自己紹介

はじめまして!(な人に自己紹介ページを書きました)

このブログの筆者、榎本です。

 生い立ち

生まれも育ちも広島です、現在は九州、大分に在住しています。(温泉があって食べ物のうまいいい所です!)

映画「この世界の片隅に」はちょうど私の祖父母の世代をジャストに描写しています。

私の育った環境はこんな感じです。

上のリンクにも書いてありますが、私は子供の頃から海とか山とかで遊ぶのが好きで、野球とかサッカーとか「特定のルール」の中でする遊びにあまり興味が持てませんでした。

大人になってから日本100名山を70ほど登ったり、スペインを巡礼したり、バリ島を自転車でツーリングしたり、私が興味をもつのはルールのない自分で決め自分で探求することばかりです。(笑)

10代後半から「生きる意味って何だ」「何かが間違っている」みたいな感覚を感じて、探求しはじめます。

大学時代に塾の講師の面白さにハマリ、その後一貫して教育関係の仕事をすることに。

9年前に遠隔浄化にはまり、2015年9月末に「もうお前は浄化はできない」と「裏切り者認定」されて追放(笑)

ところがその日の昼には、バリバリ浄化できることに気づきます。

榎本さんについていくという人がいて「私もずっと浄化できていますよ」と教えてくれる。

そのことをブログに書くと、私にもその力を使わせてくれませんか?という人が現れて、力をあげると、その人も簡単に浄化できてしまった。

とりあえず「力の使い手」さんと呼んでいたのが定着しました。

 私のライフワーク

1年後の2016年11月には1年間独自に探求してきた方法論で遠隔浄化体系を刷新。

現在の私の関心事は、大好きな「遠隔浄化」をどんどん多くの人に知ってもらうことです。

離れたところにいる人とメールなどをやり取りしながら、浄化してくのですが、病院などで長年よくならなかった方が短期間でよくなるのが愉快痛快!こんな面白いことはないのです。

これは私の最高のライフワークであり趣味です。

私の情熱はここにあります。

やってて楽しくて楽しくてしかたがないのですね。

その喜びを「力の使い手」さんにも味わってもらうことが私の情熱です。

遠隔浄化は健康で幸せなその方が望む「新しい現実の創造」をお手伝いすることです。

ですから、人間関係や会社の経営までアドバイスをすることもよくあります。

そして私自身も自分が望む「新しい現実の創造」を日々追求しています。

その自分で実験して結果の出た有効な方法論を遠隔浄化の依頼者さんや「力の使い手」さんにお伝えしていくわけです。

遠隔浄化というのは、場所、時間に制限されません。

いつでも、どこでもできます。

ですから今年(2016年)は、スペイン巡礼3週間、バリ島自転車ツーリング3週間という学生時代を超える人生の最長の海外旅行に行きましたが、何も問題ありませんでした。素晴らしい~♪

遠隔浄化でその人の現実をその人の望むとおりに変えることを通じて、自分の現実も自分の望む通りに変えていくこと。

それを自分の人生に経験としてもらたらすことが「力の使い手」の道です。

これが私の現在の関心と情熱の中心です。

 好きな食べ物

食べものに関しては自然なものが好きです。

この秋も柿をいっぱい食べました。

今はさつまいもが毎日あります。

3本も入って120円ですよ!

紅あずまはとっても甘くて、うちのメインスイーツです(笑)

柿も農薬をかけなくてもじゃんじゃんなる素晴らしい日本のフルーツです。

最近大分では、関東や関西で暮していた人たちがやってきてオーガニックな食べ物を栽培したり、「みなみのかおり」という九州の小麦でパンを焼いたり、レストランを開いたりする人がとても増えています。

オーガニックマーケットに行くのは、地元でも、サンフランシスコでも、バリ島でも大好きです。

基本的に好き嫌いなし!

 旅も好き

旅先で人にあうのも大好きです。今年はバルセロナとか、神戸京都とかでもおあいしました。

自転車で旅をするのも大好きです。

普段は次はどこ行こうかなぁと地図見たりしてニコニコしていますね。

どこかでお会いできたらいいですね~。

旅先のカフェで人にあうのもとっても楽しいですよ!

私は大好きなんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする