伝授者に必要なことは、まず「自然の力」をしっかり理解することです

 一昨日(2016年1月17日)の午後7時半ころお電話いただいた、自然の力のM.Aさんへ。

 私はもう自然の力の方と誰も、私が浄化できるかどうかについて議論しません。

 私は毎日浄化して結果が出続けていますし、私から浄化の力をもらった「力の使い手」さんは現在で数十人に達しています。
 
 そのことをM.Aさんをはじめ、自然の力の人が認めなくても、私はまったく困りません。

 事実をわかってもらおうと今まで説明したこともありますが、自然の力の人は「おつたえ」だけが根拠です。私は毎日結果を見ています。
 
 それを認める、認めないで言い合ったところで押し問答です。
 要するに私の時間の無駄であることを悟りました。

 認めたくないなら認めなくて結構です。
 それはあなた方の問題であって私の問題ではありません。

 しかし、そのことをいまだにいちいち電話してきて説明しようとするM.Aさんのような方がいると大変迷惑なのです。

 日曜日の夕方7時半と言えば、家族団欒のひと時です。

 そういう大切な時間を、くだらない押し問答に費やすほど私は暇ではありません。

 ですから、「その件ならメールください。」と言って電話を切ったのです。

 メールならこちらの都合のいい時に返事が書けますからね。

 ブログにも書きましたが、私の自然の力時代の最大の後悔は、以下のことです。

「それは忘れもしない「あの事件」からだ。
私は本人とそのお母さんから直接相談を受けた。
何年も前にやめた20歳前後のかわいい女性伝授者さんだ。(当時未成年ではなかったか)南先生に「伝授が切れている。(南先生と)セックスしないと伝授が戻らない。」と言わたそうだ。
自然の力の伝授者にとって、伝授は実の母が息子を「裏切り者」呼ばわりしてでも守りたい大切なものだ。
伝授者の命ともいえる。

その大事な伝授を戻すため、南先生とのセックスに応じたという。
それが何度も続き、嫌で嫌でしょうがなく、自然の力をやめたという。

その子は「新興宗教のスケベ教祖と何が違うのか」と吐き捨てるように私に言った。」

 引退後も、このご本人ともお母様とも私は連絡を取りあっています。

 私は本当にこのことに憤りました。
 私はそれまで自然の力は100%信頼していましたが、私の中でその信頼が音を立てて崩れていきました。

 2、3ヶ月はこのことを天光地の体験会でみんなの前で話して、私も引退するつもりでした。
 第2日曜日の朝には、そう思ってでかけたものです。

 しかし私もあなた同様、自然の力を引退したら浄化ができなくなると思っていました。

 当時から多くの人を浄化していましたので、まぁ多少のことは目をつぶろう(あるいはまだ自分が理解できないことがあるのではないか)と考え、去年の9月までずるずるとやってきたのです。

 南さんが「世界中全員から魂がなくなった」と言って、多くの人が魂を作ってもらってお礼したことを覚えておられるでしょう。
 その後去年、南さんは「誰の魂も消えてなかった」と言ったのです。
 
 私はそれを両方直接聞いています。

 近年は、そんな矛盾が本当に多くなりました。

 しかし私は言葉を大切にする人なので、質問するわけです。

 「今の内容は、以前○○と言われたことと違いますが、どちらが正しいのでしょう?」

 私は真実を知りたいだけです。

 南さんは何と答えたと思いますか?

 「そういうことを指摘すると伝授が切れる」です。

 おそらく南さんは自分が以前何を言ったか覚えていないのだと思います。
 
 だからそのことを指摘されても答えようがないのです。

 以前は違いましたよ。

 南さん自身が忘れるような以前の言葉と、数年後の言葉の内容がぴたっと辻褄があいました。
 「そういうことだったのか!」ということが後々わかることがよくありました。無限の力時代ですね。

 内容に整合性があり、理性で考えても納得できるものばかりでした。

 その頃は南さんは、守護霊の高いとこにアクセスでき、情報を得ていたのだと思います。
 そのくらい見事なものでした。

 ところが近年ときたら・・・

 まぁ私はその矛盾を直接理解できる立場にいましたからね。

 Aさんがそのことを理解できないからと言って、私は責めません。
 
 そんな理解で「私を裏切り者認定」しようと、私はAさんを責めません。

 Aさんが私ほど、自然の力の実情を理解できないからと言ってそれは無理からぬことです。

 だから自然の力に残って、自分が納得いくまでやればいいのです。

 どうぞそうなさってください。

 しかし、Aさんがその理解力で私に説得しようと電話をしてくると話しは違ってくるわけです。

 はっきり言って迷惑なわけです。

 そんなAさんであっても、メールなら私の時間のある時に、あなたのために私が経験し知っていることを伝えるために時間を使いましょうと言っているのです。

 どうか自然の力をしっかりやって理解してください。その矛盾を理解し、私同様「もうついていけない」と思ったら、いつでもお電話ください。

 私がAさんに対してどんな貢献ができるか、「力の使い手」がどんなものか、どんな結果が出ているのか、私は楽しくワクワクしながらお話しするでしょう。

 そういう意味で私はAさんを含む自然の力の伝授者さん全員に対して、愛を送っています。

 私はマザーテレサの

「People are unreasonable, illogical, and self-centered,
LOVE THEM ANYWAY
人は不合理、非論理、利己的です
それでもなお、人を愛しなさい」

 という言葉の意味を学んだのです。

 ですから、あなたが私ほど、自然の力を知らず、その無知ゆえに、不合理で辻褄の合わないことを言い、私を「裏切り者認定」しても、あなたを責める気にはなりません。

 しかし、あなたの無知ゆえの言動に、これ以上お付き合いすることもできません。

 どうぞご理解ください。

 あなたに必要なことは、まず「自然の力」をしっかり理解することです。

 Aさんが知性をもって自然の力を理解されますように。

シェアする

フォローする

Loading Facebook Comments ...