【榎本姓の由来メモ】日本最大の悲恋は榎本のご祖先狭手彦(さでひこ)と佐用姫(さよひめ)

私(榎本)は広島出身なのだが、菩提寺に残る過去帳により、江戸時代初期に紀州和歌山から広島(安芸)に入ったことがわかっている。

関ヶ原(1600年)後、甲斐国主であった浅野幸長(あさの よしなが)に紀州が与えられたが、わずか1619年には浅野家が安芸国・広島藩に転封されている。これに伴い、紀州にいた私のご祖先は、浅野氏について広島に移ったようだ。(その後紀州は徳川家直轄となる)

紀州熊野の神倉神社のご祭神高倉下が榎本の祖である。

映画「君の名は」でも主人公の三葉ちゃんが、口噛み酒をおさめる宮水家のご神体の岩が登場するが、

私にとってのご神体は、この神倉神社にあるゴトビキ岩である。

もともと榎本家は神倉神社の祭神のである高倉下(たかくらじ)の命の子孫であり、

「高い岩倉の下」に住む神官だったようだ。(高い倉の主(あるじ)という意味もある。)

『古事記』『日本書紀』によれば、このゴトビキ岩が、神武天皇が東征の際に訪れた天磐盾(あめのいわたて)なのである。

榎本家は、天磐盾(あめのいわたて)を通じて神に祈る神官の家系なのだ。

それで、ちょっと榎本姓の由来について調べてみた。

古事記によると、天地開闢の時、最初に天之御中主神(あめのみなかぬし)が現れ、その次に神産巣日神(かみむすび)と共に高天原に出現したとされるのが高御産巣日神(たかみむすび)という神だ。

高御産巣日神(たかみむすび)は日本書紀では高皇産霊尊(たかみむすび)と書かれている。

日本の初代天皇神武は高皇産霊尊(たかみむすび)の5代子孫

高皇産霊尊(たかみむすび)には思金神(おもいかね)と栲幡千千姫命(たくはたちぢひめ)という子がいる。

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめ=伊勢神宮皇大神宮(内宮)正宮の三神の一柱)は天照大神の子の天忍穂耳命(あめのおしほみみ)と結婚し、天火明命(あめのほのあかり)と瓊瓊杵尊(ににぎ)を生んでいる。

瓊瓊杵尊(ににぎ)は木花之開耶(このはなのさくや)姫と結婚し、火照命(海幸彦=うらしまたろう)彦火火出見尊(山幸彦)らを生んでいる。

火火出見尊(山幸彦)と豊玉姫(とよたまひめ)が結婚し、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえず)が生まれている。

鵜葺草葺不合命(うがやふきあえず)は玉依姫(たまよりひめ)と結婚し、日本の初代天皇である神武天皇が生まれた。神武天皇は高皇産霊尊(たかみむすび)の5代あとの子孫である。)

榎本氏は高皇産霊尊(たかみむすび)の22代あとの子孫

さて、こちらの姓氏類別大観によると、

その最初に高天原に出現した高皇産霊尊(たかみむすび)から15代あとに【大伴】武日(おおとも の たけひ)が登場する。

さらに【大伴】武日(おおとも の たけひ)から7代目に狭手彦(さでひこ)【榎本氏】が登場する。

つまり【榎本氏】は高天原に現れた高皇産霊尊(たかみむすび)の22代後の子孫だ。


大伴狭手彦(おおともの さでひこ)【榎本氏】

姓(かばね)は連(むらじ)。

公・君(きみ)、臣(おみ)の次の連(むらじ)だ。

連(むらじ)とは、ヤマト政権のもとで行われた姓(かばね)の一つで、臣(おみ)とともに高位の豪族が保持した称号。一定規模の社会集団を意味する「ムラ」の族長「ヌシ」とする説が有力である。(むら あるじ)。『日本書紀』等の官撰史書では、連(むらじ)姓の多くは皇室以外の神々の子孫と記述される。軍事や祭祀など特定の職能を専管する地位にあった。大伴氏や物部氏など特に有力な氏族は大連(おおむらじ)と呼ばれ、臣(おみ)の中の有力者である大臣(おおおみ)とともにヤマト政権の中枢で最高位を占め、王権を左右するほどの力をもった。)

刀をさげているが、狭手彦(さでひこ)は当時大将軍であり、朝廷の命を受け、隣国の新羅に侵略されていた朝鮮半島 の任那、百済を救援するために唐津から遠征している。

嵯峨天皇編纂「新撰姓氏録」によると榎本は「神別」「天神」系であり、天孫降臨した際の神々の子孫。

平安時代初期の815年(弘仁6年)に、嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族名鑑「新撰姓氏録」には全部で1182氏姓が記録されており、その出自により「皇別」・「神別」・「諸蕃」に3分類されている。

「皇別」(神武天皇以降、天皇家から分かれた335氏族)

「神別」(神武天皇以前の神代に別れた、あるいは生じた404氏族)

「諸蕃」(渡来人系の氏族で、秦、大蔵など326氏族)

榎本姓は「神別」の404氏族のひとつである。「神別」は次の3つに分類される。

「天神」天孫降臨した際に付き随った神々の子孫

「天孫」瓊瓊杵尊(ににぎ)から3代の間に分かれた子孫

「地祇」天孫降臨以前から土着していた神々の子孫

榎本姓は「神別」「天神」系であり、天孫降臨した際の神々の子孫なのである。

榎本氏と空海は親戚

ちなみに【榎本氏】の一代上から別れた平曽古【佐伯氏】の6代後に空海が生まれている。

空海は、高皇産霊尊(たかみむすび)の27代後の子孫だ。

ということで、榎本氏と空海は親戚筋であることが判明した。

まぁだから私も空海に親近感を覚えるのかも(笑)

まぁ何というか、神官の家系というか、真理の探究系の家系ということでふたりとも同じ、高皇産霊尊(たかみむすび)の血が流れているのだった。

ちなみに『古事記』、『日本書紀』によれば、神武天皇は東征中、熊野で悪神の毒気により倒れたが、高倉下が霊剣をもたらすと覚醒した。

日本の初代神武天皇に霊剣「布都御魂」(ふつのみたま)をもたらしたのは、榎本のご祖先、高倉下(たかくらじ)だ。

日本で最初に浄化して、初代神武天皇を助けたのは榎本のご祖先、高倉下(たかくらじ)なのである。(笑)

榎本家は始祖より代々神に人々の弥栄を祈る家系であったが、今生の私もいつの間にかこの性質が活性化したようだ。

私は祝詞や儀式はいっさいやらないが、やっていることの本質はまったく同じである。

以前属していたところでは、全員が浄化できなくなっても私だけは浄化できていたが、榎本家のこうした血筋が影響しているのかもしれない。

日本最大の悲恋は狭手彦(さでひこ)【榎本氏】と弁財天のモデル佐用姫(さよひめ)

こちらの唐津観光協会のページによると、狭手彦(さでひこ)【榎本氏】は弁財天のモデル佐用姫(さよひめ)と恋をしている。

 宣化天皇二年(537年)、朝廷の命を受け、隣国の新羅に侵略されていた朝鮮半島 の任那、百済を救援するための兵を率いて唐津へとやってきた大伴狭手彦(おおとも のさでひこ)は、出陣のための軍船の建造や準備の為にしばらくここ唐津に留まり、その際、篠原長者の館に滞在することにしました。篠原長者には、佐用姫というとても美しい娘がおり、佐用姫が挟手彦の身の回りの世話をするうち、二人はお互い惹か れ合って恋仲となり、やがては夫婦の契りを結びました。

やがて軍船は出来上がり、いよいよ船出の日となりました。別れのとき、挟手彦は 佐用姫に「これを私と思って待っていて欲しい」と言って、銅の鏡を手渡しました。

そして、狭手彦の乗った船は松浦の港を出港。佐用姫は玄界灘を見渡す山(鏡山:唐 津市浜玉町~鏡)に登り、遠ざかり行く狭手彦の船に領巾(ひれ)を振りつづけました。(この山は別名、領巾振山と呼ばれるようになりました)

船が遠ざかるにつれ、狭手彦を慕うあまり船を追って山を駆け下りた佐用姫は、栗川 (唐津市久里(くり)、松浦川)を一気に渡り、川岸の岩(佐用姫岩:唐津市和 多田)に飛び移りました。しかしその時、狭手彦からもらった大事な銅の鏡の緒が切れ、鏡は川に落ち川底深く沈んでしまいました。(このあたりは「鏡の渡り」と呼ば れていました)

しかし佐用姫は、遠ざかる船をさらに追い、途中、川で濡れた衣を乾かし(衣干山: 唐津市西唐津)、呼子の浦まで追いかけ、最後に加部島の天童山に登って船の影を探 します。しかし海原にはすでにその姿は見えず、佐用姫は悲しみのあまり七日七晩泣 き明かし、とうとう石になってしまいました。

万葉集にも山上憶良によって「松浦(まつら)県(がた)佐用姫(さよひめ)の故か領巾(ひれ)振りし山の名のみや聞きつつ居(を)らむ」などと詠まれている。

佐用姫(さよひめ)物語は日本三大悲恋であり、あとの二つは竹取物語と羽衣物語であり、史実ではない。

ということで、榎本のご祖先、狭手彦(さでひこ)は佐用姫(さよひめ)と日本最大の悲恋をしたのであった。

こういう惚れっぽいところもご祖先に似たのかも*^^*

ということで、榎本姓の由来についてメモしておきました。

全国の榎本さん!ご参考に(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...