自分のために生きる

 自然界を見てください。

 例えば木々も自分のために生きています。

 芽を出したばかりの苗木が、「私は譲って生きます」などと言っていては生き残ることはできません。根も枝も伸ばすことはできず、間もなく枯れるでしょう。
 枯れないまでも矮小なまま、しがみつくように生きるだけです。

 しかし苗木は自分のために生きます。大地にどんどん根を伸ばし、空に枝を伸ばし、時には他の植物をさえぎってしまうこともあるかもしれません。

 それでも苗木は自分のために根を伸ばし、枝を広げるのです。

 それは一見、我がままです。

 しかし、それが自然のあり方なのです。

 そしてその苗木が、大地にしっかり根を伸ばし、大きく枝を広げた時、たくさんの虫に葉を与えて命を支え、小鳥が巣をかけ、大地に落とした葉っぱは、ミミズなどの多くの虫を養い大地を肥沃にします。

 小さな種に過ぎなかった苗木は、自分のために生きた結果、今や巨木となって、実に多くの命をはぐくむ存在になったのです。

 自分のために生きることは、多くの命のために生きることと同じなのです。

 (2012年8月27日時点での最新伝授「自分のために生きる」の解説の顧問のメールより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『自分のために生きる』へのコメント

  1. 名前:もんきー  投稿日:2012/08/29(水) 13:04:37 ID:035645967 返信

    大変ご無沙汰しております。
    こんにちは!モンキーです。

    わかりよく、シンプルな、素晴らしい内容。。ありがとうございます。

    • 榎本 名前:榎本 投稿日:2012/08/29(水) 13:09:41 ID:cd8a41a92 返信

      もんきーさん

      >大変ご無沙汰しております。
      こんにちは!モンキーです。

       おお!
       あのモンキーさんですか!
       超お久しぶりです。
       生きてましたか(笑)

      >わかりよく、シンプルな、素晴らしい内容。。ありがとうございます。

       いいえ~
       また遊びに来てください!

  2. 名前:モンキー 投稿日:2012/08/29(水) 14:11:09 ID:b0c2ee971 返信

    はい!あのモンキーですっ(●^o^●)
    生きてましたよ~!!
    榎本さんもご活躍のご様子!!なによりですっ!!

    また参りますね~(*^_^*)

Loading Facebook Comments ...