福島で甲状腺ガン50倍

 中部大学の武田邦彦教授によると、「福島で甲状腺ガンが50倍」に達した。
 チェルノブイリ事故があったベラルーシやウクライナでは事故後4、5年から甲状腺がんが激増している。
  

 2011年3月11日の福島原発事故から現在2年目だが、あと2、3年後ベラルーシ、ウクライナのような激増を見せるのか注意が必要だ。

 また、福島県以外でも焼却灰の影響が広がっている。

 特に北九州は圧倒的に多い60000万トンを焼却中だ。

 4、5年後に甲状腺がんを発症することがないよう、特に微粒子が雨によって地表に降りて放射線レベルがあがる雨中や雨後には、ちいさな子供は大人が気をつけてあげた方がいい。
  

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...
スポンサーリンク