小児科医から朗報、今すぐ【ぬちまーす うるま】を注文してください!

2日前の久しぶりのセミナーに大分の小児科医の先生が来てくださり、セミナー後一緒に食事をしている時に「私の方法で小児麻痺がどんどん改善している」と聞きました。

その話に私はひざを乗り出したわけです「えっ 小児麻痺が!」

私の遠隔浄化では小児麻痺の改善にてこずっていたからです。

私はすべての対症療法ではない「真の結果を出す人」をこよなく尊敬します。

昨夜もその小児科医の先生はファミレスであってくださり、たくさんの本や資料をくださいました。

一番鍵になる情報はルネ・カントンというフランス人原著の「最強の免疫」要点部分の青いコピーをくださった部分です。
最強の免疫―ルネ・カントンの海水療法 完全なミネラルバランスだけが治癒力を促進する

このアマゾンのリンクにもあるように絶版になっており、現在古本で1万円以上で取引されています。

この小児科医の先生はこれに着目され入手されました。この本は高いので!要点部分のコピーをいただきましたが、あとの鍵になる本は新品をくださいました。

タイトルを読んでいただいたらわかるように「最強の免疫」です。

免疫ってあなたに必要ですよね!

私にも必要です。みんなに必要です。

だからこの情報は世界中のすべての人にとって重要だというのです。

この先生の知り合いでベトナムで活躍している女性はこれならベトナムでもできると喜んでいるそうです。

「完全なミネラルバランスだけが治癒力を促進する」と書いてあるように、治癒力を促進させるものが不足しているんですよ!

だからそういう人は、いくら遠隔浄化しても「空振り」してしまうのです。

原料がないから!

これが私が小児麻痺の改善にてこずった原因でした。

この小児科医の先生はこの方法で25年も実際に小児麻痺の方に「この塩」を処方して結果を出し続けているわけです。

「この塩」というのは、「しっとりタイプ」ぬちまーす うるま 250gです。

上記リンクのようにアマゾンで250g 1,080円で沖縄の製造元が販売しています。
2袋買えば送料が無料になるようです。

どうせ、塩は誰でも絶対にとらないといけないんだから、今すぐ注文してください!

私は資料と一緒に2袋いただきました。

まだ飲んでいません。

今から飲みます。

今朝、メールをいただきました。(2017年2月21日 7:51)以下はそのメールへの私の返信です。

>先生のセミナーには素晴らしい方達が集まったようですね!
> まさに必然と言うか…。

そうなんですよ!

本当に素晴らしい方が来てくださいました!

> 小児科医の方の情報、お待ちしてます。

これはすごい情報です。
私は必ず自分でこれをやります。家族に勧めます。
親にも勧めます。友達に勧めます。
あなたに勧めます。
あなたの子供さんに勧めます。奥さんに勧めます。
あなたの親に勧めます。

「力の使い手」全員に勧めます。
ブログを読んでいる人全員に勧めます。
世界中のすべての人に勧めます。
私の遠隔浄化の依頼者さんすべてに勧めます。
というかこれをやらずに遠隔浄化の結果が出ずに文句を言うな!と言いたいです。あなたの中に治癒力(免疫)をあげるための「原料」がないんだから!

「原料」がないんですよ!

この小児科医の先生に言わせれば、小児麻痺というのはただ単にこの「原料」の不足なのです。
ですからこの原料さえ入れてあげれば短期間で改善するというのです。
この先生のところでは患者さんが元気がなくなって、これを飲ませてあげると、すぐに「あ~、元気になりました!」という人が多いんだそうですよ。効果は結構短期間です。もちろん長期的にも効きます。

妊婦さんにこれを飲ませると未熟児が生まれないというんです。

だから、妊婦さん、これから子供を作るひとはぜひこれをやってください。

この先生は自分でもいつも水筒にこの塩を溶かしたお湯を入れて持ち歩います。

昨日もそのボトルを見せてもらいました。

だから私の遠隔浄化を受けていて、特に末期がんとか症状が重い人、あなたもすぐにこれを注文してください。理由とか、どうやって飲むかはまた書きます。
とりあえず、注文して家に配達してもらい始めてください。

どうせ塩なんだから、いいじゃないか!

だからこれを今すぐ注文しなさい。

でも「しっとりタイプ」ぬちまーす うるま 250gじゃなきゃダメですよ。

なぜ、そうなのかはこの小児科医の先生に昨日ファミレスで講義してもらい、資料をもらいました。

普通の塩田の塩じゃダメだし、岩塩でもダメなんですよ。

この塩の製法は世界各国で特許をとっており、この塩じゃないとダメです。

私は概要は頭に入りましたが、資料は昨夜もらったばかりで、まだぜんぜん読んでいません。今からです。

でも私はいてもたってもいられないんですよ。

特に末期癌など命がやばい遠隔浄化の依頼者さん、頼むから今すぐこれを注文しなさい。

理由と飲み方はあとで必ず説明するから!

塩分取りすぎの副作用もでません。その理由も説明します。

この先生が下さった資料の中には、安保徹先生の著書の資料もありました。

ミトコンドリアとか細胞のこととかです。

分子式を示して、これがこうなるから、ここの部分にこれが必要なんだと教えてくださるわけです。

そしてこの本とこの資料にこれが書いてあるからと、しかしこれを全部私が読んでからにすると遅くなっちゃうじゃないか!

余命1・2週間とか、余命ひと月とかになって遠隔浄化を依頼してくる人がいるんだからっ!

あなたのことですよ!あなたのっ!

だからお願いだから今すぐこれを注文しなさい。

あなたの家にこの塩が届く間に、できるだけ私はこの資料を読んで次の記事を書くから。

だからとりあえず今は、「しっとりタイプ」ぬちまーす うるま 250gを注文してください!

いいですねっ!

(ちなみに「ぬちまーす」とは沖縄の方言で「命の塩」、「うるま」とは「珊瑚で出来た島」ミネラルの源ですね。)

以上で私の資料受け取りのご挨拶に代えさせていただきます。

礼っ!

ご質問をいただきました。

こんにちは。
榎本先生の興奮ぶりが伝わって来る情報ですね!
早速注文しようと思いアマゾン開いたら、「うるま」じゃない方もあって、お塩の会社に問い合わせしたら、
ミネラル成分は同じで、乾燥の仕方が違って、「うるま」は海水が少し残って湿り気が有るといわれました。
料理によって使い分けやすいのであって、成分は同じであれば、サラサラでも?と思いましたが、
やっぱり「うるま」じゃないと{原料}にならなくてダメなんでしょうか?(2017年2月21日 10:43)

「ぬちまーす」と「ぬちまーす うるま」は成分が違いました。
私もなぜ「うるま」なのかというのは、この小児科医の先生に聞きました。
そうすると「うるま」の方が飲みやすいそうです。

実際、先ほど私も初めて作って飲んでみました。
なんか「出汁」が効いているみたいで「おいしい」です。
スポーツドリンク系のような感じがします。

色んな料理のベースの「出汁」がわりに使ってもいい感じです。

小児科医の先生が長年色々やって、この「うるま」が飲みやすいと言われるのだから、とりあえずこれでやってみてはいかがでしょうか。

他の方からメールをいただきました。

サイト見ました❗
『しっとりタイプ』とあったので
検索かけると出てきません

もはや
生産会社さんに
電話してききました😊

ぬちまーす うるま

『うるま』がついている物がしっとりタイプだそうです🎵

注文しました😊
あー良かった❗

小児麻痺がよくなる❗

皆にも自分にもいいですね❗(2017年2月21日 11:02)

ということで、『うるま』がついている物がしっとりタイプということです。

お二人ともわざわざ製造元に電話して確認してくださって、ありがとうございました!

私は筋トレや自転車の時など、スポーツ飲料の代わりとしても、とてもいいと感じています。

巡礼とか、自転車ツーリングとか、そういう時は必ずこの塩を持っていって補給すると思いますね。

体力のもちが違う感じがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...