【なでしこ隊】知覧で特攻隊を見送った少女たち

特攻隊というと出撃していった若い隊員たちを思い出しますが、少女たちにも大きな負担をかけていました。

当時特攻基地のあった知覧では、数え年15歳、今の14歳、中学生の少女たちが、出撃していく隊員たちのお世話をしました。

なでしこ隊です。

特攻隊の出撃は、家族にさえ知らされませんでした。

知れば大きな抵抗を受けるからでしょう。

特攻隊というと、遠い昔のように感じますが、同時代を経験した人が今も生きています。

もし自分の子供が明日出撃することを知ったなら、平静でおられる親などいるはずがありません。

その思いに時代の違いはありません。

その大人でも耐えられない痛みを14歳の少女たちが受け止めていました。

何度も出撃して、戻って来てしまった穴澤少尉。

穴澤少尉には最愛の恋人がいました。

穴澤少尉が出撃前に恋人の千恵子さんに書いた手紙。

・・・

今更何を言ふか、と自分でも考へるが、ちよつぴり慾を言つてみたい

一、読みたい本 「万菓」「旬集」「道程」「一点鏡」「故郷」

二、観たい画 ラファエロ「聖母子像」 芳崖「悲母観音」

三、智恵子 会ひたい 話したい 無性に

今後は明るく朗らかに 自分も負けずに朗らかに笑つて征く

出撃する穴澤少尉を見送るなでしこ隊。

そして63年後、残された穴澤少尉の軍服に対面した千恵子さん。

ぜひ動画もご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...