魂って消滅するのですか?

ご質問をいただきました。

「魂って消滅するのですか?」

「消滅」というのは「生じた」ものについて当てはまる現象です。

死というのは生まれたものについて当てはまる現象です。

ところが魂は輪廻転生を繰り返す永遠の存在なのです。

「永遠」というのは終わりがないということです。

終わりがないということは始まりがなかったということです。

始まりがあれば必ず終わりがありますからね。

この宇宙はビッグバンによって「生じ」ました、ですからこの宇宙に属するものはやがてすべて「消滅する」可能性があります。

しかしそのビッグバンの原因者である無から宇宙を生じたるもの。

神と呼ばれる意識体は、宇宙のビッグバン以前、宇宙が無であったときから存在しています。

宇宙が無であったときからなぜ、それがあったのかはわかりません。

永遠のなぞでしょう。

その神と呼ばれる意識体は生じたのではありませんせから、消滅することはありません。

だから神は永遠であるのと言われるのです。

私たちの本質は永遠の輪廻転生を繰り返す魂です。存在で唯一永遠と呼ぶにふさわしいもの。
(宇宙自体は永遠ではありません。生じていますから、いつか消滅するでしょう。)

神と同じものでできているからこそ永遠の性質を帯びることができるのです。

私たちの魂は、臨死体験において、自らの体を天井から見つめるものです。

その魂は永遠です。

私たちの魂は決して生じたことはなく決して消滅することもない神と同じものでできているのです。

それが「神は自らに似せて人間を創造された」という意味です。

私たちの魂は、無から宇宙を生じさせた意識体である、神御自らが、この物質宇宙を観察し、経験するための自らの意識を分けたものです。

この宇宙を支えているのはこの意識です。

この宇宙には神という原料しかないのです。

だからその宇宙のすべてを支えているのもまた神です。

神は宇宙のすべてを知っていると言われます。

どうやって知っているのか。

私たちひとりひとりすべての魂(意識)を通じて万物を観察しておられるのです。

すべての生命の意識(魂)を通じて、神は宇宙のすべてを観察し、体験し、お知りになっているのです。

そして魂に与えた創造の力によって絶えず宇宙を創造されています。

ビッグバン前の無の宇宙には、神と呼ばれる意識体しかなかったのです。

万物はその神と呼ばれる意識体からできているのです。

私たちの魂もです。

万物の本質である神が永遠不滅であるなら、私たちの本質である魂もまた永遠不滅です。

だから私たちの魂は神と同様に、決して生じたことはなく、決して消滅することもありません。
それが永遠という性質をもつものの唯一の特徴です。

この宇宙が神によって生じている以上、

この宇宙が神しか原料がない以上、

万物の本質(魂)を突き詰めればすべて神に行き着くのは当然のことなのです。

それ以外にはあり得ません。

だから私たちの本質である魂は決して消滅することはないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『魂って消滅するのですか?』へのコメント

  1. 名前:ももちん 投稿日:2016/12/23(金) 13:49:06 ID:b95f15d53 返信

    お守りを持ってると浄化されないんですか?
    お守りってあの神社とかでもらう普通のお守りですよね。

    榎本さんの浄化は自然の力のものとどう違うんでしょう?

    やり方は同じなんですか?
    なんか忘れちゃいましたけど、守護神をつけたり魂を入れ替えたり
    するのがありましたよね。

    自然葬などはまだ勧められているんですか?
    自分のお墓から骨を取り出してそれをあそこに埋めてお金取るって
    いうのがありましたね。

  2. 名前:榎本 投稿日:2016/12/23(金) 15:17:09 ID:4efe2cef5 返信

    >お守りを持ってると浄化されないんですか?
    >お守りってあの神社とかでもらう普通のお守りですよね。

    関係ないです。
    そういうことを相手に確認したことは一度もないですね。
    ただ、本人以外の何かに頼る意識があると、その分だけご本人の人生がままならないのは事実です。

    100%自分の人生は自分のハートだけに聞いて決めているというのが一番いいです。
    しかし、実はそういう人はそう多くなく、ほとんどの人は、自分以外の人やモノを信じているものです。
     それがお守りであろうと、人であろうと、会社であろうと、組織であろうと同じですよ。

    >榎本さんの浄化は自然の力のものとどう違うんでしょう?

    >やり方は同じなんですか?

     きわめてシンプルですね(笑)

     浄化自体は実に簡単です。

     その人がその人の現実を100%作っていますから、その原因になっている思考を手放すお手伝いをすることが多いです。

     そこが変わらないとまた同じ現実を作りますからね。

     その人の人生がその人の意志に従って変化することが大切なのです。

     宇宙もその人の人生もたえざる進化なのです。

     不幸や病気というのは、その人の本来の魂のありた方とご本人の現実に乖離が生じた場合に、それを知らせるサインなのです。

     その乖離を埋めるお手伝いをすることが大切です。

     まぁ要するに自分自身になるってことですね。

    >なんか忘れちゃいましたけど、守護神をつけたり魂を入れ替えたり
    するのがありましたよね。

     そういうことはしません。

     非常におこがましいことです。

     そういうことは霊の世界の実態を完全に把握して、彼らにアドバイスできる立場にある存在がすべきことです。

     何かを彼らに要請することはありますが、彼らの配置を変えるなど非常におこがましいことです。
     どの守護神さまがどのような能力をもっていて、どのようなことを支援するのが得意なのかまったくこちらでは把握できないのですから。

     わからないことはお任せするしかないのです。

    >魂を入れ替えたり

     魂というのは、あなたの意識のことです。

     あなたは、朝起きても昨日のことを覚えているあなたですよね。

     その気づいている意識、あなたが誰かと入れ替わったりしたことがありますか?
     魂が入れ替わるということは映画「君の名は」みたいなことが起るということです。
    http://dailyrootsfinder.com/kiminonaha/

     こんなことが勝手に起こせたら大変なことですよ。

     稀に、ある人の肉体を別の魂が使用することがありますが、本来の肉体の所有者である魂と生前に同意し、
     周到な準備の上に進められる非常に高度なことです。

     入れ替わっている間、本来の肉体の所有者は別の場所に移動し、その肉体を借りている魂が、その肉体の生命を維持しながら、その肉体を操作するわけです。

     まったく違う人格になります。

     そういうことに理解のない人間がとても簡単に入れ替えられるものではありません。

     霊の世界と肉体の機能の知識、特に脳に関する深い習熟と熟達が必要で、ある目的をもって誕生前からの同意と非常に長い準備と働きかけが必要だとされています。

     肉体を離れた霊は普通は、人間界のことに関与しませんが、特別なミッションが組まれた場合に担当する霊が非常に長期にわたって働きかけてはじめて成し遂げられることです。

    >自然葬などはまだ勧められているんですか?
    自分のお墓から骨を取り出してそれをあそこに埋めてお金取るって
    いうのがありましたね。

     魂は肉体を離れて数日は近くにいることが多いので、働きかけたりすることも可能ですが、働きかけをするならそれまでが勝負です。
     
     それ以上は、肉体と魂のコードが切れてしまってご本人がそこにいないのですから、何をしようが関係ないのです。

     そういうことは肉体を離れたご本人には何の関係もなくて、残った人の気持ちの問題ですね。

     ですから、残った方たちの気の済むようにすればいいのです。

     執着がない方法がいいですね。

     向こうは向こうでまたしばらくすると赤ちゃんに入って勝手にやっているのですから、こちらでどうしようが一切関係ないのです。

     私たちがすべきことは、まだ肉体とご本人の魂がつながっている間にどれだけ気づきのお手伝いができるかですね。

     まったく関係ありません。

     

Loading Facebook Comments ...