脳出血半身麻痺から病院も驚く奇跡の回復

今日は(2014年7月24日(水))は天光地の浄化会だったのだが、夜帰宅中に以下のメールを受け取った。

この方はご主人が脳出血で半身麻痺となり、ある日遠隔浄化を依頼してこられた。
いわゆる間接依頼であり、私はご主人とは一度も直接連絡を取ったことがない。
それどころか、奥様ともメールだけのやり取りであり、顔も見たことなければ声も聞いたこともない。
しかし、奥様は非常に献身的でいつも的確にご主人の様子を私に教えてくれる。
もう一緒に回復に取り組んでしばらく経つが、奥様と私はご主人の回復に共に立ち向かう同志なのである。

その奥様から今晩以下のメールが来た。

「先月、リハビリ病院受診した際に主治医から「院内での症例検討会で話し合ってもよいか」聞かれました。断る理由もないので承諾しました。院内だけでなく、近隣の病院にも声をかけるとも聞きました。

  その検討会が先日行われたそうです。
  訪問リハの理学療法士から報告を受けました。
  私も、本人も小規模なものだと思っていました。が、そうでもなさそうでした。 

  主治医が、脳出血OPEを行った急性期病院に週1回非常勤で勤務している関係で、そちらで担当していた理学療法士や作業療法士。担当ではなかったけど、何回かリハを行った理学療法士。訪問リハの理学療法士。リハビリ病院での担当理学療法士・作業療法士・言語聴覚士や担当ナース。
  主人に係わっていた人達が大勢いたそうです。

  それぞれの場面でのリハの様子をビデオに撮っていたので、それを見ながらの検討会だったとのこと。
  退院後の訪問リハや通所リハの様子には、病院スタッフは全員が驚いていたそうです。

  装具無しでの練習など想像つかなかったと。皆が、車椅子以外での移動は難しいと思っていたそうです。
   
  逆に訪問の理学療法士は、病院での様子は見ていないので、最初は本当にすごい状態だったのだと驚いたと。

   皆が、よくここまで復活したとびっくりしていたそうです。
  
   私は、先生に浄化をお願いした時から回復を信じていたので特別驚きはしませんが、皆の反応を聞いて改めて主人の状態は重症だったと実感しました。と、同時に先生にお願いしてよかったと思いました。

   でも、まだまだ回復すると思っています。

・・・・・」

もちろん、私もまだまだ回復すると思っている。
むしろこの程度の回復で病院関係者がびっくりしていると聞いてびっくりしてしまった!

そうか医療の現場ではこの程度で奇跡の回復なのか。

この病院での検討会での主人公はもちろん一生懸命リハビリに取り組んで来たご主人でありそれを支えてきた奥様だ。

しかし、私もとても誇らしいのである。

私は表に出ることはないが、
こういうエピソードのひとつひとつが私の勲章なのである。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...
スポンサーリンク