安倍元首相はビルの上から暗殺された(7月30日更新)

安倍元総理は背後から発砲され暗殺されたと発表されたが

7月8日に奈良県奈良市の近畿日本鉄道・大和西大寺駅前で安倍元総理が暗殺された。

山上容疑者が、安倍氏の後方から発砲し、暗殺したという。

この動画でも確かに安倍氏の背後から発砲に伴う煙が見える。

銃弾は首の前の中央から心臓に達した

しかし、安倍氏の治療を担当した奈良県立医科大学付属病院、救急医学の福島英賢氏は記者会見で以下のように述べた。

福島英賢氏は、銃弾は首の前の中央から心臓に達したと述べた。

安倍氏はビルの上から撃たれた

山上容疑者は安倍氏の背後から発砲しているのにどうして首の前から銃弾が?

と私も福島英賢氏の会見を見た瞬間に思った。

北川高嗣という方が、以下の投稿をしている。

いや。

こうなるでしょ普通。

小学生が考えてもこうなるでしょう(笑)

だいたいオリンピックの射撃競技のメダリストでも精巧な銃を使って、じっと照準を使って狙いを定めて撃っても、そう簡単に的の中央には当たらない。

それが素人が手作りした銃を使って、歩きながら照準も使わずに打って、1(〜2)で心臓を撃ち抜けるわけがない。

しかも背後から!(笑)

山上容疑者はオリンピックメダリスト以上の腕前ということになる。

だから実際にオリンピックメダリストクラスのプロ中のプロのスナイパーがビルの上から狙撃したのでしょう。

銃声は3発

複数のマスコミが当初銃声は3発と報道していた。

下の動画(警告が出ます)を見ると、山上容疑者が打った発煙を伴う大きな1発目と2発目の間に、「シュ」というもう一発の発砲音と共に安倍氏の襟が動いている。

この時、福島英賢氏の言う喉から心臓へ貫通した銃が安倍氏の体に入ったのでしょう。


斜め上から安倍氏の喉付近に向かう2発の弾丸らしき物体。

また安倍氏を殺害した銃弾は決して出てこないでしょうね。

なぜなら山上容疑者が撃った銃と、実際にビルの上から撃った銃は一致しないから。(弾丸にできる傷が一致しない。)

もし安倍氏を撃った銃弾が発見されたら、狙撃者は少なくとも山上容疑者以外にもう1人以上いることになります。(まあ背中ではなく首の前に銃弾が入ったことだけで充分にもう1人以上犯人がいることがわかりますが)

それがバレたらまずいのでしょう^^;

それを捜査しない警察もグルってことになりますね。

当初3発と報道していたのに2発と訂正するマスコミも。

やれやれ^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...