

ここに立ち、
Here I stand

自分であり続ける
And here I’ll stay

嵐よ吹き荒れるがいい
Let the storm rage on」

本当の自分にたどり着いた彼女はそこで力強く自分自身の城を創造しはじめます。

その新たな創造に自信を得た彼女は、もう二度と以前の自分には戻らないと、過去を投げ捨てます。

そしてついに、自分自身を新たに生まれ変わらせます。

そして、私は、ここ、人生の夜明けの光の中に立ってると宣言します。

この最後の場面が以下のフレーズです。

My power flurries through the air into the ground
私のパワーは空を通り抜け大地に響く

My soul is spiraling in frozen fractals all around
私の魂の力が渦巻き、周囲に形をつくりはじめる。

And one thought crystallizes like an icy blast
思考はすごい勢いで結晶化していく

私はもう二度と戻らない、過去は過ぎ去ったの。
I’m never going back, the past is in the past

ありのままでいいの、ありのままでいいの
Let it go, let it go

私は新しい夜明けを迎えてる
And I’ll rise like the break of dawn

ありのままでいいの、ありのままでいいの
Let it go, let it go

完璧ないい子ちゃんなんて、もういない
That perfect girl is gone

ここ、夜明けの光の中に私は立ってる
Here I stand In the light of day

嵐よ吹き荒れるがいい。
Let the storm rage on

The cold never bothered me anyway!
どんな冷たい仕打ちも、ぜんぜんへっちゃら!

こんな風にして、人は過去の自分を越え、新しい自分を創造します。

この若い看護婦さんは、自分の小さなお店をもち、関東からも飛行機でお客さんが来てくれるなど、小さな創造を繰り返し、自信を積み重ねているところです。

人生は自分の思考、言葉、行動で100%作られます。

もし「自分が無理だ」と思えば、それは無理です。

もし「自分が大丈夫」と自信を持てたら、それは大丈夫なのです。

人生の創造の仕組みは実にシンプルです。

・・・

先生、私は看護師の世界はアウェイに感じ、
(自分ではじめた癒し)のお仕事は、ホームに感じます✨笑

今年はもっと自分大切を基準にします^ ^(2017年1月2日 23:03)

これが自分のハートに素直になるということです。

それは損得勘定ではないんですよ。

損得勘定なら、このまま看護師を続けていた方がいいでしょう。

人から評価を気にしているわけでもありません。

体面や人の評価を気にするなら、社会的評価も定まっている看護師であり続けた方がいいでしょう。

彼女の本当にやりたいことは、すぐには金銭的にも体面としても今は何のメリットももたらさないかもしれません。

しかし、彼女は「看護師の世界はアウェイに感じ」ているのです。

そこでは彼女はストレンジャーなんですね。

そして、自分のハートに聞いてはじめた小さなお店を「ホームに感じます✨笑」

こういう声は本人しかわからないのです。

しかし、誰もがこういう内なる自分の声を持っています。

それをどこまで自分の人生で実現できるか。

みんなそれぞれに自分の人生でチャレンジし続けています。

このプロセスを歌っているから「Let it go」が多くの人の心を捉えたのだと思っています。

私はこの歌が大好きです!

ちなみに、自分自身の城を作ったからと言って、孤独になるわけではありません。

本当の素晴らしい人間関係は実はここからはじまります。

本当の自分になった人にしか、本当に素晴らしい人間関係は結べないのです。

なぜなら、相手には本当のあなたがわからないからです。

どうして本当のあなたがわかってもらえなかったのか。

自分自身で本当の自分がわかっていなかったからです。

外の価値、誰かが作った価値観に自分を合わせている限り、それは自分自身ではありません。

だから本当のあなたに誰も出会うことはできません。

それが多くの人が素晴らしい人間関係を結べない理由です。

どんなに素敵に見えても自分自身ではないからです。

ミス・ブランニュー・デイです。

Oh, Oh,Miss Brand-New Day
みな同じそぶり
Oh,Miss Brand-New way
誰かと似た身なり

意味のないはやりの言葉と見栄のIllusion
教えられたままのしぐさに酔っている
Oh, Oh,Miss Brand-New Day
月並みを愛し
Oh,Miss Brand-New way
お出かけの前に
・・・・

誰のため本当の君を捨てるのCrazy
しなやかと軽さをはきちがてる
・・・・
街でよく見るタイプの君よぉ~♪

完璧ないい子ちゃんなんて、もういない
That perfect girl is gone~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...