【絶望を経験したことがありますか?】「裏切り者認定」は私を言行不一致の、矛盾の世界から私を救ってくれただけだった。

質問をいただきました。

ここで唐突な質問ですが、
榎本さん、何もかもがどうでもいいと思えるくらいの、絶望って経験された事、おありでしょうか?
何が原因とかは関係なく、絶望そのものを経験した事があるかどうかが知りたいのです。
変な事知りたがりますよねー、全く。A(2017年1月29日 22:03)

絶望ですか?

わたしはまったく望みを失い、自ら命を絶とうと思ったことはないです。

でも「全損失」なら経験したことありますよ。

今まで大切だと思ってきたことをすべて失う経験ですね。

人生で2回あります。

ひとつは「裏切り者認定」ですね。

7年半やってきたものを一瞬で失いました。

しかも「浄化ができなくなった」という事実でない理由で。

裏切り者認定がはじまった半日後に、浄化できることに気がつきましたが、どれだけ「本当のこと」を訴えても通じないのです。

毎日「自然の広場」という自然の力の掲示板に、「私○○は、自己責任で榎本氏を裏切り者に認定します。神様に感謝です。」みたいなことをずらずら書かれるわけです。数百人も。

私は浄化できるのにですよ!

昨日までみんな友達だった人です。

7年半も。

それが「榎本は浄化できなくなったから神の裏切り者だ」というまったく事実でない理由で、そうされるわけです。

そして、フェースブックの友達がすべて解消され、今まで行ってきた私に対するコメントを何年もさかのぼって消していくのです。そして、私のブログの過去のコメントまですべて消してくれと、連日連日、メールや電話があるわけです。真夜中まで!

それがずっと続くのです。

事実でない理由でです。

しかも、一番ショックだったのは、母が私を裏切り者認定したことです。

実の母ですよ!

私を生み育て、何十年も私を見てきた人です。

父亡きあと、私の唯一の実の親ですよ。

この母が私を、事実でない理由で「神様の裏切り者」呼ばわりするんですよ。

これはこたえた。

「自然の力の裏切り者認定」とは、このように一切の人間関係を遮断することなのです。

事実でない理由で、もう実の親と今生二度とあえないのですよ。実際ほかの自然の力の伝授者とはあれからあっていないですからね。

それがまぁ、私が浄化できないのなら、なるほど「私に非があった」とわかりますが、浄化もできるし、どんなに考えても「何が悪いのか理由がわからない」のです。

その理由がないことで、7年半もの間積み上げてきたものを一瞬ですべて失うのは苦しいですよ。

「なぜなんだ!」と思いました。

思い続けましたよ。

それを実の母までもがしたんですよ。

母に電話して言いました。

なぜなんだ!

「あなたは自己責任で私を裏切り者だと呼んだ。その理由は何なんだ!」と私は叫ぶわけです。

もうぜんぜん納得がいってないですからね。

そしてたら母が言うんですよ。

「顧問の先生のメールを読んで後で答える」と。

「あなたは人に聞かないとわからないような理由で、実の息子である私を裏切り者呼ばわりするのか!

それがあなたの自己責任か!そんな自己責任で恥ずかしくないのか!」

もう腹が立って腹が立ってしかたがないわけです。

情けないですよ。

実の親が。

それでどれだけ理由を問い詰めても、ついに答えられなかった。

理由なんてないからですよ。

私は当時、自然の力から連絡のあった人にすべて聞きました。

ところで「あなたは自己責任で私を神様の裏切り者呼ばわりしているが、理由は何か?」と。

誰一人答えられなかった。

「それがあなたの自己責任か?」

しかし、まともな議論にならないわけです。

虚しかった。

私は今まで何をやってきたのだろうかと。

「結果がすべて」、「経験に学ぶ」と言いながら、私がこうして毎日浄化できている結果は無視か?何が経験に学ぶだ、クソ食らえ!と思うわけです(笑)

結局、「自己責任」とか「結果がすべて」とか「経験に学ぶ」とか、そんなことはお題目なんですよ。どうでもいいんだ。

自然の力には「何か相手のことを判断する時には、必ず事前に相手に直接確認しなければならない」という教えもあります。

誰一人、裏切り者認定する前に、私に何があったのか確認した人はいませんでした。

彼らが私を裏切り者認定した理由はひとつ。

誰に聞いても理由はひとつ。

「よくわからないけど、顧問の先生に「裏切り者認定」しないと伝授が使えないと言われた。」「それで裏切り者認定する時は、自分の本名で、「自己責任で」「榎本を裏切り者認定します」と書かないと伝授が使えないと言われた。よくわからないけど、そうした。」

「よくわからないけど、そうした。」

「よくわからないけど、そうした。」

「よくわからないけど、そうした。」

「よくわからないけど、そうした。」

「よくわからないけど、そうした。」

誰に聞いてもそれ以外の理由はなかった。

それが理由のすべてです。

要するに、自分の伝授さえ戻るなら、「よくわからないけど、そうした。」

自分さえよければ、自分が今まで教わってきたこと「自己責任」とか「結果がすべて」とか「経験に学ぶ」とか「何か相手のことを判断する時には、必ず事前に相手に直接確認しなければならない」とか、そんなことはどうでもいいんだ。

今まで自分がさんざん言ってきた教えに自分が背いてもぜんぜんかまわないんだ。心が痛まないんだ。

自分さえよければ、他のことはどうでもいいんだ。

それが彼らの行動原理ですよ。

私はそれを深く見抜きました。

最後はそれなんだと。

どんな素晴らしいことを言っても最後はそれなんですよ。

彼らはそれを自らの行動で示した。

だから彼らは実に美しい素晴らしい教えを述べるがすべてお題目です。

その教えを「自分では生きていない。」

最後の判断基準は、自分がよければ人はどうでもいい。考えることもしない。

無事裏切り者認定が終われば、「もうそのことは話さない方がいい。伝授が切れるから。」

自分の行動が、日々自分が学び、主張している教えと、矛盾しているなど考えもしない。

だからそれに苦しむこともない。

私は、今度いっしょにセミナーする聖龍さんの「裏切り者認定」した時、ほんと苦しみましたよ。一晩のたうちまわって苦しんで、ようやく自分の言ってきたことと整合性のあう理由を見つけ出して、その後、その理由とともに「裏切り者認定」を書きました。

そうしないと、自分自身が言行不一致になることがよくわかっていたから。

それを彼らは、何らのたうちまわって苦しむことなく、自分の言行不一致、矛盾に気づくこともなく、「もうそのことは触れないでおこう」、そして「私は世界の救世主」とブログに書いて、平気でおられる人なんだ。

さすがに母は苦しんだ。

親子だから。

私が「あなたは自己責任で私を裏切り者だと呼んだ。その理由は何なんだ!」と電話で叫び続けるからですよ(笑)

でも母は答えられなかった。

そして、いくら自然の力の教えで理屈をこねても私には勝てない(笑)

私は、自然の力の教えを誰よりも理解していたから。

そしてもう最近はその矛盾が隠せなくなってきたことにも気づいていた。

それを指摘すると「そんなことを言うと伝授が切れる」と言われる。

「バカじゃないと使えない」というおそろしい教義まで出てきた(笑)

これなら言行不一致でも何でもいい、バカだから!(笑)

美辞麗句を並べながら、最後には自分さえよければ、何も考えなくていいという行動を正当化できる!バカだから!実に素晴らしい教えだ!

しかし母は苦しんだ。

さすがに、自分が腹を痛めて産み、育てあげてた息子に対して、自分では理由もわかないのに「裏切り者認定」し、絶縁し続ける愚かさに耐えられなかった。

それで彼女はひと月あまりで、自然の力をやめた。

この矛盾に気づいた自然の力の伝授者が、自然の力を去った。

自分の言っていることと、自分の行動が矛盾していることに気がつかない、

「私はバカ」と思ってにこにこしておられるひとが自然の力に残っている。

もちろん、そういう自然の力を去った人たちとは、以前と同じごく普通の友人です。

母とも以前と同じ親子関係に戻った。

そして、私も浄化できている。

大好きな浄化の道に日々邁進できている。

だからこんな幸せなことはない。

「裏切り者認定」は私を言行不一致の、矛盾の世界から私を救ってくれただけだった。

そして真に大切なもの、真実であるものはすべて私に残った。

だから「裏切り者認定」は私の人生で最も素晴らしい出来事だった。

私はこれを以前は多少強がりで言っていたところがある。

本当は内心では怒っているのに強がりで言っていた。

しかし、私はこの世のすべてが神でできており、自分の人生に起こる出来事はすべて自分のためにあることを深く理解した。もちろん「裏切り者認定」も例外ではない。

あなたも、一時的に絶望し、どうしていいかわからない出来事が、後になって考えてみたら、今の自分を創ってくれた大事なエピソードだと気づいたことがあるのではないだろうか。

みんなあるはずだ。

自分の人生で出会う、すべての場所、人、出来事は、真に神さまからのプレゼントである。

それ以外のものは何もない。

ただ、その時は「これが本当は神様からのプレゼントだとわからない」ことはよくある。

私もわからなかった。

でも今はよくわかる。

ほんとうによくわかる。

こういう「私が浄化できなくなった」という事実でない理由で数百人の人に「裏切り者認定」され、実の母にまで、事実でない理由で「裏切り者認定」されることでさえ、「まぎれもない神さまのプレゼント」であったことが、今の私にははっきりわかる。

そして自然の力の7年半の経験で無駄なことも何もなかったし、「裏切り者認定」も素晴らしいものだった。

その後の私の「力の使い手」の探求につながる、すべてがかけがえのない、きら星のような素晴らしい経験であった。

どれがひとつ欠けても今の私はない。

だから今自然の力をやっている人も、何も問題ない。

それは彼らに貴重な経験をもたらすでしょう。

私にはそれがわかる。

私がそうだった。

私もその中にいて多くのものを学んだ。

その経験はかけがえのないものだった。

いまの私は強がりでも何でもなく心の底から言える。

自然の力のみなさん、ほんとうにありがとう。

心の底から愛している。

私の人生のおいて最も貴重な経験の1ページだった。

私はみなさんにあったら、心からの暖かい握手をしたいと思っている。

しかしあなたがたの「榎本を裏切り者認定しないと伝授が使えない」という思考を尊重することとしよう。

だから街で、あなたがたを見かけても、私はあなたがたに気がつかないフリをしておく。

好きなだけ「榎本は神の裏切り者であり、榎本に関わると伝授が切れる」と思っておけばいい。

私はぜんぜんかまわない。

しかし、それと私があなたがたを心から愛することは別だ。

私は一方的に、あなた方全員を心から愛する。

とても貴重な経験を分かち合った人々を心から愛する。

だから私は常に、あなたがたと心からの暖かい握手をしたいと思い続ける。

永遠にだ。

今生でなければ、いつか。

何世先かわからないが、あなたがたは私と暖かい握手をすることになるだろう。

なぜならわたしが心の底からそれを望んでいるからだ。

そして神は愛であり、愛からの思いはいつか必ず成就する。

私はそのことを知っている。

だが、私はありのままのあなたがたを尊重する。

「榎本は神の裏切り者であり、榎本に関わると伝授が切れる」と好きなだけ思ってもらってかまわない。

それでも私はあなたがたを一方的に愛する。

いつか、あなたがたと心からの暖かい握手ができる日が来ることを夢見ている。

自然の力のみなさん、ほんとうにたくさんの素晴らしい経験をありがとう。

心からの愛をこめて。

ん!(ぜんぜん絶望の話じゃないじゃないかっ>自分)

今度機会があれば、10代で経験した、もうひとつの「全損失」の経験を書きます。(^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【絶望を経験したことがありますか?】「裏切り者認定」は私を言行不一致の、矛盾の世界から私を救ってくれただけだった。』へのコメント

  1. アバター 名前:竹田 輝子 投稿日:2017/03/28(火) 23:15:23 ID:7c0878ddf 返信

    うらぎりものにんてい、なんてそんな否定的な言葉には、驚かされます。

    無限なる許し。無限なる正しさ。

  2. アバター 名前:榎本 投稿日:2017/03/29(水) 09:50:10 ID:405fdfe98 返信

    >うらぎりものにんてい、なんてそんな否定的な言葉には、驚かされます。

     
     そうですよね!それが普通の感覚ですよね。

     ある日突然、「伝授が切れている(浄化できなくなっている」と言われました。

     それで理由を聞いたら、最初は「私が誰かのお金をネコババしている」と。
     
     もちろん濡れ衣です。

     それを示すのにずいぶん時間がかかりました。

     それから次から次に・・・ああだ、こうだと、すべて関係なかった。

     そして最終的には理由がわかりませんでした。

     でも「上(神)がそう言っていると」

     で、私の裏切り者認定が始まりました。
     
     掲示板に実名で「私〇〇は、自己責任で榎本氏を裏切り者と認定します。神様に感謝です。」などと数百人が書き連ねるのですよ!

     この裏切り者認定が始まった日の、昼には私は浄化ができました。

     私に浄化を求める人がいて、いたたまれなかったのです。

     ずっと待たせていましたからね。

     そしたらきれいに浄化できたのです!

     もう泣きましたよ!

     号泣しました。

     私はやっぱり悪くなかったんだ!

     神さまはお見捨てになどならないんだ。

     そして絶対に神さまおられるんだ。

     全てを知っておられるんだと確信しました。

     私にしてみたら神の啓示でしたからね。

     雷に打たれたような体験でした。

     
     それで私はたとえ数百人が実名で私を神の裏切り者に認定しようと、実の母が私を裏切り者認定しようと、神さまが私に浄化をさせてくださる限り、絶対に私は神の裏切り者などでは断じてない。南さんと自然の力伝授者全員が間違えたのだと、たったひとりで主張してきました。

     ここで私が声をあげなかったら、認めてしまうことになりますからね。

     黙って抗議しないことは、それを自分も認めることです。

     もちろん、私も浄化できなかったら「自分に非があったのだろう」とこういう抗議はしません。ずっと「何が悪かったのかな」と反省していたことでしょう。

     しかし、裏切り者認定が始まった当日から、今日まで私が浄化できなかった日は1日もないのです。

     神さまが私に浄化をさせてくださる限り私はこの点について決して譲歩しません。

     私は断じて神の裏切り者などではありません。

     南さんがさせた、自然の力の伝授者の私の裏切り者認定は、根拠のない嘘であり、間違いです。

     その点について私は一歩も引く気はありません。

     逆に南さんと自然の力の伝授者は私の裏切り者認定以降、世界中の人から魂がなくなった(世界中の人が浄化できなくなった)としょっちゅう言っている。

     浄化できなくなったと彼ら自身が認めている。

     南さんと自然の力伝授者全員が、根拠のない嘘で、私を裏切り者認定したのです。

     しかし神は真実をお示しになりました。
     

    >無限なる許し。無限なる正しさ。

     はい。

     私の裏切り者認定は間違いであったと主張したうえで、私は彼ら全員をとうにゆるしています。

     こうして話題を向けられなければ、私は彼らのことを考えることはありません。

     自然の力の誰のHPも見たことさえありません。

     私はまったく彼らのことに関心がありませんが、風の便りにいろいろ自然の力の現状を教えてくれる方がいて、聞かれたら知っていることをお答えしているだけです。

     

     自然の力の伝授者は浄化をしたかっただけなのです。

     ただ南さんから顧問を通じて実名で「自己責任で榎本を裏切り者認定します」と書かないと浄化できない(伝授が戻らない)と言われたから、浄化したい一心で私の裏切り者認定をしたのです。

     私の裏切り者認定は間違いですが、「遠隔浄化で人をよくしたい」という、その思いは私と同じです。

     私は共に遠隔浄化を志してきた人たちが、浄化できなくなって活躍していないのを見て、本当に残念でなりません。

     裏切り者認定で私は何も失いませんでした。

     逆に、私は多くを得ました。

     しかし、彼らは浄化の力まで失ってしまいました。

     もう彼らは充分に苦しんでいます。

     私は彼らと一緒に遠隔浄化の道を志してきたので、浄化できなくなってどれだけ悲しく苦しいかよくわかります。

     そんな彼らをこれ以上責める気にはなりません。

     別に「力の使い手」になる必要はありませんが、もし彼らの「遠隔浄化で人をよくしたい」という志が本物であったのなら、どうか自ら道を切り拓いてもらいたいと思います。

     真摯に求めるならば、必ず神は道を示してくださるでしょう。

Loading Facebook Comments ...