遠隔浄化「力の使い手」理念「真理は我らを自由にする」

「真理は我らを自由にする」

「真理は我らを自由にする」はイエスの言葉に由来しています。


「力の使い手」の学びは、「真理は我らを自由にする」という理念の元に行われます。

「真理」とは、この宇宙において、時を越え、場所を越え、物質界、非物質界を問わず、一貫して働いてる原則です。

真理を認識し、自分の現実に応用することによって、自由に現実を創造し、自由に生きることができます。

力の使い手のすべての活動は、すべてこれらの真理に立脚して行われます。

私は以下を「真理」であると考えています。

「すべてはひとつである」(宇宙は神なる意識から創造され、この宇宙に神以外の原料はなく、我々の魂は神と一体であり、万物は一体である。)
「自由意志がある」
「思考は現実化する」
「引き寄せの法則」(類は友を呼ぶ)
「宇宙は生命を育む」(常に進化成長する)

です。

今までの学びとは少々方針が違います。

1、「どうなりたいか」は自分で決めます。

1、「どうなりたいか」は自分で決めます。
原則のひとつ「自由意志」がどこまでも尊重されます。
ですから、私の方が「何をすべき」か決めることはありません。
「自ら何をしたいのか」決めます。
「家庭医になるのが目標」というのはいい目標です。
「遠隔浄化を通じて豊かになる」
「遠隔浄化を通じて愛を表現する」

・・・・

色んな目標があるでしょう。

複数の目標でももちろんかまいません。

しかし「自分の目標」である必要があります。

私が「あなたはこうなるべきだ」と決めることはないからです。
「どうなりたいか」は自分で決めます。

そして「どのような目標であれ」私は「力の使い手」を通じて全力でその達成を応援したいと思っています。

 2、自分で評価します。

2、自分で評価します。
どこまでも「自由意志」が尊重されます。
私が「力の使い手」さんついて「あなたの考えや行動は間違っているとか、あなたの行動は「〇〇点である」などと、あれこれ評価することはありません。
すべて自分で評価します。
私が「力の使い手」さんの考えや行動を「監視・検閲」することは一切ありません。

私が以前属していたところでは、私自身は浄化ができなくなったことは一度もないのですが、
たまに頼みもしないのに「伝授がきれていますよ(浄化出来ていませんよ)」と電話がかかってくることがありました。

ほとんどが「私のブログに書いた内容よくない」ということでした、「メールで送った内容がよくない」ということもありました。

要するに私のブログに書いた内容が「監視・検閲」されていたのです。

やがて「これは書いていいのだろうか」「これは書いたらまずいんじゃないだろうか」と「自己検閲」している自分に気づきました。

私は2年前にそこを引退し、ああ私は「自己検閲」していたな、今は自由に考え、自由に表現できる、それがどんなに幸せで喜びあふれる素晴らしいことかを実感しました。

ですから私は誰の思考も誰の行動も「監視・検閲」しません。

何かよくないことは自分のハートが痛みを感じることであり、何かいいことは自分のハートが喜びを感じることです。

すべての人はそれを感じとる能力を持っています。

 

 

「自分がして欲しくないことは、人にしない。自分がして欲しいことを人にする。」ことも「力の使い手」の基本理念

「自分がして欲しくないことは、人にしない。自分がして欲しいことを人にする。」というのも「力の使い手」の基本理念です。「すべてはひとつ」だからです。

人になすことは自分になすことです。

自分にして欲しくないことは人にしません。

自分がして欲しいことを人にします。

「みんなちがってみんないい」のです。

これらはすべて「すべてはひとつ」という理解から生じています。

 

 

 

自分の「思考や行動」による「結果」を受けて、よりよい「思考や行動」を選び続けることが「生きる」ということ

 

すべての「思考や行動」には「何らかの結果」が伴うのは当然であり、
その「何らかの結果」を受けて、今度は「自分がどうなりたいか」を決め、そのための「思考や行動」選択しなおすという繰り返しが「生きる」ということです。

「思考や行動」には「何らかの結果」が伴うのは当然です。

何らかの「思考や行動」を選んだのは「それを自分がしたかった」からです。

それ以外に理由はありません。それでこそいいのです。

自分がしたいことをしないことこそ、「自分の人生がない」、「自由がない」ということです。

(自分がしたいことをしないことこそ、「自分の人生がない」、「自由がない」ということであり、その時、何らかの「思考や行動」をしなかったというのも自分で選んだことです。その時は「思考行動しない」ということを自分で選んでいるのです。)

そこに何も悪いことはありません。

その時、こう「思考や行動」したらこうなった。
その時、「思考行動しなかったら」こうなった。

という結果があり、そこに理解が生まれるからです。

「生きる」ということは繰り返しであり、より幸せな、より喜びを感じる選択をし続けることです。

それが「宇宙は生命を育む」(常に進化成長する)という原則の意味です。

何か間違いと言えるものがあるとしたら、ある「思考や行動」をして「ある結果」が出て、それが自分の望む結果ではないにもかかわらず、同じ「思考や行動」を選択し続けることです。

もし、何か間違いと言えるものがあるとしたら、

ある「思考や行動」をして「ある結果」が出て、それが自分の望む結果ではないにもかかわらず、同じ「思考や行動」を選択し続けることです。

ですから私はいつも「自分の幸せ喜びの役に立たない」「思考や行動」は手放したらどうですか?と提案し続けるのです。

その「思考や行動」をすることによって、あるいは「何らかの思考行動をしないことによって」「自分の望まない結果」が生まれ続けているのに、同じことを繰り返すことは

ただ単に「自分にとって、幸せな、より喜びあふれる」ことにつながらないからです。

それ以外の理由はありません。

私はご自分が幸せになる選択、喜びあふれる選択をしてはどうですか?と提案し続けます。

それは、いつも私の変わらぬ態度なのです。

もちろんそれに何の「圧力」も「強制」もありません。

「自分は何に喜び、幸せ」を感じるのかに基づく、自由な選択があるだけです。

ですから、私のできることは最大限のことは「提案」です。

「自由意志」は宇宙の原則ですから、それを尊重すれば、人に出来る最大限の貢献は「提案」です。

私は誰からも監視検閲、強制や圧力を受けたくないから、誰にもそれをしないのです。

そのネガティブさを自分が「経験」したからこそ、「望み」が生まれる。

「力の使い手」の学びとは「自分のとって幸せな、喜びあふれる」、「思考や行動を選ぶためにはどうしたらいいのか」、「何を思考行動しない方がいいのか」という理解を通じて、自分の望む現実を現実化することです。

例えば「いつも人に怒鳴っていたら、腰が痛くなるよね」なら、私は腰が痛くなるのは嫌だから「怒鳴るのはやめよう」という理解をもたらすことです。

それは、そのネガティブさを自分が「経験」したからこそ、「望み」が生まれたのです。

何かを「経験」しなければ「望み」が生まれることはありません。

そして当然ながら、「望み」というのは、その人の「人生経験」から紡ぎ出されるものです。

どのような「人生経験」をしたからと言って、それは「悪いこと」ではありません。

ある望みを生み出す「きっかけ」でしかありません。

「望みを生み出すきっかけ」が「悪いこと」であるはずがありません。

その経験を通じて、「自分はどうなりたいのか」、そのために「どう思考し、どう行動するのか」という「自分の望みを決めない」ことが問題なのです。なぜなら自分の幸せが先送りになるからです。

ですから、自分の人生経験の「結果」を自分はどう評価したのか「よかったのか」「嫌だったのか」自分にとって「よかったこと」はもっと伸ばすし、「嫌なこと」は繰り返さない。

それがすべてです。

自分の人生経験の結果の、何が「よかったのか」「嫌だったのか」はその人しかわからないのです。

ですから、私は誰の人生も「監視・検閲」しないのです。

する必要がないからです(笑)

そもそも「私の思い通りにふるまわせたい」と思っていない

そもそも「私の思い通りにふるまわせたい」と思っていないからです。

「私の思い通りにふるまわせたい」と思っていなければ、誰の行動も見張る必要はありません(笑)

私にはあなたのその人生経験は、あなたにとって「よかったのか」「嫌だったのか」は決められないからです。

それはその人の今までの人生によるのです。

例えば、今まで長い間空腹を感じて生きてきた人は、お腹いっぱい食べることが幸せだし、今まで飽食してきた人は、たくさん食べない自分に幸せを感じるのです。

今までモノが買えない人は、思いっきり買い物をすることが幸せですが、モノを買いすぎて部屋が散らかっている人は、不必要なモノを買わない選択ができる、断捨離できる自分に幸せを感じるのです。

何に幸せを感じるかは自分で決めるしかありません。

しかし、食べ過ぎによるマイナスの結果が出ているのに、つい食べ続けてしまうことは「自分の幸せに役立たない」し、

すでにモノがあふれて、部屋が整理がつかなくなっているのに、モノを買い続けることは「自分の幸せに役立たない」のです。

その結果を受けて、

「よし私はダイエットしよう!」
「よし私は断捨離しよう!」と決めるのは自分です。

今までの、思考と行動と結果を評価し、次はどうしたいのか決めるのは自分なのです。

そうでしかあり得ません。

「力の使い手」としてのあり方を決めるは自分

例えば、「家庭医になるのが目標」とお感じなったのは、ご自分の家庭では怪我や病気やあり医療費がかかったからかもしれません。

それは「自分の人生経験」によって紡ぎだされた「ご自分の望み」なのです。

それが「素晴らしい望み」です。

私は「力の使い手」さんが「自分の望み」を決めてもらいたいと思っていますし、それを実現することを全力でお手伝いしたいと思っています。

しかし、あなたの人生に照らして「どうなりたいか」は自分で決める必要があるのです。

そして、その結果に対する評価、まだモノを買いたいと感じているのか、断捨離するのが幸せだと感じているのかは自分で決めるしかないのです。

人それぞれに「幸せ観」が違うからです。

すべての人の「幸せ観」が違うから、世界にはこれほど多様な料理があり、服があり、パンがあり、生き方があるのです。

それが素晴らしいことなのです。

「全員が一斉に同じことをするよう圧力を感じていないこと」が素晴らしいこと

「全員が一斉に同じことをするよう圧力を感じていないこと」が素晴らしいことなのです。

それが「自由意志」を尊重するということです。

それ以外にはあり得ません。

人それぞれに「幸せ観」がみな違うことは素晴らしいことです。

ですから、私は誰が何を望もうとその「幸せ観」を「検閲」したりしないのです。

「あなたがそれに喜び・幸せを感じるなら、あなたがそれに情熱を感じるなら、ぜひやって御覧なさい!」

私は「あなたがそれを実現すること」を「力の使い手」として全力で応援しましょう。

私の情熱はそこにあります。

もう一度、整理しますが、私が「あなたはどうなるべきか」決めることはありません。

私は「あなたはどうなるべきか」決めるつもりもないので、そもそも「あなたを監視・検閲しません」

ですから自分は「力の使い手」としてどうありたく、今は自分はどうであるかということを、自分で決め・自分で評価します。

「家庭医になるのが目標」OKです。

「今はそれが達成できていない」OKです。

ここまで何も問題ありません。

素晴らしい決定であり、素晴らしい認識です。

それを達成することを全力でお手伝いすることに私の情熱があります。

しかし、そのためには、私はあなたの現状を教えてもらう必要があるのです。

私は日頃誰も「監視・検閲」していないからです。

そのためにまだ「力の使い手」として十分に活躍していると自己評価しできていない方は、
最低月に1回は、その現状を教えていただくための「現状の報告」をお願いしたいのです。

もちろん、月1回以上でもかまわないし、

いい感じで進んでいる時は、「順調に自分の目標に向かって経験を積み重ねています」という現状報告が何ヶ月続くかもしれません。

最終的には、どんどん自分でやっていける状態になるのが一番いいのです。

(ですから「「力の使い手」として十分に活躍している」と自己評価している方は現状報告する必要はありません。ただ喜びから「こんなことあったんですよ!」というのは大歓迎ですし、後進の「力の使い手」さんとご自分のなしたことを分かち合われることを大歓迎しますが)

しかし、それまでは「うまく使えていない方」が「いかにうまく活用できるようになるのか」ということに私の情熱があることをご理解ください。

私はそれがしたいのです!

そして、「より大きな理想の現実化」にチャレンジされることを応援したいのです。

 

ですから、「自分がどうなりたいか」を決め、それに対して現状がどうであるかということを少なくとも月に一度の「現状の報告」をお願いしたいのです。

私が何をどうアドバイスしたらいいのか「思考」するきっかけをください。

私は誰も「監視・検閲」していないのですから、それがないと「思考」する手掛かりがないのです。私に手掛かりを与えてください。

「遠隔浄化の力の使い手」に関することは、この10年で私は大抵のことは経験しているので、きっとお役に立てるでしょう。

 

この文章は以下の質問に対して書きました。

大阪(セミナー)で出会った女性の方は、家族の医療費が必要なくなったといわれて内心本当に驚きました、私が目指していたのもまさにそれでした
私が家庭医になるのが目標でしたから

・・・

1から勉強するという道はありますか?
もしそれが叶うのでしたら力の使い手に挑戦したいと思います
そしてするからには、一生懸命努力することは惜しみません T(2017年11月27日 21:36)