【自然の力の方へ】ここ数年理系人間でも霊や魂のことを考え直す人が増えています。そんな時期に、私も榎本さんのブログに遭遇し、頭の中の霧が晴れたように感じました。

榎本さんは、あらゆることを本当によくお勉強されていると思います。
宗教でも医学でも量子物理学でも。

しかも固定観念に囚われず、好き嫌いなく、素直な視点で物事を見ておられます。
子供の頃、嫌いな人が誰もいなかった、というお話がありましたが、もともとそういう質なんでしょうね。

私はもう誰にも憤っていません。私にはもう誰も嫌いな人はいません。

>子供の頃、嫌いな人が誰もいなかった、というお話がありました

私の見るところ、人間の本質はみんなそうです。

人間の本質、魂から見たらという意味ですが。

そしてうれしい報告をさせてください!

私は「今も」嫌いな人が誰もいない、と言ってもいい心境になってきました!

ご存知かもしれませんが、「自然の力の人たち」から1年半前に私は遠隔浄化できるのに、「遠隔浄化できなくなった」と決めつけられ、7年半以上も友達だった人たち数百人から突然「自然の広場」というネット上の掲示板に「私〇〇は、自己責任で榎本氏を裏切り者に認定します。神様に感謝です。」などと書かれたわけです。

人生で久しぶりに激怒しましたよ!

冤罪だったからです。

なぜなら「裏切り者認定」が始まった半日後には遠隔浄化ができることを確認したからです。

私は遠隔浄化できるじゃないか!

なぜなんだ!

誰ひとり私に確認もしないで、なんでそういうことができるのか!

理由を言え!と激怒してしまったわけです。

この理由なき「裏切り者認定」の憤りだけはなかなかクリアできなかった。

しかし、今月4月9日の「大阪セミナー」でお話ししたことですが、なぜ「私がこれを自分で引き起こしたか」ほぼ完全にメカニズムを解明しました。

彼らがやった理由なき「裏切り者認定」は冤罪ですが、「その理不尽さを含めて」、「なぜ私がそれを自分で創造したか」という理解に達しました。この理解に達するまではどうしても腹が立ってしまっていました。

もちろん「裏切り者認定」した人たちの理由にもならない理由はまったく非合理なものです。

私はそういう屁理屈を認めるつもりはありません。

それでも私は「裏切り者認定」を「自分で創造した」と言いましょう。

もちろん彼らの理解とはまったく違う理解からです。

私は今、「榎本を裏切り者認定しなければ伝授が使えない」と言った南さんを含めて「私を裏切り者認定」した自然の力の人たち全員を思い浮かべて、

静かに自分の心を振り返り、

自分の心に嘘がないか問い、

南さんや彼らを含めて、私には誰も嫌いな人はいない、と言える心境になってきました。

いや、はっきり言いましょう。

私はもう誰にも憤っていません。

私にはもう、誰も嫌いな人はいません。

彼らの顔を思い浮かべて、冷静に自分の内面を見つめ、

もうそこに怒りはないと言えます。

これを読んでいる自然の力の伝授者さんがいたら、こう言いたいですね。

自然の力の方へ

「私はあなたに対してもう何も怒りをもっていない。

私の内面にもうそれはない。

ただ自然の力時代に得た多くの豊かな経験への感謝だけがある。

あなたを含めて嫌いな人は私には誰もいない。

私の中にはわだかまりは何もない。

ただあなたは「私〇〇は、自己責任で榎本氏を裏切り者に認定します。神様に感謝です。」と書いた。

そして、このブログを読んでいるあなたは、私が遠隔浄化ができていることを知っている。

神に対して「私は聖者であり人類の救世主です。榎本は神の裏切り者です。私はそれを自己責任で認定します。神様に感謝です。」と書いたことに対して、
「聖者であり人類の救世主」である自分より、私(榎本)の方がこの1年半の間にはるかに多くの人を遠隔浄化してきていることをあなたの魂(良心)は知っている。あなたの魂(良心)は自分が神に対してそんなことを言ったことを深く恥じている。

自分がやった事実をなかったことにすることはできないし、「榎本が浄化できないという嘘」を真実と言いくるめることもできない。あなたが「裏切り者認定」したことも、私がずっと遠隔浄化していることも、あなたの魂(良心)はすべて知っている。

私はあなたに対してもう怒りはないし、何のわだかまりもない。

私に対して「決まりが悪い」なら別にわざわざ私に連絡を取る必要もない。

しかし、このブログを読み、私が遠隔浄化し続けていることに気づいているのなら、「自分の良心を救済するために」神に対して自分の気持ちをクリアにしておいた方がいい。いつまでもこういうことを放置するのは「あなたのため」によくない。

「私は自分を聖者であり人類の救世主と呼び、榎本さんを神の裏切り者と呼んだが、実際には榎本さんは多くの人を遠隔浄化しており神さまに申し開きできない。」ということをあなたの魂(良心)は知っているからだ。

その「あなたの魂(良心)が」自分がやったことを恥じている。

だが私はあなたに罪悪感を持って生きてもらいたくない。

私に何もいう必要はないが、自分を責めるのはよくない。

もう私はあなたに怒りはないし、あなたを責める気もない。

ただ、あなたに青空みたいなすがすがしい気持ちで、笑顔で神さまを真正面から見て生きてもらいたい。心の奥に罪悪感をもって生きるのではなく、神に対して自分の気持ちをクリアにしてもらいたい。

 私が望むのはそれだけです。

 もっとも「私の良心はまったく痛んでいない」「榎本の裏切り者認定は当然だ」「榎本はいまだに遠隔浄化できると嘘をついている」と思っている方はあてはまらない。

 もちろんそういう人はこのブログを読むことはないので、何も問題ない(笑)」

【自然の力の方へ】はここまでです。

それは多分、自分というものがしっかりしているからでしょう。等身大の自分に自信があるからですね。
多くの人達は自信がないのです。感じたままを発言できない。
自分の感覚に自信が持てないのか
「これ、美味しい!」とさえ素直に発言できない人が多くなったと思います。
だから
ミシュランの星の店だから、
行列ができてたから、
芸能人もきてるから、
皇室御用達だから、
なんでも理由をさがさないといけません。

 「テレビチャンピオン」を参考にした日本一おいしいラーメンの食べ歩き

私はかなり前に東京で「テレビチャンピオン」とかという番組でやっていて、日本一おいしいラーメン屋のランキングを食べ歩いたことがあるんですよ。
 一位のラーメン屋は徳光さんとかが最後の汁まで飲み干して「あ~うまい!完食!」とか言ってました。
 よっぽどうまいんだろうと思って、並んで食べたんですよ。
 すごい行列ですよ!
 もうラーメン一杯食べるのに1時間とか1時間半とか。
 それで食べたんです。
 日本一のラーメン屋ですよ。
 うまくないんですよ!(笑)
 塩からいんです。
 まあ東京のお蕎麦とかは出汁がからいですが、そういうノリでしょうかね。
 「あ~」と飲み干すにはからい。
 濃すぎるんです。
 まずいとはいいません。
 いろいろ工夫もしてあるんでしょう。
 しかし人間が快適に飲める「バランスのいい濃さ」をはるかに越えているんです。
 どのラーメン屋も!
 もしかしたら、この店だけ違うのかもと思って4軒くらい行きました。
 私も意地です。
 それこそものすごく並んで!
 それで私の結論は、「どの店もうまくない!」です。
 わざわざ並ぶほどのことはない。
 こちら(大分)に北海道の昆布で丁寧に出汁をとった「中華そば」屋があるんですが、よっぽどうまいですよ!バランスがとれている。出汁も「あ~」と飲み干したくなる。
 この店も「つるべ」とかのサインがあったりするこちらではちょっとした有名店ではあるんですけどね。
 まぁ私は「テレビチャンピオン」も徳光さんの舌もほんとあてにならなと思って懲りましたね(笑)
 もうこういうのは参考にしないと心に決めました(笑)
たしかにイエスも空海も素晴らしい。

 かと言って榎本さんは、キリスト教や真言宗を是とするわけではありません。

私も、イエスは人として素晴らしかったのだろうと思いますが、今の私はキリスト教に帰依しようとは思いません。(昔は考えたこともありました)
聖母マリアの処女受胎はいまではキリスト教における大前提てす。
だって教祖様の母親が、その辺の普通の女性では困りますもんね。

新興宗教の教祖様たちが、若返り整形の手術をよく受けにくる、と聞いたことがあります。教祖様は特別でなくてはいけませんから。
いい歳でも、青年のようでないといけませんからね。

イエスやブッダなどを「特別視」させたのは本人ではなく後の人

 私はイエスも空海も心から敬愛していますよ。
 聖書も読みましたし、お経の内容も調べています。
 たしかに珠玉の素晴らしい叡智があります。
 しかし宇宙は常に進化しているんですよ。
 千二百年前、二千年前の文脈ではその説明でよかったかもしれません。
 「仔羊」「羊飼い」でもね。
 しかし、今実際どれだけの人が日常的に羊を見たことがあります?
 当時の人はそれは日常であり、わかりやすい表現だった。
 イエスはベストを尽くしました。
 それはわかります。
 しかし、その文脈は今では通用しないし、それに後の組織宗教は「真理」よりも「管理」に興味をもち、そのために都合よく中身を解釈しています。
 キリスト教は処女降誕とか、仏教は母マーヤの右脇からブッダが生まれたとか伝えていますけどね。
 そういう「特別視」させるようなことを言い始めたのはすべて「後の人」ですよ。
 彼ら自身は自分をそんなことは言ってない。
 自分だけが「特別」という人は少々頭がおかしいのですよ。
 エゴですね。
イエスは「周りに座っている人々を見回して言われた。見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。」(マルコによる福音書3章34節)
 イエスはすべてのひとが自分の母であり兄弟であると言われたのです。
 私は決して特別ではない、あなたたちと同じである。
 それがイエスの立場です。
私はいわゆるリケジョのせいか、理論的でないものはどうも好きではありません。
宗教には、なにか割り切れないところがありました。
宗教には、とにかくお題目を唱えれば救われるとか、どこどこに祈れば病気が治るとか、金の壺を買えばいいだの、などと、どうも理由のつかないこともあります。でも榎本さんの見方は、宗教でも哲学でも、偏見なく、受け入れるところは受け入れ、切り捨てるところは切り捨てています。
どうして病気が治るのか、どうして仕事がうまくいくのか、どうして人間関係がよくなるのか、ちゃんと解明されています。

 非常に理論的です。

自分が特別だから、自分がエライから、神に選ばれたから、とは、榎本さんは言わないですね。

 多くの人が、
〇〇株式会社のナントカです。
社長のナントカです。
代表のナントカです。
東大出のナントカです。
と、肩書きや修飾をつけたがる中、榎本さんは、単なる‘榎本’でした。
何だろう、この人?怪しいなあ、何者?と、最初は思いました(失礼)。

 宗教でも哲学でも、偏見なく、受け入れるところは受け入れ、切り捨てるところは切り捨て非常の論理的

>榎本さんの見方は、宗教でも哲学でも、偏見なく、受け入れるところは受け入れ、切り捨てるところは切り捨てています。

 どうして病気が治るのか、どうして仕事がうまくいくのか、どうして人間関係がよくなるのか、ちゃんと解明されています。
 >非常に理論的です。
 これは私に対する最大のほめ言葉ですね。
 そのように受け取ってもらえたのならうれしいです。
 私は「迷信」にはまったく興味がありません。
  日々さまざまな人を遠隔浄化していると、すべての人に通用する再現性のあるアドバイスでないと役に立たないのです。
 私は「すべての人に通用する再現性のあるアドバイス」を常に求めています。
 訳のわからない遠隔浄化みたいなことをやっていると「実際に効果」がないととても受け入れてもらないんですよ。
 私は個人ですし、伝統もないし、ハッタリも、肩書も何もありません。
 実際に効果があるかないか。それだけです。
 その中で実際に効果のあるものは採用し、そうでないものは切り捨ててきました。
 結局「今生きている人」に実際に効果がなければ意味がありませんからね。
 私が現に日々取り組んでいるのは「今生きている人」なのですから。

 私の周囲は、理系の人が多いので、みな宗教だの霊だのは、ナンセンスだという見解が多かったのですが、ここ数年、そんな理系人間でも霊や魂のことを考え直す人が集まってきています。

そんな時期に、私も榎本さんのブログに遭遇し、頭の中の霧が晴れたように感じました。

今まで魂とか霊というと、胡散臭かったり、怖かったりしましたが、まあ呼び方はどうであれ、そういうものは、本当に存在するということがわかってきました。
理論的ですし、もうこれは科学と言ってもいいでしょうね。

がんばってくださいっ! K(2017年4月24日 6:39)

ありがとうございます!

リケジョのあなたにそう言ってもらえてうれしいです!

これは科学です。理論であり法則です。例外はありません。

これは科学なんですよ!

理論であり法則です。

例外はありません。

例外があるとしたら、まだ私たちが無意識になっていて理解できていない部分があって「例外に見える」だけです。

ただ私たちがその「法則」を理解せず、

多くのことを「誰かがいいと言ったから」という「迷信」に従って無意識に思考を使ってしまっているんです。

だから混乱があります。

そこをできるだけシンプルに、わかりやすく、実際に効果のある形でお伝えすること。

実際に人生を変える役立つものであること、それが私のチャレンジです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【自然の力の方へ】ここ数年理系人間でも霊や魂のことを考え直す人が増えています。そんな時期に、私も榎本さんのブログに遭遇し、頭の中の霧が晴れたように感じました。』へのコメント

  1. 名前:聖龍 投稿日:2017/04/24(月) 15:55:55 ID:065f3ce3f 返信

    素晴らしい!

    • 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/04/24(月) 15:59:34 ID:af260b399 返信

      ようやく私もそんな心境になってきました!(笑)

Loading Facebook Comments ...