人間として生まれてきた意味

 質問をいただきました。

> お尋ねしたいことがあります。
>
> ☆ 先生は、今生に人間にとして生まれてきた意味をどのようにとらえていらっしゃ
> いますか?

 生きることそのものが、生まれてきたことの意味です。
 味わい、泣き、笑い、喜び、いきいきと生きる経験そのものに意味があります。

 石に生まれるよりも、人間に生まれる方がいいと思いませんか?(笑)

> ☆ 命をつなぐことにはどのような意味、使命があるのですか?

 この宇宙において、生命ほど貴重なものはありません。

 その宇宙で最も貴重なもの、「生命」を受けついていく営みは、この宇宙でもっとも大切なものです。

> ☆ 子供に恵まれない人にはどのような役割があるのでしょう。

 人間は、見える(肉体)だけの存在ではありません。

 魂こそがより人間の本質的な部分であると考えます。

 魂こそが、生きることによって得た経験を転生後も受け継いでいく器です。

 もし、目に見える肉体にしか価値がないとするならば、生命を生まない、育まない人や生き物は生きる価値がないということになります。

 事実生殖を終えたら生命を終える生き物はたくさんいます。

 もし、それが地球にとっていいことであるならば、すべての生命はそのようになっているはずです。

 しかし人間は、もはや子供を生まなくなって、なお数十年の寿命を持っています。

 そのように生殖しない、もはや生命を育まない存在が、なおも数十年に渡って生き続けることを神が容認しているなら、

 その生命を生まない期間に価値があるからに他なりません。

 生命というものは、神様の完璧な創造物です。

 およそ自然界において、生命において、無駄なものは一切存在しません。

 その人間の生命がそのようになっていること自体が、生命を生まない期間もまた貴重であることを示しています。

 私たちは生きることによって多様な経験を積み、それを魂に刻んで次の転生に運んでいきます。

 今生、子供に恵まれない人の人生も、子育てを終えた人の人生も、同様にかけがえのない貴重なものです。

 なぜなら、神様がそのように人間を創造されたからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『人間として生まれてきた意味』へのコメント

  1. 名前:チャラ男 投稿日:2016/10/23(日) 09:53:18 ID:1b9151492 返信

    我々人間になぜ生殖と言う事象が存在するのでしょう?それは殖える為の行為だからです。地球上に人間と言う生命が満ちたと言う時点で人間全ての生殖行動は停止します。つまり殖える為の目的が完遂したからです。
    生めないと言う現象は、人間はすべからく不完全だからと言うのが答えかと思います。人間はなぜ生まれて来たのか?と言う問いには、創造者の目的を具現化した結果だと捉えるのが自然な考えかと思います。
    魂と言いますと抽象的な見方がありますが、ギリシャ語のプシュケーは命や個体そのものを表現する意味を鑑みるならば、魂は生きている生き物そのものを表していると解釈すべきなのかと?

    • 榎本 名前:榎本 投稿日:2016/10/23(日) 11:54:14 ID:1de7f33ba 返信

      チャラ男さん

      こんにちは。

      >我々人間になぜ生殖と言う事象が存在するのでしょう?

      進化のためです。
      単性の細胞分裂では遺伝子が同じですから、進化が促されにくいのです。

      >地球上に人間と言う生命が満ちたと言う時点で人間全ての生殖行動は停止します。

       そうだとしても生殖行動を停止して、数が減ってきたらまた生殖行動に励みますから何も問題ないです。
       
       また数が増えても、喜びのためにセックスする人がたくさんいますから、そう簡単には停止しませんよ!
       
       ご存知とは思いますが、今は生殖のためよりも、喜びのためにセックスする人の方が圧倒的に多いのです。

       もう数が満ちたから「生殖活動は禁止します」などと政府が発表したら暴動が起きますよ!誰も言うことを聞きません。というよりしたくてしたくて発狂する人も出てくるんじゃないですか(笑)

       セックスを停止しようと思っても、停止できるものではありません。
       
       ネット上でもいわゆるエロゲーとか、広告や雑誌でもセクシーなグラビアに満ちていますね。

       みんなセックスにすごい関心があるのです。
       
       セックスが大好きなんですよ!

       ですから、今のところ「生殖行動の停止」はご心配には及びません。

Loading Facebook Comments ...