【シリア紛争の原因】戦争はحرب (ハルブ)武器 ر を捨てたらحب 愛(フッブ)に変わる❤️

日本語が上手なイスラムの実業家マウリーシ・ハーリド・ビン・アルワリードさんのツイートをたまたま見つけました。

彼はトップに以下のように書いている。

「アラビア語で戦争はحرب (ハルブ)武器 ر を捨てたらحب 愛(フッブ)に変わる❤️

武器(兵器)なんか世界中からなくなって欲しいですね。」

いいこと言うじゃん!

まともじゃん!

アラブ人も私も思いは同じだ!

なかなかイスラムの人から直接情報を受け取ることがないので彼のツイートを見てみたら、シリア紛争の原因について言及してあった。

「シリアを経由する天然ガスパイプライン計画。イラン〜イラク〜シリアを通るイスラミックガスパイプライン構想が明らかになってから、シリアの混乱がドロ沼に陥ったと思うのだが…気のせいか?」

何が起こっているのか。

日本に例えれば、「わずか4年の内に日本の全人口の1%にあたる130万人が殺され、全人口の6分の1にあたる2000万人以上が国外で難民となり、4000万人が国内避難民となる事態を。そして、日本のほとんどの地域で近隣諸国の支援を受けた各派による戦いが継続し、東京にすら迫撃砲の砲弾が毎日のように降り注ぐような情景。」

シリアでの犠牲者は23万人を数えるほどです。近隣国に避難したシリア難民は正式に登録された者だけでも400万人を越えました。シリア国内では760万人が国内避難民となっています。人口2250万人ほどのシリアは“戦争”の只中にあるのです。」

なんでこうなるの?

シリア「内戦」ということになっているが、アサド大統領は2014年6月5日、投票率が73%に達した選挙で、88.7%を得票して、3期目続投を決めている。

日本では考えられないような得票率であり、支持率である。

国内はほぼ一枚岩と見ていい。

マウリーシ・ハーリド・ビン・アルワリードさんのツイートによると、

「戦争が起きる1年前のアレッポのスークの様子。活気に満ち溢れていました。商人も潤っていたでしょうね。さすがはネクストフロンティア市場と言われるだけのことはあると思いました。この後、何者かによって破壊の限りを尽くされましたが。」

みんなのどかにやっていた。

「シリアのバスの中から見えた日産のショールーム。圧政で国民が苦しみ、経済発展の可能性がない国には進出しないですよね。ボルボや韓国メーカーのショールームもありましたよ。」

それはその通り。投票率が73%、得票率88.7%が捏造されるような政権なら、北朝鮮のような政権なら、とてもじゃないが日産は進出できないし、しないでしょう。

「シリア内戦」の構図を見ると、

現アサド政権を支持する国々はイラン、レバノンのヒズボラ武装組織、ロシア、中国となっている。国民も圧倒的に現政権を支持している。

対する反政府軍(自由シリア軍)を支援するのは、アメリカ(欧米)、トルコ、イスラエル、カタール、サウジアラビアとなっている。

だいたいですよ!

9割近い国民が支持している政権に反している人たちをなんでアメリカ、トルコ、イスラエル、カタール、サウジアラビアが支援する必要があるわけよ!いらん世話でしょ。

その大儀は何か

「イスラム国」がシリアで悪さをしているから、「イスラム国」を空爆するという名目だったが、シリアの一般市民に「誤爆」ばかりやっているわけです。

しかしその「イスラム国」を作ったのはアメリカ自身、ヒラリークリントンとオバマであると、次期大統領のトランプが暴露しているのだ。

結局、アメリカが自分で理由を作って、自分で空爆(誤爆)を繰り返してきたのだ。

なんでシリアでわざわざそんなことをするのか。

それを説明するのが先の図なのである。

2011年7月シリア、イラン、イラクがイラン産の天然ガスをヨーロッパへ運ぶための「イスラムパイプライン」上図の赤い線の建設に合意した。

この計画が気に入らない人たちがちょうど青いパイプラインが合流する要衝のシリアを支配するために起こしたのが「シリア紛争」なのである。

現青いパイプラインは現在稼動している。カタールの天然ガスを米軍基地のある親米国サウジアラビアとトルコを経由してヨーロッパに輸送している。

ロシアがバックアップする赤いパイプラインが稼動すると、この独占支配権が崩れる。

だから、「シリア、イラン、ロシアら」と、「アメリカ、トルコ、カタール、サウジアラビアら」が対立しているのだ。

しかしだ。

どこの国が他国と同意してどうパイプラインを敷設しようとその国のまったく自由な経済行為じゃないか。

それが自分たちの利益をそこなうからと戦争を仕掛けているのが、大手石油メジャーを擁するアメリカが主導したこの戦争なのだ。

さすがに、直接戦争すると露骨過ぎるので、シリアの反政府軍を支援することで、裏から現シリア政府を倒し、親米政権を樹立させようとしているのである。

ただ単に自分たちの金銭的利益のために。

その自分たちの金銭的利益のために、シリア人口2250万人の100人に一人以上の23万人が死に、国民の半数以上の1000万人以上が難民となっているのだ。

そんなことってあるか!

彼らが怒るのは無理はないじゃないか。

こうしてシリアでは今もたくさんの「すずちゃん」たちが生み出されている。

イスラム国を作りこの紛争を主導したヒラリー・クリントンが大資本に支配されたマスコミ一押しだったにも関わらず、次期大統領にならなかっただけでも、シリアのみなさんにとってとてもよかったと私は思うわけです。

私たちに直接できることはそう多くないかもしれないが、せめてこの構図を頭に入れておきたい。

私たち日本の第二次世界大戦もABCD包囲網による石油資源の枯渇に端を発しているのだから。

すずちゃんの悲劇も今のシリア悲劇も、原因は同じなのである。

金銭的支配のため、独占のためのエゴのぶつかり合いに巻き込まれたのだ。

白隠は「エゴが地獄を生み出す」と言っているがまさにその通りなのだ。

いつもそうなのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. O より:

    シリア紛争のブログを見てから、戦争について考えていました。
    そして、今日は安倍総理が真珠湾を訪問しました。

    戦争をして、なんになる?
    戦争をして、私たちは幸せになる?

    あるのは、
    大切な人、愛する人を失い
    心の豊かさを失い
    悲しみ、憎しみが残るだけ
    ではないでしょうか?

    戦争と聞いて、頭に浮かぶのは「特攻隊」なのです。
    若者たちが、お国のためと自らの命を捧げました。
    彼らはどんな思いで、敵に向かっていったのだろう?と考えてしまうのです。
    本当にお国のためと思っていただろうか?

    私は思います。
    ”愛する人を守るため”
    それしかない!
    愛ほど素晴らしいものはない!

    本当は生きて帰ってきて、愛する人をギュ~ッと抱きしめたかったはずだ。
    腕は武器を持つためじゃなく、抱きしめるために使ってほしい。
    と思いました。

    『この世界の片隅に』
    こちらでは1月からの上映なので、まだ見ていませんが、見に行きたいと思っています。

  2. 榎本 より:

    特攻隊ですね。

    私も2回ほど鹿児島の知覧基地に行ったことがあります。
    彼らのたくさんの遺書を読むことができます。
    ガラスケースの上には涙のあとがたくさんあります。

    あの時「特攻を志願する者一歩前へ」と言われて、出ない選択肢はないわけです。そのために訓練を積み重ね、たいへん名誉なことと言われ、もし行かなければ家族まで死にぞこない、非国民のそしりを受けるわけです。
     彼らに一歩出ないという選択肢はありませんでした。

     ある特攻隊の教官が「俺も必ず後に続く」と約束しては教え子を送り出していました。
     この教官はいても立ってもおられず何度も出撃の嘆願書を出したのですが「お前は重要な任務があるからダメだ」と出撃命令が出ないわけです。
     夫が出撃の嘆願書を出していることを知った妻は子供たちのためにも行かないで欲しいと必死の説得を繰り返しました。
     
     しかしやがて夫の決意が固いことを悟ります。

     そして教官の妻は「私たちがいたのでは後顧の憂いになり、思う存分の活躍ができないでしょうから、一足お先に逝って待っています」と遺書を残し、3才と1才の女の子を連れて入水自殺してしまいます。

     引き上げられた妻子の遺体のそばで号泣した教官は、血書で嘆願書を出します。

     ようやく認められた彼は出撃していきました。

     みな誰かのことを思い、自分がこうするしかないと信じてやったのだと思います。

  3. より:

    彼らに「一歩出ないという選択肢はありませんでした。」

    選択肢がない…
    涙が溢れ出て止まらなくなり、しばし何も考えられませんでした。

    彼らが家族や恋人や仲間に宛てた手紙、遺書を読みました。
    また涙が止まらなくなりました。

    思いを成し遂げることができた彼らの魂は、幸せだったでしょうか?

    今の日本を見て、どのように思っているでしょうか?

  4. 榎本 より:

    >彼らに「一歩出ないという選択肢はありませんでした。」

    >選択肢がない…
    >涙が溢れ出て止まらなくなり、しばし何も考えられませんでした。

     なぜ彼らに「一歩出ないという選択肢」がなかったのか。
     それは私たち全員が、先生やエライ人たちの言うことをうのみにし、
     「神国日本は絶対に負けない」
     「鬼畜米英」
     「欲しがりません勝つまでは」
     「一億総火の玉だ」
     「名誉の戦死」
     「生き恥をさらすは末代までの恥」と誰もが思っていたからです。

     私たち全員がエライ人の言うことをうのみにし、オウム返ししていたことが、彼らの退路を絶ったのです。

     誰一人彼らに「怖かったら行かなくていいんだよ。家に戻っておいで。」と言ってくれなかったんですよ。誰一人それが言えない雰囲気を作り上げてしまいました。

     なぜそんなことになってしまったのか。

     結局私たちに知識がなかったんですよ。
     戦争というものは、武器商人たちが双方の国にお金を貸し込んで、どちらが勝っても大儲けできるビジネスだったのです。
     そして、政治家やメディアを総動員して、計画して、煽り、仕組み、起こしてきたのです。

     その構図が見えなかった。

     そしてアメリカ人もイギリス人も家庭を愛し、子供を愛するみんないい人だった。
    誰も戦争などしたくないんですよ。

     ただ私たちの無知と盲目さにつけ込まれ、金儲けに利用されてきたのです。

    >思いを成し遂げることができた彼らの魂は、幸せだったでしょうか?

     もし、その人に悪意がなく、純粋に愛から、愛する人を守りたいという気持ちから行動したのなら、大きな因果にはならないとされています。そしてバランスがとられます。

     それはその人なりの純粋な愛からの行動だったからです。
     私たちの盲目さ無知さ、五感しかない肉体に閉じ込めらた人間ゆえの未熟さは問われないのです。それは当然のことだからです。

     なにゆえにそれをしたのか。

     動機が大切なのです。

    >今の日本を見て、どのように思っているでしょうか?

     私たちは、戦争の構図を理解できるようになりました。
     アメリカ人もベトナム戦争、アフガニスタン、イランイラク戦争などを通じて「何かがおかしい」と思っていたのでしょう。メディアが一押しのヒラリー・クリントンを選びませんでした。

     もう人々を無知のままに置き、だまし続けることができなくなっています。
     
     私たちは、自分で知識を得て知り、自分のハートにきいて自分で判断するということができつつあります。

     

     とても素晴らしい時代の幕開けですよ。

     その理解は、やはり戦争を知り、このむなしさ、やりきれなさをどうしたら回避できるのかを真剣に問うことからもたらされています。

  5. O より:

    純粋な愛からの行動なら、大きな因果にはならないとわかって、ホッとしました。

    自ら命を絶ってしまったら、転生したとき同じことを繰り返してしまうのでは?と思ったからです。

    >私たちは、自分で知識を得て知り、自分のハートにきいて自分で判断するということができつつあります。

    なるほど。
    いつも自分のハートと向き合うことが大事なんですね。

  6. 榎本 より:

    >いつも自分のハートと向き合うことが大事なんですね。

    そうですね。

    ところが、この単純なことが時にとても勇気のいることなのです。

     彼らに「怖かったら行かなくていいんだよ。家に戻っておいで。」ということは、
     ただ自分のハートに向き合って、自分の素直な気持ちを伝えることは、
     時に、周囲からの石のつぶてを一身に受けなければならないことでもあるからです。

     それは大変な勇気のいることです。

     なぜ、自分のハートに素直にいることがこんなにも難しいのか?

     それは世の中が、社会全体が「みんなちがって みんないい」という簡単なことを認めてくれないからです。

     お前は間違っている、非国民だ!とみんなが批判するんですよ。

     自分のハートに従うことなどどうでもいい。あなたが与えられた基準に照らして正義がどうかが大事なんだ。それに従わないやつは非国民だとみんなが言うんです。
     そして、彼らは正義は我らにあり!と信じているんですよ。

     だからそんなつらい目にあうくらいなら、自分の頭で考え、自分のハートに素直に生きることより、長いものに巻かれること、金魚のフンであることをみなが選ぶのです。
     みんなと一緒に教えてもらった基準で「正義は我らにあり!」と叫んでいたら安心なのです。

     ところがその一番楽な金魚のフンの人生をどんなに生きても、満たされないのですよ。

     私の人生は何だったのか、虚しいのです。

     金魚のフンである間は、自分の人生などないのです。

     自分がどうありたいか、自分で考え、自分のハートに素直に生きること、それを勇気をもって表現することで、初めて自分の人生がはじまるのです。

     自分にとって何が大切か。

     それが自分のハート、自分の魂、神さまに対して恥ずかしくないなら、
     周囲が何と言おうとそれを大切にすること。

     もう金魚のフンである人生を選ばないということです。

     自分の人生の主権を取り戻したのです。

     自分の人生の主となったのです。

     そして、すべての人に対して、自分が大切にしていることと同じことを尊重すること。

     「みんなちがって みんないい」ですね。

      誰もがその当たり前のことをするだけで、争いはないし、戦争も起こらないのです。

     ただ、相手が自分自身でいることが認められないから、争いが起るのです。

     それだけです。

     私の言うことを聞け、という人がすべての混乱を起こしているのですよ。
     「みんなちがって みんないい」が認められない人です。

     でもその人の言うことを聞き、金魚のフンである楽な生き方を選んできたのも私たち自身なのです。

     しかし、もう私たちは金魚のフンの人生がイヤになっているのです。

     自分自身の人生を生きたいと望んでいるのですよ。

     多くの人が、自分の人生を自分の頭で考え、自分のハートだけに従って生きることを選びはじめています。

     受け売りではない人生、自分のオリジナルの人生です。

     それが個性なんですよ。

     その人の本当の魅力です。

     勇気をもって、それを表現しはじめています。

     素晴らしい時代ですよ。
     

Loading Facebook Comments ...