【毒親】親のおかしさに気づいても抜け出せない時

親が毒親で子供が親のおかしさに気づいても自分にお金も職もなく金銭的な事情で離れられなかったりそしてこれが一番問題ですがエネルギーを搾取されてる側が(主に子供の方が)精神エネルギーを親に吸い取られすぎて、それが当たり前だと勘違いしておかしいと気付く事すらできず逃げ出せない負のループ・・・
おまけに何かをちょっと発言する勇気すら奪い取られて・・・
そしてそんな親に感謝なんか到底できないと思います

榎本さんはそう言う感じの意見で「それがどうした人間は皆不完全だ」と根性論的な意見を述べてますがやはり幾ら量子力学の多次元世界だで根性論だけじゃどうにもならない事が多々あるし障害は障害と分かった方がいいと思いますが如何ですか?
そしてそういう場合でもなにかいい方法があるんでしょうかね?
(過去世のカルマがーと言うのはなるべく無しの方向でお願いします)

娘の就職先や仕事もっとアレだと恋人や結婚相手にいちいちケチつけたりする親っているじゃないですか?
(例:「あんた本当にそこでいいの?もっと他にいいのあるんじゃない?」「こういう人と付き合いなさい、こんな男はダメだ」等)
そりゃ今はブラック企業だらけでDV&モラハラ野郎に引っかからない程度になら必要かもしれません
(今までそれが問題にならなかっただけと言うのもありますが)
しかしそれが行き過ぎて好きな仕事に就けなかったり好きな人と結婚できず悲しい思いをする人が(特に女性が)未だにいるそうです

・・・

自分はいかにしてそこから抜け出せるのか!?と・・・
どうかそう言う人達のためにもご教授願えないでしょうか?

不適切な文明は滅びる

ひとつ言えることはその文明が必ずしも適切ではない場合は多々あります。

社会や家族、政治などの構造ですね。

それがずっと不適切で改善されなかった場合どうなるか。

滅びます。

そういうことは別に珍しいことじゃないんですよ。

私は現在の地球も現在の社会も非常に危ういと思っています。

例えば、1989年から2005年までのたった15年間に精子の数は3分の1に減少しています。

これはフランスの研究ですが、フランスは遺伝子組み換えを禁止し、有機農業にも力を入れている農業国です。それでこれです。

このままの傾向が続けば人類は2060年頃には生殖能力を失うと予想されています。

精子ひとつでこれだけですが、家庭、社会、財政、環境・・・問題は山積です。

私はこのままの社会が永続するとはとても思っていません。

何らかの転換、リセットは不可避でしょう。

社会にも変わって欲しいですよ。

親にも変わって欲しいですよ。

しかし、親を変えたり社会を変えることは大変なんですよ。

そんなことを待っていられないのです。

自分のことは自分でなんとかするしかない。

自分のことは自分でなんとかできるんです。

変わらなかったらどうなるのか、最終的に不適切な社会は滅亡します。

私は社会全体として、行き詰まりの方向に進んでいると思っていますよ。

今の社会がどうやって永続するのか合理的に説明できる人がいたら聞いてみたいですよ(笑)

いい芽はたくさんある

しかし、一方でいい芽はたくさんある。

私が住んでる大分でもオーガニックマーケットとかが盛んになってきた。

都会に住んでた人が、引っ越してきて、楽しそうに畑耕したりパン焼いたりしている。

技術的にも素晴らしもの、いいものはたくさんあります。

私は永続しない部分は滅んでいくが、いい芽もたくさんあるので、そういう部分が育っていくので、何も問題ないと考えています。

じゃあ滅ぶ側と、育っていく側どう選ぶのか?

それぞれが自分で選ぶしかない。

「親が毒親で子供が親のおかしさに気づいても自分にお金も職もなく金銭的な事情で離れられない」人はまずは生活保護を受けて、親から離れて、態勢を立て直したらいかがでしょう。

今はまだ生活保護が機能しています。

年金破たん、財政破たん時にはどうなるかわかりません。

子供が小さい時は、やはり周りが気づいてあげるしかないですね。

祖父母とかが引き取ってあげるとか。

あとは児童相談所ですね。

反抗期は成長に必要不可欠な正常な過程

私が小学校高学年の時でした。

ある日親父にこっぴどく怒られたことがあります。

土間に立たされて。

何が理由だったか覚えていませんけどね。

それで親父が「これはお前のために言っているだ!」と言ったんですよ。

そしたら私は「違う!機嫌が悪いから八つ当たりしているだけだ!」と言ったんです。

その親父が一瞬たじろいだのがわかった。

その後「何をなまいきな!」とめちゃくちゃ怒られましたけどね。

私は子供ながらに、同じことをしても日によって親父の反応が違うことに気づいたんです。

で、これは私に原因があるのではない。親父の虫の居所に原因があると見抜いたのです。

親の原因で、子供に八つ当たりしていることがよくあります。

そういう状況でも甘受しなさいともちろん言えないし、どんな状況でも親に感謝しろとはとてもいえません。

私も反抗しました。

反抗することをおすすめします!(笑)

親も不完全です。

「あなたが機嫌が悪いから八つ当たりしているだけだ!」とはっきり言った方がいい。

私は何が何でも親とか学校とか権威に反発しなさいと言っているんじゃありませんよ。

そして、自分がそれによって、著しいとばっちりを受けているなら、はっきり「NO」と言った方がいい。

そういうことはしないでくれと!

こういう場面でちゃんと「NO」と言わないと、エスカレートするんですよ。

これは夫婦でも、友達でもどの関係でも同じです。

理不尽だなと思ったら「そんな扱いをされるのは嫌だ!」「これは不当な扱いだ!」とはっきり言うことです。

反抗期は成長に必要不可欠な正常な過程です。

どんな状況であれ、そこに自分がいるということは、必ず自分に改善できる

>過去世のカルマがーと言うのはなるべく無しの方向でお願いします

ということですが、「類は友を呼ぶ」というのは宇宙の原則のひとつです。

何かその親に縁がなければ、その親の元に生まれることはできません。

そして、どんな状況であれ、そこに自分がいるということは、必ず自分に改善することができるからです。

私が見るところ、最も偉大な魂というのは非常に困難な時代に困難な状況の中で生まれてきます。

順風満帆で何の生活の心配もない変化もないというのは、実は魂の成長にとってまったく役に立たないのです。

むしろ、社会がそういう固定的安定的なものになったら、変化が起こり、自然はそういう社会を崩していきます。

自ら変化していくか、変化させられるか2つにひとつです。

「変化しない」という選択肢はこの宇宙には存在しません。

不可能と思える状況にチャレンジするから道が拓ける

社会は変わらなくても、親は変われなくても

自分自身が「何とかなる」と思えば奇跡的な救済もありえます。

実際もう「奇跡的な救済」しか方法はないという状況も多々見受けられます。

「奇跡的な救済」とは何なのか?

それが次元上昇することなのですよ。

それは不可能と思える状況にチャレンジするから与えられるのです。

その可能性なら誰にでもあります。

自分で諦めるなど、救うのが難しい場合は、二次遭難を防ぐのが最善の選択肢

しかし、自分自身で自分を諦めてしまった人をどう救っていいのか私にはわかりません。

それは川でおぼれようと、海でおぼれようと、山で遭難しようと、自分で諦めてしまった人を救うことは非常に難しいのです。

少なくとも必死に助けを求めないと難しい。

そして、自分で諦めるなど、救うのが難しい場合は、二次遭難を防ぐのが最善の選択肢になります。

見込みがない人に引きずり込まれて、まだ可能性がある人までダメになるのが一番まずい行動です。

あなたには可能性がある、チャレンジしてみたらどうかと言い続けるだけですね。

「自分には無理です」というならその人には無理なのです。

それがその人の選んだ現実ですから。

肉体を離れてライフレビューの時に「ああ、あの時もう無理と思ったことが致命的になったんだな」と理解し、次はその反省を踏まえて、「絶対にあきらめないぞ!」と思って転生してくるのです。

ですからどうせ同じなんだから、「今」あきらめずチャレンジしなくちゃいけない。

今、この行き詰まった時代というのは、火事場の馬鹿力で次元上昇した能力を開花させるために、与えられている

今生であきらめてしまった人も、実は魂は永遠であり、無限にチャンスはありますから何も心配することはないのです。

しかし、私は今チャレンジすることをお勧めします。

「求めよ。されば与えられん」というのは本当なのです。

絶体絶命の火事場で、重い家具に挟まれた子供を救い出すために、か弱い母親に自分でもどうやったかわからないような力を与えるのです。

しかし、それは絶対なんとかする!と思ったからできたのです。

その母親が「私には無理」と思ったらそういう力は出ないのです。

今、この行き詰まった時代というのは、火事場の馬鹿力で次元上昇した能力を開花させるために、与えられているのです。

この行き詰まりの時代、不可能に思える時代にチャレンジした人が次元上昇し、次代を作っていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【毒親】親のおかしさに気づいても抜け出せない時』へのコメント

  1. 名前:カナメ 投稿日:2017/08/17(木) 20:22:19 ID:07758765f 返信

    こちらの質問も丁寧に記事でご回答頂き誠にありがとうございます!
    ここまでして頂けると何かお礼をこちらもしなければならないのかな~なんて思っている次第です!
    が、こんな質問をするくらいなので榎本さんが望む事や喜ぶ様な事は
    できないかもしれません、すいません(´-ω-`)

    P.S
    所で私からのメールは届きましたか?

  2. 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/08/17(木) 20:56:33 ID:0e77749e6 返信

    メール届いていますよ。

    >でも本当に何で人によって感じ方がこんなにも違うんでしょうね?榎本さんは
    >「みんなちがってみんないい」とは言いますがこういう風に真理に反するのは勿論
    >人を返って怖がらせるようなことは言っちゃいけないと思うんですよ
    >人を惑わして自暴自棄にさせて返って周波数を下げてしまいますから。

    まずですね。人があれこれ言うのは止められないんですよ。
    ですから、常にそういう人が存在するという前提で生きていく必要があります。

    このバラエティー豊かな世界では、自分で情報を取捨選択する必要があります。

    そして情報も含めて、すべて「類は友を呼ぶ」引き寄せの法則が働いていますから、自分の波長にあった情報しか呼び寄せないので、何も問題ないのです。

    もし何かマイナスの情報を引き寄せたらな自分の中にマイナスがあるってことです。
    それに気づけてよかったと思います。

    また情報識別眼も養えます。

    いずれにしても人々の進化を助けてくれているんですよ。

    まぁ簡単に言えば、パッと見てこれは自分が求めている情報ではないなと判断し、見ないことです。

    見てもしょうがないからですよ(笑)

    ちなみにリンクの貼ってあったアドレスはどれも開きもしませんでした。
    タイトルを読めば見るべきものは何もないとわかるからです。

    自分の人生は自分で創造します。

    そのための第一歩は自分の幸せにつながる情報「だけ」を選ぶことです。

    これ以外の情報は自分にとっては「ゴミ」ですよ。

  3. 名前:カナメ 投稿日:2017/08/20(日) 01:36:51 ID:580214ea1 返信

    こんばんは突然ですが私も「奇跡的な救済」の次元上昇による奇跡をもう頼るしかない者の1人ですね
    しかし「何とかなる」って頭で考えても周りとか状況が絶望的だとそう思う事すら難しいかもしれません
    >それは不可能と思える状況にチャレンジするから与えられるのです。
    けどそれが乗り越えられず最悪の場合、自殺してしまう人もいます
    そんな最悪のケースは何としても避けなければなりません!
    だから次元上昇できる方法を教えていただけないでしょうか!?私を含めたそう言う人達の為にも。
    どうかよろしくお願いします!

  4. 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/08/20(日) 02:28:40 ID:2fd408817 返信

    >しかし「何とかなる」って頭で考えても周りとか状況が絶望的だとそう思う事すら難しいかもしれません

    こちらの記事のサーロー節子さんのように、
    http://dailyrootsfinder.com/setsuko-thurlow/
    原爆で吹き飛ばされ、崩れた建物の下敷きになり、真っ暗ななか身動きもとれず、火が回って「このまま死ぬんだな」と思ったような状況のより周りや状況は絶望できでないと思いますよ。

    最終的には、「周りの状況」がよくないからと言っていると、どうにもならない状況はたくさんあるのです。
    「周りの状況」がどうであれ、自分がよくするのです。

    もし、周囲に自分の邪魔をする人がいるなら静かに立ち去るだけです。

    静かに立ち去れないなら、どうしたら立ち去れるかということから考えます。

    「私には無理」と思う人は無理ですし、「なんとかなる」と思えば、思い続ければ道が拓けます。
     
     ただ、まぁ一時的に八方塞がりのように見え、どうにもならないように見える状況があるのは知っていますよ。

     しかし、それもやはりただ、そう見えるだけで、決して解決策がないわけではないのです。

    >けどそれが乗り越えられず最悪の場合、自殺してしまう人もいます。

    その通りですね。
    日本では遺書などがあり、「自殺」として統計が出るだけで3万人。病死や事故死扱いも含めると1年間に10万人以上自殺されています。

     毎年地方都市ひとつが消える人数ですよ。

    こちらの「生きるのに疲れた」「生きるのがつらい」「消えてしまいたい」と思ってしまう方へ
    http://dailyrootsfinder.com/ikiru/
    も結構読まれています。

     おひとりでも思いとどまっていただければと思って書きました。

    >だから次元上昇できる方法を教えていただけないでしょうか!?私を含めたそう言う人達の為にも。

     次元上昇とは見方を変えることなんですよ。
     見方の次元が変わることです。

     例えば平面の迷路の中に入ると出口がわかりませんよね。

     しかし高いところから見ると簡単に出口がわかります。

     それが次元上昇です。

     具体的には、
     健康によい食生活をする。いい水を取る。適度な運動をする。
     明るい思考の情報にたくさんふれる。
     そして、自分の思考を今よりひとつ明るいものに切り替えていくことです。
     それを一歩一歩繰り返すことです。

     日々のそういうことの繰り返しが、自分の人生を変えていくのです。

     毎日する小さな決断のひとつひとつをよりよいものにすることです。
     
     そして、それを生きることです。

     それは今どん底にいる人ほど、やりやすいのです。

     これ以上悪くなりようがないですからね!(笑)
     
     そのような「より明るい思考」をひとつひとつ採用し、自分のものにすることなのです。

     突き詰めれば、人生というのは自分が何を選ぶか、何を決断するか、
    その連続でできているのです。

     それをひとつひとつよりよい選択、よりよい決断をしていくのです。

     ひとつのいい方法は、自分よりも「より明るい思考」の人とつき合うことです。

     そうすると「感化」されますから、上昇のピッチが早くなります。

     自分ひとりだど、同じ地点をぐるぐる回ってしまいがちですけど、そういう人は

     「何つまんないこと言ってんの、はははっ!」と笑い飛ばしてくれます。

     「あっ これってどうでもいいとなんだ」と気づけます。

     それがとてもいいんですよ。

     どこかのサークルに参加するのもいいですね。

Loading Facebook Comments ...