真の安心は私たちは不死の魂であることを知ることにある

 今は東大医学部教授も、霊や神の存在を確信している時代です。

 真の安心は私たちは不死の魂であることを知ることにあります。
 

前回の「不安を解消する究極の方法」を説明しました。

そのポイントは、

五感しかない人間には先に何があるか完全に予見することはできないし、未来を完全にコントロールすることもできない。

だから、先がわからずコントロールできないことが不安というのなら、不安を解消する方法はない。

人生というのはそんなものだからです。(笑)

先のことはわからない。未来は未だ来ていない。

ですから心配には実体がありません。

実体のないことをあれこれ思い煩うとキリがないのです。

不安にかられた人がとめどなくあれこれ思い悩むことができるのは、不安に実体がないからです。

だから先のことをどれだけ不安に思い、悩んでも、不安には実体がないのでキリがないということを理解すことです。

要するに不安に思ってもしかたがないのです。

だから「なんとかなる」と思って前進するしかない。

私たちもまた無から何十億年もかかって進化してきた宇宙、生命の一員なのです。

生命は過酷な宇宙を生き抜き、ここまで繁栄してきました。

何十億年も常に「なんとかなって」来たのです。

ですからこれから何十億年も「なんとかなって」いくでしょう。

それが結果から見た最も合理的な考え方です。

宇宙は私たち生命は必ず「なんとかなって」いきます。

しかし私は病がないとか死がないなどというつもりはありません。

たとえ死んでも何とかなるのです!

私たちの本質は本来不死の魂だからです。

もし、その視点がなければ死んだとき「なんとかならなかったじゃないか」ということになります。

しかし死んでも「なんとかなって」いくのです。

なぜなら私たちの本質は魂だからです。

突然の事故で自分の体を離れて病室の天井から自分の体や周囲で泣く家族を、冷静に見ている自分です。
taigairidatu

「おい、私はここにいるよ!」

「みんな元気出せよ!」

と考えているのが本当の自分です。

肉体は本当の自分ではないのです。

もし私たちが見える肉体がすべてと考えているなら、「なんとかならなかったじゃないか」と思う場面が出てきます。

何しろお釈迦様でもイエスでも肉体を離れましたからね!

でもそれでも必ず生命は「なんとかなって」いくのです。

生命の本質、思考している実体は魂だからです。

だから真の安心は私たちは不死の魂であることを知ることにあります。

死んでも大丈夫なんですよ!(笑)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...
スポンサーリンク