神の創造物で地上の人間に独占支配権が与えらたものなどいまだかつて一つもない

 太陽や空気や水や海や空と、人を癒す力は同じです。

 決して誰もその独占支配権を主張できる人はいません。

 人を癒す力は遥か古代から、未来永劫存在している電気のようなものです。

 電球を発明し、発電から送電まで電力システムを実用化したエジソンは偉大です。
しかし、エジソンが地上の電気のすべてを支配し、電気を使う者はみなエジソンに「一宿一飯の恩義」を感じ、誰が電気を使おうが、エジソンがそれを自由に切ったり繋いだりする独占支配権を主張することはできないのです。

 神様が創造されたあらゆるもの、太陽から水、風、空気、砂粒にいたるまで、神様が地上の誰かに独占支配権を与えたことはいまだかつて一度もないのです。

 人を癒す力を持つ人は、イエス以前から星の数ほども存在していますし、今現在も実に多くの人が人を癒す力を持っています。

 私もその一人です。

 それがエジソンの電気会社から電気を買わなくても、自分で発電できる人がいるからと言って、その人に向かって
「裏切り者、サタンが入っている、多重人格、神芝居・・・」などと決め付け、神の名において風説を流布し、陥れ、親子の縁を断絶させるなど「気づきのため」と称して圧力をかけることなど、その様な弾圧を加えることとを、万物の創造主は古今東西いまだかつて一度もお許しになったことはないのです。

 万物の創造主が作り給うたものに対して、独占支配権を主張するものと共謀し、「自己責任」で「裏切り者」などと弾圧することなど、万物の創造主はいまだかつて一度もお許しになったことはないのです。

 もし、万物の創造主が作り給うたもので、神が地上の人間に独占支配権を与えたものが、宇宙の歴史を通じてひとつでもあるのなら教えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャラ男 より:

    独占しているのかどうかは分かりませんが、食物に関しては食物連鎖の頂点にある。または全てを食して良いと許可された経緯を考慮するならば、管理すると言う設定はあると思います。絶対的権威は創造者にあるのは間違いないが、権利を行使すると言う点に於ては認められている。そして、この惑星地球を正しく管理保全する役目も託されている。と解釈しております。我々は人類は一定の範囲で力を行使する事を限定されており、神の名を語って超能力紛いの行動はせぬようにとの指示があると思います。

    • 榎本 より:

      チャラ男さん

      こんにちは。

      >独占しているのかどうかは分かりませんが、食物に関しては食物連鎖の頂点にある。または全てを食して良いと許可された経緯を考慮するならば、管理すると言う設定はあると思います。

       えっと、神が許可したというのですかね?
       そんなことは神様は許可されていませんよ。

       イスラムは「神の名において豚を食べることは禁じられています」。
       ヒンズゥーは「神の名において牛を食べることを禁じられています」。
       ジャイナ教徒は「神の名において、肉類を食べることを禁じられています」から菜食ですね。
       
       「神の名において神が色んなことを定めたと考える人々」がいるだけです。
       それは神が決めたんじゃなくて、その人たちが「神の名において」勝手に決めたんですよ!(笑)
       
       神は食べ物を管理せよとは一切言われていません。
       地球で最も食糧生産を管理したのはソ連ですが、まったくもって非効率で崩壊してしまいました。
       
       現時ロシアでジャガイモの90%、果物の77%、野菜の73%を生産しているのはダーチャと呼ばれる家庭菜園です。ロシアの全耕作地の10%くらいのまったく個人の自由にまかされているダーチャと呼ばれる家庭菜園が、現在のロシアでほとんどの食料を生産しているのです。
       
       神は管理をせよなどとは言っていません。

       管理したら国は滅び、まったく管理せず個人に任せたらものすごい生産性を発揮しているのです。

       結果を見れば、神は管理するなと教えています。

Loading Facebook Comments ...