【死を間近に控えた人から学ぶ】後悔しない生き方

road
 後悔しない生き方をするには、死を間近に控えた人が実際に何を後悔するのか知り、それをしない人生を生きればいい。後悔の中で多かったものトップ5の中にはある共通点がありました。

死を間近に控えた人は実際に何を後悔するのでしょう?

オーストラリアの緩和ケア(死期を待つ患者の苦痛を緩和するだけ)のナースBronnie Wareさんによると、死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のものでした。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

4. 「友人関係を続けていれば良かった」

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

1. の「自分自身に忠実に生きれば良かった」
3. の「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
5. の「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

の3つはすべて同じ意味ではないでしょうか。

「自分に素直に生きればよかった」と。

2. の「あんなに一生懸命働かなくても良かった」はおそらく自分の好きではないことを仕事にしていて、そんなことよりもっと自分を大切にすればよかったということでしょうね。

ということは、「自分に素直に生きればよかった」と同じことです。

5つのうち4つまでが「自分に素直に生きればよかった」ということでした。

4. の「友人関係を続けていれば良かった」は、何かささいなことで別れちゃったりしたのかな。何かつまらないことに腹を立てて縁が切れてしまったことを後悔しているのでしょうか。

「その人はその人なりの人生を生きている」とすべて受け入れ、笑顔で見守ってあげたらよかったのにね。

結局、「自分に素直な気持ちをすべて受け入れ、それをすることを自分に許すこと」、「その人が自分に素直に生きることをすべて受け入れ、その人がそれをすることを許すこと」

これで後悔しない生き方ができることがわかりました。

これで上の5つはすべてクリアできます。

人はやったことは後悔しません。

やっておけばよかったと思うことを後悔します。

あなたがやっておけばよかったと思うことは何でしょう?

あの時、素直に「好き」と言えばよかった。

あの時、素直に「ごめんね」と言えばよかった。

大恋愛をして、大失恋をして思いっきり泣いておけばよかった。

あれに挑戦しておけばよかった。

あそこに旅をしておけばよかった。

あれをやっておけばよかった。

これをやっておけばよかった。

・・・・

いっぱいあります。

やりましょう!

今日から

自分の胸のうちにあることに素直にどんどんやっちゃいましょう!

それが悔いのない人生なのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 後悔が少ないんです より:

    正に、その通りで笑ってしまいました!
    娘にアドバイスしたばかりの内容でして(笑)。
    娘(小1)人見知り&超恥ずかしがり。このため、合唱発表会に演奏する楽器決めで娘はトライアングルがしたかったのですが、手を上げる事が恥ずかしいがため、鍵盤ハーモニカになり、後悔していました。
    手を上げないで後悔するのと、手を上げてジャンケンて負けて、、。と どっちが気分良く合唱発表会にいどめるかな?とちょっと難しい質問をしました。娘は、ジャンケンで負けた方。と言っていました(笑)。
    おいおい。分かっているなら、次回からは手を上げよう!!と伝えました(笑)。私は、性格からやって失敗が多いため、後悔が少ないんです(笑)。周りからは、浅はか!と言われていますが、失敗から生まれるものも多くて(笑)。
    なんだか、とても理解できる内容でした(笑)。
    タイムリー過ぎて、笑ってしまう私です。

    • 榎本 より:

      やって失敗は最高ですよ!

      私も小学校の時、告白して思いっきりフラれましたけどね。
      「友達でしょ」って。
      しばらく意味がわからなくて30分くらい「もしかしてOK?」とか思ってましたからね。

      じっくり考えてたら、ようやく意味がわかったんですよ!

       でもぜんぜん後悔してないです(笑)

Loading Facebook Comments ...