【『他人の幸せを祈る』 ことが良いことだとかという理由では、そんなこと私はできません。】出かける直前だったので(返事を)斜め読みしたのですが、なぜか、ポロポロと涙が出てきました。

大嫌いな社長さんの元で10年間働いてきて、この年末に退職を決意された方からメールをいただきました。

・・・
先日、友人に、この社長も幸せになるように祈ってあげなさい、と、言われました。

この大嫌いな社長が幸せになるように祈る、ことは、正直言って、今の私にはできません!
不幸になれ、とは思いませんが、少なくとも幸せを祈ることはできません。

・・・

例えばイエスのように、どんなことをされた相手であっても、自分自らの意思で幸せを祈ってあげられるのなら、それ自体、自分の魂の喜びです。

しかし、『他人の幸せを祈る』 ことが良いことだとか、『愛を持っての言動がよいこと』だから、という理由では、そんなこと、私はできません。

それを自分に無理強いすることは、自分の意思を抑えつけ、自分の気持ちを傷つけている、と思います。

他人に腹をたてる感情は良いことではないのは百も承知ですが、それは事実です。
その気持ちをまず認めてあげて、どうして自分は腹を立てているのか、ということを分析し、自分の中で気づけることはすべきでしょう。

その上で、自分の意識を変えれば、怒りも消えることがあります。また、どうしても許さなければ、それは、ハッキリとNO!と言うなり、そこから離れるなり、すればいいとおもいます。( 2017年10月7日 23:24)

その通りです。

素晴らしいです。

しかし、自分から出たものは自分に戻るという理解が必要です。

無理強いすることはないですが、誰であれ「大嫌い」という意識を持つことが「自分にとって」よくないのです。

例えば私は自然の力の人々数百人に裏切り者認定されました。
私は実際には浄化できて濡れ衣だったため、一時は非常に憤りました。

しかし数百人に対する怒りの感情というのは「自分をすごく苦しめる」のです。

そこで「彼らは理由も知らず言われるままにやった」と理解をしたのです。

彼らは弱い人なのです。

それを理解し、彼らに対する憤りを手放しました。

自分のためのです!

それで私は何をしているのか。

自分の好きなことをしているのです!(笑)

「力の使い手」の浄化を追求し、イタリアを自転車で旅することに思考を使っています。

「私は普段は自然の力や南さんのことをまったく考えていません。」

これが私の勝利です。

いいですか。

私が彼らに憤りを持っている間は、イタリア自転車旅行のことを思考することはできないのです。

自分の思考が彼らに囚われてしまっているのです。

それが最大の不幸です。

彼らのことを心によぎらせることが敗北なのです。

だって人を勝手に濡れ衣を着せて裁き、それを決して改めようとしない人たちのことを思考し続けることは非常に不幸で無意味なことだからです。

そういう不幸で無意味な思考から、「自分を解き放てない」ことが最大の不幸です。

どうやったら解き放てるのか、
「みんなちがってみんないい」を深く理解するのです。

裏切り者認定されたら嫌ですよ。

嫌だけど彼らやするのだから、それは彼らの自由意志の問題です。

私は10年間一度も途切れることなくいずっと浄化できているのだから、それは彼らの問題なのです。

決して、私の問題ではありません。

私は自然の力にいた7年半ずっと穏やかでみんなと仲良くやってきました。

裏切り者認定には憤りましたが、その後二年後の今、私はずっと穏やかだし、みんなと仲良くやっています。

もし、私がいつまでも裏切り者認定に憤りを持ち続け、復讐心をたぎらせていたら「私自身が」非常に不幸なのです。

そんなことはどうでもいいことです。

「そこから自分の思考を開放することが自分の勝利なのです。」

「いつまでも考えてもどうしようもない人の自由意志に関することを思考せざるを得ないのが敗北なのです。」

それこそが人生の敗北です。

自分の思考を自分で選べないことが、人生の敗北の本質

自分の思考を自分で選べないこと、それこそが人生の敗北の本質なんですよ。

神に自由意志を与えられながら、自由意志を行使できないことが人生の敗北です。

それ以外に人生の敗北などないのです。

例えば自然の力の伝授者には、私を裏切り者認定しないという思考の選択はできないのです。

一方私は彼らに対して激怒することもできるし、許すこともできる。

私は完全な自由をもっている。

彼らが私に濡れ衣を着せて、勝手に「勝手に裏切り者認定」して、「お前は浄化できなことを教えてやる」と真夜中中電話してきたのです。

メールも膨大な量を送りつけてくるんですよ。

迷惑なんてもんじゃないですよ!

だから私はブログに南さんの真実を書いたし、自然の力の掲示板に南さんの真実を書いた。

それでピタリと嫌がらせが終わった、私は思いましたよ。

もっとさっさと南さんの真実を書けばよかったと。

彼らが、濡れ衣で人を勝手に裁き、嫌がらせをするなら私はいつでも彼らに激怒する権利をとっておきます。(笑)

しかし、私は普段はずっと穏やかな人間だし、濡れ衣を着せて裏切り者認定し、真夜中中電話をかけてくるような嫌がらせをしなければ誰とも仲良くできる人です。

事実自然の力の人たちともずっと穏やかに仲良くやっていましたよ。

私は何度も、百個近いショートケーキを持っていって食べてもらった。

私が彼らにしたことはそれだけです。

毎月一生懸命話を準備して7年半も話し続け、浄化し、何百個というショートケーキをご馳走しただけです。

私が7年間彼らにしたことはそれだけなんですよ。

今もある自然の力の元伝授者さんを浄化してどんどんよくなっていますが、最初はよくならなかった。

それで私がこの話をして、

「あなたは私を裏切り者認定したが、私がいったあなたに何をしたというのか?

何もしてないですよ。」

と久しぶりに話した。

そして、「こういうことを主導する人たちをいつまでも「先生」と呼んでいるからよくならないんですよ」といった。

それを説明して理解してもらって浄化すると

「あっ よくなりました!」と電話口で弾む声が聞こえた。

その方は私が引退後、2年間自然の力で浄化してもらっていたのによくならず、「裏切り者認定」してまで守った自分の伝授を捨ててまで、私に助けを求めてきました。

私が浄化すると数日でよくなってしまった。

私は彼らが裏切り者認定せざるを得なかったことを「理解」しています。

しかし彼らが同じことをするなら何度でも激怒する権利をとっておきます。

しかし、彼らが何を考えていようと、私の真夜中中電話かけたり変なメールをよこしたりしなければ、それは彼らの自由意志です。

そういうことをされたら嫌ですよ。

しかし、それは管轄外です。

ならその影響下から去れない自分の弱さ、自分の内面の問題なのです。

彼らが自由意志を持っている以上、それをどう受け止めるかは自分の内面の問題なのです。

私は彼らがいなくても何も問題ない。

私は彼らが何を考えていても何も問題ない。

私は彼らが、常識的な社会人として浄化を求めてくるならば何も問題ありません。

誠実に対応するだけです。

元伝授者さんも、そのことで責めたりしません。

私は、最初はこの元伝授者さんにも何もこのことを言わずに浄化していたのです。

しかし、すっきりしないから、ここに書いた経緯を話し、

「私があなたにいったい何をしたというのか?

何もしていませんよ。

それなのにあなたに裏切り者認定させたような人たちをまだ先生と呼んでる。」

そう言ったんですよ。

その方は「わかりました」と言いました。

それで浄化できた(笑)

それは私の必要性のための言ったんじゃないんですよ。

誰が私を濡れ衣を着せて裏切り者認定しようが、誰がそういう人達を「先生」と呼ぼうがそれは私の管轄外です。

みんなちがってみんないい。

それは彼らの自由意志の問題であり、私には関係がない。

しかし、その人を浄化するために必要だとわかったから言っただけです。

私はそこのこと普段まったく考えていません。

私はイタリアを自転車で旅することを考えるのが忙しいから、そんなとるに足らないことを思考している時間はありません(笑)

私にとってはどうでもいいことです。

私は彼らの幸せなど祈っていませんよ!(笑)

理由もなく、濡れ衣着せて裏切り者認定するような思考が、世の中に広がったら、ものすごく不幸な世の中になりますよ。

こういうことは嫌です。

私は反対です。

だから私はこのブログでそのことを表明しました。

それを知った上で、そういうことを選ぶ人がいるならそれは私の管轄じゃないんですよ(笑)

実際私はそういう人と縁がない。

話をしたこともない。

私を裏切り者認定した人たちとも、あれから一度もあったことがない。

変な電話やメールも来なくなった。
(いちばんしつこい人は1年以上もメールを送って来てましたけどね!)

もちろんそういうメールは一切開封もしない。

そして、今は普段彼らのことを「思考さえしない」ので、私の外面の世界にも内面の世界にも自然の力の人々は存在しません。

私にとって彼らは活動しているのかしていないのか、いるかいないのか、わからない。

私はもう2年近く彼らのブログを誰ひとり読んだことがない。

私にとって彼らはただ単に存在しません。

別に彼らの幸せなど祈っちゃいませんよ(笑)

ただ単に存在しないだけです。

縁があれば、誠実に対応してきました。

それだけです。

私はそのことについて根に持っていない。

ごく普通に話せます。

私は自然の力の伝授者さんを含む世界中の人と、普通に話すことができます、実際話しています。

しかし「向こうの自由意志で」裏切り者認定とかしたいのなら、それはそれで彼らの自由意志であり、自由意志は尊重されるべきものですが、私の管轄ではありません。

それは夏の暑い盛りに避暑に行くようなものです。

やっぱり快適な方がいい(笑)

裏切り者認定されたら快適じゃないですよ。

でもそうする人がいるなら、それは彼らの自由意志です。

私は干渉しない。

そして、私は不快なことを思考しない自由を持っている。

その自由はどこから来ているのか。

思考の自由は彼らの弱さを理解し、許すことから来ている

彼らの弱さを理解し、許すことから来ているんですよ。

どうして裏切り者認定なんてしないといけないのか。

その源にあるものは弱さですよ。

私はそれがわかっているから彼らを責めない。

彼らは自分が何をしているのか知らないのですよ(笑)

そういう人に怒って、自分の思考が巻き込まれて、自分の人生という貴重な時間を無駄にしてどうしますか。

無駄なことは思考しない。

これは自分に対する愛ですよ。

そしてこれが私の強さです。

私は思考を選べるのです。

私は自分が何を思考するかを選べるのです。

それを支えているのは、思考したくない対象に対する「みんなちがってみんないい」、結局それぞれの視点で幸せになりたいだけ、という理解です。

そして、それが相容れない人がいるなら、静かに去り、彼らを許し、彼らに対する思考から自分を解き放つこと。

これこそが自由の本質です。

自由というのは、どんなことを思考するのか、思考しないのか、すべて自由に選べることかが支えているのです。

どんなことを思考するか自由に選べない人は、何らかの奴隷なんですよ。

そこから自分を解き放つことです。

昨日朝にメールをいただき、出かける直前だったので急いで、斜め読み(失礼)したのですが、なぜか、ポロポロと涙が出てきました。

榎本さんからいただく真摯なメールは、いつもすごくエネルギーを浴びているようです。
私の心のなかに潜在するものに触れたのかもしれません。榎本さんのメッセージがストンと伝わりました。
同じことを他の人に説明されても、同じようにはいかないのですがね。
不思議です。
おそらく、これで今後浄化が通りやすくなるのだろう、という感覚があります。

気づきです。
深い気づきです。

本屋に行けば何十冊もの自己啓発の本が並び、ネットでも、沢山のブログにヒットします。
どなたの説も、共通する部分はあり、榎本さんと同じこと言ってる人もあります。
なるほどー、と思う良いことが書いてあります。
うんうんと、納得することもあります。

でも私には、榎本さんのメッセージは質が違いました。
何故だかわかりません。
でも、だからこそ、榎本さんは浄化なんてことができるんだろうと思います。

思えば、今年の2月に、最初は指の痛みと動悸を浄化してもらったところから始まりました。
その1カ月ですっかり症状が消えたとは言いません。
でも、昨日、指が痛いという友人と話しをしていて、あ!と気づいたのです。
私、指、痛くないやん!って。
一時期は朝起きると指がこわばって曲げられなかったのです。外らせることなど出来なかったのです。
薬指だけは鈍痛が少しあるものの、日常生活には支障ないです。
忘れてたのです、痛みがあったのを。
つまり治っていたのです。
浄化してもらい、榎本さんのメッセージに力をもらい、自分が変わったからでしょう。
だから、今回も、良くなる!という実感をつかみました。

突然、変なことを言うようですが、
榎本さんは、自分がイエスだと思われたことはないですか?
誰かにそう言われたことはないですか?

魂は輪廻してまた転生しますが、榎本さん、イエス様の魂入ってますよ、きっと。
あんまりこんなことをいうと、頭がおかしいと思われるので普通は言わないんですがね。
お姿も、雰囲気も、性格?も、どこかで見たなー、誰かなーって、京都でお会いしたころから思ってました。

おまえ、イエス様を知ってんのんか?って話しですよね?(笑)

ただね、私はスペインでガイドが長かったので、その間にキリスト教のことは自分なりに勉強し、多くの教会で、宗教画や聖像を見てきました。
こんな言い方はいい加減かもしれませんが、なんとなくイエス様のこともわかるんです。

昨日の榎本さんのメールはイエス様からのメールでした。

榎本さん、今週は京都ですかー?
まったく神出鬼没ですよね〜

( 2017年10月9日 6:31)

イエスさまですか!

私はおいしいものを食べるのも大好きだし、旅も大好きなそういう五感の喜びもとても愛する普通の人間ですよ!(笑)

腹が立つことがあれば激怒し、

悲しみに嗚咽することもあります。

そんな聖人君子ではないですよ!(笑)

ただまぁ、イエスのような何かを感じていただけたのなら法外の喜びです。

私はイエスをとても敬愛しているからです。

私は無からビッグバンを通じて宇宙を生みだした。

その無にあった意識である原因者が神であり、宇宙のすべては神の一部であると考えています。

この世に神でないものなど存在しません。

私はイエスは(ブッダもですが)、そういうすべての存在は神である真実を肉体をもつ存在として最も体現された人びとであると考えています。

彼らはすべての人類の可能性であり、すべての人が内面にもつ種子を開花させた人です。

そして、私もまたすべてが神で作られた宇宙の存在のひとりであり、あなたもまたそうです。

日本でも魂は神の分け御魂という言い方をしますが、あなたを含むすべての人の魂は神の分け御魂であり、いわばイエスの魂とつながっています。

ですから、肉体が滅んでも魂は転生し、永遠の旅を続けるのです。

永遠というのは神の性質ですよ。

誰もがそれを持っているのです。

その本来誰もがもつ、神の本質、イエスの風味を私に感じてくださったというのなら、それはに大きな喜びです。

素直にありがとうございます!と言っておきますね。(笑)

しかし、私は自分も含めたすべての人が本来神と一体であり、すべての人は神聖であると考えています。

要はそれに気づき探究し、肉体をもつ存在として現実化したのがイエスやブッダほか、数々のマスターたちです。

永遠の旅路において最終的に誰もがたどり着く約束の地にたどりついた人々です。

そこに導く誰もが持つともしびが、私にも灯っていることをお感じになってくださったのなら、とてもうれしいことです。

それはあなたにも真理のともしびがあるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【『他人の幸せを祈る』 ことが良いことだとかという理由では、そんなこと私はできません。】出かける直前だったので(返事を)斜め読みしたのですが、なぜか、ポロポロと涙が出てきました。』へのコメント

  1. 名前:橋本仙子 投稿日:2017/10/10(火) 16:05:28 ID:cafd7aeb1 返信

    榎本先生今日は、お元気そうですね〜先生のお話は、いつも本当にわかりやすくて納得します。

    私も、自然の力の事を考える事がほとんどないです。

    今、自分が真の幸せを手にしてるからでしょうね〜

    人の幸せを願えないのは、やっぱり自分が、まだまだ満たされてないからでしょうねぇ〜
    自然の力を、やめた当時は悪口を言われるとは思ってもみなかったから、驚きと、やはり、腹だたしさがありましたが、いつの間にか、どうでもよくなってました。毎日、好きな事をして、そろそろお仕事もしようかと思ってますし、毎日新しい出会いがあったり、ワクワクしてます。
    榎本先生と、私は、とてもラッキーでしたね。自分の幸せを手にしてますよね。最大の幸せは、自由ですね。また、いつかお会いしたいですね。

  2. 名前:榎本 投稿日:2017/10/11(水) 01:18:07 ID:d43a14261 返信

    こんばんは!

    元気ですよ~

    イタリアで自転車何百キロもこいできました!^^

    楽しかったぁ

    自由はすべての幸せの基盤ですね。

    今、私は青空のように清々しい気分です。

    今となっては「よくぞやってくれた!」ですよ(笑)

    人生で起こることはやはりすべて必要があって起こっていますね。

Loading Facebook Comments ...