「愛する順番」などはありません。ただ愛があるだけです。

幸せになる方法

榎本先生
質問です。

なぜか?幼い時の記憶がたくさん思い出されます。
いじめ、火事、いたずら、自殺未遂、怒られた時、海、閉じ込め、殴られた時の恐さ、人の恐さがよみがえります。

ずっと忘れていた事があまりにも溢れだし1つ1つあの時の原因は?と
思うようになり。

耳鳴りは止まらずに、自分の声が共鳴し人の声がとても聞き取りずらく
この耳鳴りにも何か原因があり
聴きたくないと忘れていた事までが
耳に響きます。

浄化を知り、愛する順番を知り
自分にも夢やなりたい自分があることを知りました。
自分で自分を浄化し
自分にあるトラウマは自分で作り出し人への恐怖心も自分で作り出している。
実はまだ人が嫌いなのかもしれないとおもい
全て自分のまえにおこる出来事は良くも悪くも自分が引き起こし。
自分に向けられた視線や行動は自分がしてきたこと。
まだまだ心の底に眠っている物があるのかもしれないと思う事があります。

以前は、自分を立て直す事ができていました。

けれど、ここの所、色んな今までの経験を奥深くまで自分に聴くと
中々立て直す事が出来ずにいます。

その場所、その時の感情が生まれて消えてを繰り返します。

自分に自分は、きちんと
見えているのか?
と思う時があります。

夢は拭いされずに
真っ暗なトンネルを出口が見えているのに出れずに足元がガタガタとなくなっていきます。

自分でなにもかも作り出しているのだから、消すこともできると思います。

なぜ今なのか?
ここに執着しているのか?

と思っています。

(この方は以前「自然の力」をされていた方です。「愛する順番」というのはその教えのひとつです。今は直接の「力の使い手」さんでもなく、浄化も受けておられませんが、ご質問をいただきました。)

まずですね。

「愛する順番」などと言うものはありません。

ただ愛があるだけです。

いわゆる「愛する順番」では祖先を自分より上に置いていますね。

イエスは両親を置いて、実家を出ています。

仏陀は両親を置いて、実家を出ています。

マザー・テレサは母と家族を置いて、実家を出ています。(父親は9歳の時に亡くなっています。)

彼等は「世間一般の人が考える祖先を大切にする人」では決してありません。

彼等はそんな順番などを気にする人ではありません。

しかし、彼等が愛の人であることに異論がないでしょう。

ですから、「愛する順番」などまったく関係ありません。

順番などどうでもいいのです。

ただ愛があるだけです。

自分を愛し、周囲を愛し、人々を愛し、自然を愛し、生活を愛し、人生を愛し・・・

自分のハートに暖かい思いがある。

愛だけで充分です。

ただそれを周囲に無条件に放射していればいいのです。

「順番」などと難しいことを考えるからわけがわからなくなるのです。

そこに両親や家族も含まれるかもしれません。

愛は無条件だからです。

しかし、それは順番などというものはありません。

イエスの父ヨセフはほとんど人々に記憶されていませんが、母マリアは人々に敬愛されています。

それはイエスの問題ではなく、母マリアの選択です。

誰もいなくなった丘で見捨てられたイエスを胸に抱くことをマリアが選んだからです。
pieta

そこにヨセフの姿はなかったのです。

だからマリアは聖母になったのですよ。

マリアは順番など気にしていません。

ただ深い愛があっただけです。

それだけです。

ただただ深い慈悲です。

それがこのミケランジェロの「ピエタ」(慈悲)です。

 

 

今の時代は、子供としてほんとうに多くの偉大な魂が転生してきています。(すごくワクワクする時代です!)

親は子供を敬愛し、子供から学んだ方がいいくらいです。

ですから順番など気にしないことです。

自分の中に暖かな愛があれば充分です。

愛というのは胸で感じる暖かさです。

フィーリングです。

しかし「順番」というのは思考なんですよ。

まず自分の胸に暖かい愛の時を思い出してみてください。

赤ちゃんの時に、安心しきっておっぱいを吸っていた時でもいいです。

胸に暖かいフィーリングがいっぱいになりましたか?

それを充分に味わってください。

さて、次に「自分の愛する順番は正しいか?」と考えてください。

胸の「愛のフィーリング」が一瞬で消えましたね。

「順番」というのは思考なんですよ。

愛は「思考」ではないんです。

ですから「愛する順番」という言葉自体が矛盾しているのです。

愛する順番などというものはないのです。

「愛」と呼ばれる暖かいまなざし、胸の暖かいフィーリングがあるか、

順番という冷たい「思考」があるか二つにひとつです。

自分の愛の「順番が正しいか」などと考え始めた瞬間に、愛は消えるのです。

本当の愛に、「順番」などありません。

愛はちょうどお日様のようなものです。

お日様が、この人をたくさん暖めようと順番を「思考」するでしょうか。

そんなことはありません。

お日様は、ただ自分自身の暖かさを周囲に無条件に放射しているだけです。

選り好みしないし、区別自体をしません。

イエスも仏陀も、マザー・テレサもそんな人です。

それが愛です。

愛は自分の胸にある暖かなフィーリングです。

ただ、それを自分の胸に感じていればいいのです。

条件を考え始めた瞬間そのフィーリングは消えますからね。

 

さて、「過去は気にすることはありません」

辛い子供時代を過ごされたようですね。

それを「自分のせい」と考えることはありません。

さまざまな時代があり、さまざまな親がいます。

いつの時代も不完全であり、どの親も不完全なのです。

ですから社会や親や周囲を責めても何の解決にもなりません。

それは本来不完全だからです。

不完全であることは何も悪いことではありません。

いえ不完全であることは素晴らしいことです。

もし、この宇宙がこの地球が、何の非の打ち所もない完璧な存在となったなら、

もはや何の改善のする余地もない存在となったなら、

その瞬間に宇宙や地球、あらゆる存在は進化を止めるからです。

なぜなら進化の余地が一切ないからです。

しかし、決して宇宙や自然や私たちは決して完璧な存在にはならないのです。

自然や宇宙、人々は常に進化していくのです。

永遠にです。

ですから、宇宙や自然、人々はある意味で永遠に不完全なのです。

なぜならどの瞬間にも常に進化の余地があるからです。

私たちは不完全であるからこそ素晴らしいのです。

 

あなたの子供時代は確かにチャレンジでした。

だからと言って、何だと言うのでしょう。

自然や人類にチャレンジがなかった瞬間など一度もなかったのです。

幼いあなたはそれにうまく対処できなかったかもしれません。

しかたありません。

人類にとってすぐにうまく対処できないテーマはたくさんあります。

だからと言って、それが何だというのでしょう。

それは「そうある」のですから、しかたないのです。

私は強いものが、弱いものを抑圧したりコントロールしようとすることを決していいことだとは思いません。

しかし、なぜ私はそれをいいことだとは思わないのでしょうか?

それを経験し、知っているからです。

あなたもそれを経験し、知りました。

その時初めて、「強いものが、弱いものを抑圧したりコントロールしようとすることを決していいことだとは思わない」という考えをもつことができるのです。

よし、私の恋愛は決してこのようなものにすまい。

私の家庭は決してこのようなものにすまい。

私の仕事は決してこのようなものにすまい。

それは自分がそういう経験をすることによって初めて「性根の入った」堅い決意になるのです。

もし、何の支配も抑圧も経験したことがない人がいたら、その人にとってはこれらのことは絵空事なんですよ。

「うん。そうね。とてもいい考えだと思うわ。私も賛成。」

でもそう言いながら、自分の実生活では、自分より弱い立場の人を抑圧したりしているのです。

しかしそのような実体験を経た人にとっては、それは絵空事でも空虚な言葉遊びでもありません。

それは自分の血肉となった経験です。

もう人には決してそのようなことはできないのです。

それは大きな愛ですよ。

あなたの周囲にいるすべての人に対する祝福です。

その自分に大きな愛をもたらした過去の経験を祝福してください。

それは素晴らしいものでした。

あなたの今生での進化のポイントを明確にしてくれたからです。

 

そして、それらの経験を愛という自分の本質である魂で永遠にもっていけるかけがえのない財産に変えたのです。もしそうなら、過去はもう「どうでもいい」のです。

もう一度言います。

過去はどうでもいいのです。

何度でも言います。

過去はどうでもいいのです。

 

癒しは必要でしょう。

嵐を飛び続けて傷つき疲れた小鳥は雨宿りをする必要があります。

どうかご自分をいたわってください。

ここまでよくやってきたと。

あなたは本当によくやってきました。

私でよければ傘をさしましょう。

どうか雨宿りをしていってください。

 

過去には戦争がありました。憎しみあいや、紛争、憎悪がありました。

たくさんのことがありました。

しかし、過去はどうでもいいのです。

あなたの中の愛がより不変でより大きなものになったか、あなたは人を支配しない抑圧しない人になったか、あなたも人に支配されない抑圧されない人になったか。

それこそが大切なことです。

 魂は常に「永遠の観点」からその人を導きます。

死ぬときの持っていけない「モノ」はある意味、魂にとってはどうでもいいことです。

それよりもその人が「永遠の観点」から必要な学びをしているかどうかが大切です。

それはその人の愛がより無条件で不変で強く大きなものなっているか。ということです。

愛という暖かいフィーリングは魂に属し、死後も次の転生へ持ち運べるのです。

モノもお金も思考も、記憶も持ち運べないのはご存知の通りです。

だからその人の「愛の学び」に物質的繁栄が寄与し、その人がそのことを選ぶなら、その「思考は現実化」します。

しかし、いくらその人がより大きな物資的繁栄を「思考」しようと、平家は滅ぶし、ローマは滅ぶのです。

それらの思考は現実化しません。

ただ単に「思考は現実化」するというのは誤りです。

その背景には魂の観点から見た大きな流れがあるのです。

いつまでも支配し抑圧する人々の「思考が現実化」しないのは幸いです。

それもまた神の愛です。

しかし、全体として、あらゆる生命も人類もより物質的に豊かな存在に進化しているのです。

物質的繁栄もまた神の意向です。

しかし、決してそれは最優先事項ではないということです。

それはその人の愛の学びに資する時に大きな追い風が吹きます。

そうでなければ逆風が吹きます。

もしその物質的繁栄が人々の愛の学びの邪魔になり始めたら、その物質的繁栄が失われるということが多々あるのです。

しかしそれは人々(の魂)にとって幸いなことなのです。

 

あなた自身も支配されない抑圧されない人になったか、これもとても大切なことです。

なぜなら自分が支配され、抑圧され続けた人は、いざ自分が強い立場になったら必ず自分より、弱い立場の人を支配し、抑圧するからです。

それはただ、振り子が逆に移動しただけです。

抑圧する人と抑圧される人は同じ人々です。

転生によって、その役割を交互に演じるだけです。

それは支配と抑圧の中にいる人たちのゲームなのです。

世の中には上下と順番があると考える人たちのゲームです。

今抑圧されている人はただ「がまん」している人です。

「がまん」には必ず反動が出ます。

今生でなければ来世です。

その「思い」を着実に蓄積していますからね。

そして、思いは実現します。

 

あなたがまだそのゲームを続けたいなら、いくらでも続けることができます。

神はそれを許容されます。

何生でもそのゲームを繰り返してください。

今生は被害者なら来世は支配者になれるかもしれません。

もう嫌になるまで、このゲームから抜け出したいと心の底から思うまで続けてください。

そして、今この瞬簡に私はこのゲームを終えると決めるのなら、今この瞬間から違うステージが始まるのです。

ステージが変わるのはいつもこのような、その時点における「今この瞬間の理解と決意」からです。

なぜなら私たちが働きかけることができるのは、常に今この瞬間しかないからです。

過去はもう過ぎ去りました。

未来は未だ来ていません。

私たちが何かをし、何かを変えるのは常に「今この瞬間」なのです。

なぜなら過去も未来も、存在しないからです。

あなたの頭の中にあるだけです。

もはや誰も覚えていません。

その記憶さえも、あなたの身の回りにある服と同様、死によって自分から消え去ります。

だから過去は「どうでもいい」のです。

存在しないものは「どうでもいい」のです。

消え去るものは「どうでもいい」のです。

 

すべてはその人が選んでいます。

無限にこのゲームを続けてもいいし、別のステージを選んでもいい。

それが神の愛です。

あなたはどちらを選んでもいいし、どちらを選んでも何も問題ありません。

それはあなたが自分の人生で何を選択するのかというだけです。

しかし、その結果を受け取るのもあなたです。

何を選択してもいいのです。

実はこれそこが大きな神の愛です。

これこそが無条件の愛であり、神の慈悲です。

あなたは自分が望めば何でも選びとることができるのです。

ただ新しいものを手にするためには、先に古いものを手放す必要があるだけです。

だから過去は「どうでもいい」のです。

あなたが「過去はどうでもよくない」と思えば、さいわいなるかな!

過去はいつまでもあなたを思い煩わせてくれるでしょう(笑)

でも、もう本当に過去はどうでもいいのです。

 

そんなことよりダンスしませんか♪(笑)

コメント

Loading Facebook Comments ...

最近のコメント