脳卒中による左半身不随 動きの浄化

昨日(2013年8月22日)は別府市で体験会をさせていただいた。(別府では毎月第2第4水曜日にある天光地浄化会の間の週、第3木曜に毎月実施しています。)

脳卒中で左半身不随になった女性がご夫婦で初めて来てくださった。

一通り浄化して、動きにくい左半身の部分の痛みや違和感はとったのだが、「足の小指が痛い」と言う。

よく話を聞いてみると左半身が不随になって、小指を家具やテーブルの脚などにいつもぶつけてしまい、痛いのだという。

熱いものに触れば熱いし、ぶつければ痛いのは当たり前で、それは正常なことだ。

実際に歩いてもらうと左足だけが外に開いてあひるのように歩くため、回転半径が大きくなっていることがわかった。

そこで動きをよくする浄化をすると、横に開いていた左足は正常に前を向き、テーブルの角も90度にすっと曲がれるようになった。

ご主人もこれは目で見てはっきり、驚きの表情でうれしそうに頷いておられた。

先日姿勢をよくする浄化をやってみたが、こういう「小指」の痛みの再発防止には動きをよくする浄化が効果的だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...