【ミュシャ】自然と女性の美しさを讃えたアール・ヌーボーの旗手

自然と女性の美しさを讃えたアール・ヌーボーの旗手、アルフォンス・ミュシャの作品を見てきた。

ミュシャ展(大分市美術館12月4日まで)

ミュシャ展(国立新美術館(六本木)2017年3月8日~6月5日)

ミュシャは、チェコの出身だ。

私たちにおなじみと言えば合唱モルダウだ。

ボヘミアぁ~の河よぉ~♪ モぉルダぁウよぉ~♪

私は低いパートを歌ったなぁ。(あなたは?)

凛として哀愁を秘めた旋律が胸にせるまのであった。

ミュシャはまぁそんな文化背景で育った。

で私はアール・ヌーボーが大好きなのだが、その本質は自然と女性性の美しさにあると思っている。

ミュシャが描く女性が美しいんですよ!これが!

ミュシャは恋の都パリで過ごしている。

パリの女性はセクシーで美しい。

でミュシャの描く女性は、モルダウと恋の都パリが一緒になったような感じなんです。

これがいいんですよ!

私が見た中で一番美しいと思ったのがこれ。

「黄昏」(たそがれ)

tasogare

美しい女性が沈む夕日に照らされているわけです。

髪をアップにした美しい女性です。

夕日のラインと腰のラインがシンクロしてて思わずはっとします。

薄い布をたぐり寄せて胸を隠しているところもいいなぁ~

肩や足のラインもリラックスしていていいんです。

顔の穏やかな表情がとってもいいんですね。

kao

この穏やかな瞳。

リラックスした口元。

沈む夕日の光を浴びてとっても気持ちよさそうじゃないですか!

これが一番のお気に入り!

次が秋桜(コスモス)

cosmos

胸のラインと腰のラインのバランスが「はっ」とするんですね。

女性というのは優美でいいなぁと思うんです。

モルダウと恋の都パリが一緒になったようなもんなんです!(笑)

その次がショコラ マッソン。

チョコレートの宣伝なんですよ。

ミュシャはレストランのメニューとか、ワインリストとかそんなのものもデザインしています。

Alfons Maria Mucha's Art Nouveau decorative paintings, advertisements and illustrations [dvdbash]

夏のひまわりと褐色の流れる髪の女性なんです。

なんかもうこんなチョコレートあったらとろけちゃますね(*^^*)

美しいわぁ

ということでこの3点は、最後にもう一度じっくり見にいったのであった!

こういう自然と女性の美しさを讃えたアール・ヌーボーがお好きなら、ぜひお出かけください。

私はこんなのだいすき!(*^^*)

他にもこんな作品があります。

Loading Facebook Comments ...