【安保徹先生】「ステロイドはミトコンドリア機能を止めて低体温と低酸素にし炎症を抑える。病気が治ったわけではなく、生きる力を失う」

話題の出来事

最近ステロイド関連のメールが続いたので、私が信頼する安保徹先生がどのようにお考えになっているのか調べてみました。

 

ステロイドはむやみにつかわない。

「強いストレス時に、ステロイドはどのような働きをするのでしょうか。最近わかってきたことですが、ミトコンドリアの機能を止めることなのです。野生の動物が危機にさらされた時、戦うか逃げるかの緊急事態が生じます。この時必要なことが、解糖系を働かせ、瞬発力を得て危機を乗り越えることです。ステロイドはミトコンドリア機能を止め、低体温と低酸素の状態をつくり解糖系を整えます。炎症を合成ステロイドで止めるのも、ミトコンドリアの機能停止によります。病気が治ったわけではありません。むしろ、長期使用により生きる力を失うことになります。」(安保徹 病気にならない生き方 p119

 

最近のメールより。

 

「熱がなくなったので、抗生剤は終わり、気管支拡張のステロイド点滴してます。」(2017年1月20日 11:34)

「先生、(体内酸素)87パーセントに呼吸が落ちたので、肺を柔らかくして、体内に酸素入れてもらえたら、お願いします。」( 2017年1月23日 12:54)

 

ステロイドを点滴したら低酸素になるのは当たり前じゃ!

 

「1月7日に、激しい咳のため病院へ行き、そのまま入院。しばらくは咳き込みがひどく、夜も満足に眠れないほどでした。この日から、点滴に強いステロイドと、抗生物質を投薬しています。」( 2017年1月24日 13:08)

 

ステロイドは免疫抑制剤です。

腸内細菌が免疫の最前線であり、抗生剤で腸内細菌を殺すと、免疫機能が失われます。

免疫を下げたら咳はよくなりませんよね?

特に子供はステロイドによって成長障害になります。(山口大学医学部小児科学教授古川漸さん)

また昨夜メールをいただいた方は、

「・・・
病院へ行くと、腕に覚えありのドクターに、最初のうちこそ興味を持たれますが、
さんざん検査をし、大量の薬物を使っても、治療効果がなく悪化が目に見える様になると詐病
扱いされ、心療内科に回されそうになり、ゴミのように捨てられ(笑)← ほんとですよ。
門前払いや医療ジプシーを、嫌になる程繰り返して、長い間ボロボロの状態でした。
既存の薬が、副作用こそ現れど、全く効果がない状態でした。
(薬というのは、毒をうすーくうすーく伸ばして薬理作用を狙っただけのものなのですよね)
(うすーい毒を大量に使ったなら、それはただの毒でしかないわけで)
しかも、困ったときの万能薬、ステロイドを使うと呼吸困難が悪化する、という困った体質で、それを信用できないドクターに、こっそり(ブラインド)ステロイドを使われてしまうので、呼吸困難で何度もチアノーゼに陥り、死にかけています。」(2017年1月24日 0:46)

 

 死にかけた人までいます!

 

 ステロイドはミトコンドリア機能を止め、体を低体温と低酸素の状態にします病気が治ったわけではありません。免疫抑制剤であり、むしろ、長期使用により生きる力を失うことになります。(安保徹先生)

 免疫を抑制するのじゃなくて「医師も勧める【カントン海水】飲料の方法「お湯500mlで小さじ1杯」」で、地球最強の免疫を手に入れよう!

コメント

  1. 匿名 より:

    糖尿病の為に皮膚炎をおこしやすく、ステロイドを使用しています。特に背中全体に塗るのですが、夜、ベッドに入ると寒気がしていました。
    これを読んで納得です❗

  2. 榎本 榎本 より:

    寒気ですか!
    低体温にして一時的に炎症を抑えているだけですからね。
    低体温は免疫を下げます。まぁステロイドが、免疫抑制剤であることはネットでどこにでも書いてあります。

    大事な免疫を抑制し続けたらよくないです。

    ぜひステロイドからの脱出を!

  3. planet より:

    脱ステロイドで娘を治した経過をサイトアップしているものです。
    薬の一覧画像頂戴したく書いております。 娘は3歳のときステロイドを抜きましたが風邪の折「ステロイド吸入」はしておりました。↑ の文面を読んでいて、他の子は背が高いのに 一人小さいのは成長阻害か?と思いました。
    FBでは「放置して風呂に入らず治す方法」でキレイになったと書いている方も・・・
    未だほんとうの意味での解決策がないですね。 おいといください。

    • 榎本 より:

      3歳の娘さんでしたか、ステロイド抜きができてよかったですね。
      欧米では9歳以下はステロイドは使わないそうです。

  4. 匿名希望 より:

    彼の死の後、ステロイド薬の存在を知り、抗がん剤治療と症状が一緒の様でした。ビタミンC投与と一日三度の尿酸値を下げる薬と3週間ごとの抗がん剤投与とちょうど2ヶ月間の治療の弱っていく姿と最後の2日間で吐血の激変度が信じられなくて。
    残酷ですが、絶対抗がん剤投与とステロイドは避けるべきに感じます。

  5. 榎本 より:

    彼氏さんが!

    ステロイドは免疫抑制剤ですからね。
    癌などの時は、何より強い免疫が必要ですよね!

    どうして病気の時に免疫抑制剤を体に入れるのか・・・

  6. 元気印がん友の会(希望の扉)谷本光隆 より:

    ガンの支援活動を行っています。特定のものを薦めるつもりはありませんが、特に効果のある事は皆さんに知ってもらおうと思いました。まずガンを克服するなら、ガンの原因に対する根本治療の考えを基本とすべきです。ガンは食事やストレスにより代謝不良・酸性体質の体になっています。酸素が行きわたらず・低体温となった細胞が生き延びるために酸素と体温の要らない解糖系の細胞に変質したそれがガン細胞です。カビ対策、ハエ対策に、より強力な薬を開発し使ったいるのが、抗癌剤治療の世界。湿気を除去し・ウジの湧かないように日光に良く充てると、薬は全く使わずにカビもハエも根絶出来ますね。ガンも同じ考え方で、熱を与えること・酸素を与えることが根本。少し紐解いて食事療法によって代謝を改善・酸性体質を改善、血流を作る運動、意識を変えることにより血流も血液の質も変えるなどの”がん体質を正常化することが基本となります。進行ガンであろうともこれでよくなりますが、もっと進んでいる場合は、温熱療法が効果的と思います。三井式温熱器などが今まで使われてきています。最近私達が使っているのがマイクロ波治療です。これもガンの弱点である熱を加えることによってガン細胞が出している新生血管を破壊し、熱の行き場のなくなったガン細胞はどんどん温度が上がり死んでしまいます。正常細胞の血管はもろくないのでダメージは全くなく治療することができます。また正常細胞は適度な熱エネルギーが入ることにより活性化されミトコンドリアが活発に働き、近くのガン細胞にアポトーシス(自殺)を促すよう働くと言われています。効果も良い結果が続々と出ています。腎臓ガン肺転移の方が生還、膀胱ガン手術不能の方が抗癌剤を使わずゴルフボール大のガンが消滅など。マイクロ波の偉力だけに依存しないよう基本治療をしっかり行うことを薦めます。アトピーについてですが、私自身が顔が痒くなる悩みを持っていたのですが、ガン治療目的で購入した家庭用陶板浴をしていると何故かぜんそく気味の症状と顔の痒みが消える効果が有ることが分かりました。重いアトピーの方にどの程度役立つかはわかりませんが、良くなる方向性を示している思います(参考までに)

Loading Facebook Comments ...

最近のコメント