整体の創始者【野口晴哉】「(気づきで)心の角度」をちょっと変えると、心も体もすっと変わってくる。

「整体」はご存知ですよね?

その整体を創設したのが、野口晴哉(のぐち はるちか)さんである。


彼は、少年のころから医者に見放された病人を手を触れただけで治したりしていたそう!

遠隔浄化の「力の使い手」と同じじゃないか!

その野口晴哉大先生は、どのようなお考えを持っていたのか彼の語録を調べてみた。

大事なのは目に見えないストレス

「レントゲン写真を持って面会に来た人が帰った後で先生が言った。
「いくらレントゲンで写しても、切り開いて見ても、借金も失意も
嫉妬も見当たらないよ。大事なのはそういうことなんだ。」

まさにその通り、安保徹先生のご指摘のようにストレスが万病の元なのである。

「疲れずに眠り、腹減らぬのに食えば体はこわれる。
要求のないところに生はない。心も体もすっかり緩め、内なる声を聞こう。」

その通り!

運動もせずに疲れていないのに眠ろうとして眠れなくてマイスリーで薬物中毒になってる。

体がこわれるのはあたりまえ!

「心の角度」をちょっと変えると心も体もすっと変わってくる。

「治る治らないは自分で決めることだ。」

「いつからでも気がついたときから回復要求が起こる」

「指導する者は、故障探しではいけない。その裏にある人間を
捕まえて、その人間に合う方向に誘導していくということが大事
で、生理的な背き、つまり異常を起こしているということは、
自由の抑え、性の抑え、成長の抑え、自発性の抑え、要求の抑え、こう
いうものの反動が多いのです。病気の中にはそれに不平、不足つまり満足の抑え

といったものをひっくるめて
体の病気として返ってきているものが意外に多いのです。」

「自然に病気を経過した後は、病気をした後、元気になります。
けれどもその経過の中で、不安に、臆病になり、焦ってしまうと
病気した後、体が弱ってきます。しかし、一方的に凝り固まった
「心の角度」をちょっと変えると、心も体もすっと変わってくる。」

その通り!

>自由の抑え、性の抑え、成長の抑え、自発性の抑え、要求の抑え、こう
>いうものの反動が多いのです。病気の中にはそれに不平、不足つまり満足の抑え

これこそ私のいう「自分のハートの喜び」に従っていないということなのだ!

だから「力の使い手」の遠隔浄化は、これらの「抑え」てしまっている本当の自分の再発見なのである。

野口晴哉先生もそれを喝破しておられる!

「感じる 信じる 覚悟する それから行動する。そうすれば疲れない、痛めない。病まない。」

そう!まず本当の自分に耳を傾け「感じる」こと。

そして「自分のハートの喜び」に従って、自分に喜びをもたらすことを選ぶこと。

そして、そうなる自分を信じ、覚悟し、行動する。そうすると病気にならない!

私たちは自分の人生を自分の「思考、言葉、行動」で作っています。

病気や症状、不幸を含め、今の自分の自分の現実にイヤなところがあるならば、
それが自分が「無意識」に行った「思考、言葉、行動」に原因があります。

それを「意識化」すること、すなわち「気づく」ことが大切なのです。

私たち「力の使い手」も「気づく」こと、そして「心の角度」をちょっと変えることが
遠隔浄化とともにとても大切であると考えています。

「遠隔浄化」と「気づき」が「力の使い手」の両輪です。

治癒は、自分には治る力があるということを自覚し、その力を
信じることから始まる。

「一人一人が自分の裡(うち:体の内側)なる生命の精妙な
働きを自覚し、発揮すれば、人の力を借りないでも丈夫になれ
るのです。そのように誘導していくことが本当だと気がつきまして、
治療術という面を全部捨てたのであります。」

えっ!

整体の野口先生は治療術という面を全部捨てたのでありますかっ!?

「本当は手を当てることすら余分で、目を見ただけで良くなるのが理想。」

私たちは目も見ずに遠隔浄化だけで良くしています!(笑)

「もっともらしく手を当てたりしていますが、実はたいしたことは
していないのです。人間は意識で納得しても、体は変わって
こない。私は潜在意識に話しかける技術をもっていて、相手の
心を自分の心のように動かすことができるのです。それで
私と話しているとみんな元気になってしまうのです。」

この潜在意識に話しかける技術が「力の使い手」の遠隔浄化の部分です。

「治癒は、自分には治る力があるということを自覚し、その力を
信じることから始まる。その力を自覚しないで何もしないのと
自覚して何もしないのでは雲泥の差がある。」

「余分に気張らず生活するには、自然の中に生きている自分を信
じることが大切です。それが自分の中心を充たす唯一の道です。」

そうそう!

私たちの身体は自然の中で数十億年の進化を経てきた神の傑作です。

その偉大なDNAを受け継いでいる自分を信じることです。

「病気が治ったらこうすると言っている人は、病気が治っても何もでき
ない。こうするんだと立ち上がった人は、病気がなくなってしまう。」

名言!

何か条件がそろったらしようという人はいつまでたってもしない。

まず一歩踏み出す。そうすると、人生がその方向に動き出す、元気になる。

日本にはすごい人がいっぱいいるね~@@

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...