私たちが生きている間に、地球人はいわゆる宇宙人と遭遇することになるでしょう。

> はじめまして。
> メルマガに登録させていただいた、Kです。
> 2007年頃でしょうか、偶然にも榎本様のブログを拝見し、ファンになりました。
> ただ、榎本様が自然の力に携わられた頃から、次第にブログから離れてしまいました。一時は、私も伝授を…と考えたのですが、どうにも気が進まず…。

 そうでしたか。
 そのようにお感じになった方は多いです。
 直観は大切ですね。

 南さんが十九・二十歳の少女に対して、「私とセックスしないと伝授が戻らない」といい、何度も関係も持たされ、それが嫌でやめるという相談を本人とお母さんから受けた時は本当にショックで、私もすべてをぶちまけてやめようと何度も決心して毎月第2日曜日の天光地での講師に向かったものです。しかし、ついにできませんでした。

 私もちょうど同じ年頃の子供がいますが、そんなことをされたら男親なら、鉄パイプでももって殴り込みに行くんじゃないでしょうか。

 本当に腹が立ったのです。
 裏切られた気持ちでした。

 今は私は良心に従うことができて本当に幸せです。
 自分の良心を偽ることほどの苦痛はありません。

 なぜこんなことが起こるかというと、南さんだけが神の世界で唯一の代理人であり、他の人はすべて「神の持ち物」と考えているからです。

 所有物です。
 それが自然の力の考え方です。
 自分と他の人は価値が違うと考えているのです。
 ですからそういう人権を無視した発想が出るのです。

 その少女の魂も、南さんの魂も同じ神の創造なのです。
 同じなんですよ。
 そういう人の魂に対する敬意がありません。
 
 自分だけが特別だと思っているのです。
 伝授者は自分たちだけが聖者だと思っています。
 それが彼らを非常にエゴイスティックにしています。
 一方を価値があると考えれば、一方は必然的に価値が低くなるのです。

 ちなみに南さんは誰の魂でも勝手につくったり操作できると主張しています。

 ところが、実際は魂というのは神の一部です。
 私たちの意識です。
 意識は肉体に属していないのです。

 体のどこが切断されようが、脳の一部が失われようが意識は失われないのです。
 意識は傷つけることはできません。

 意識がその人の魂であり、神の一部だからです。

 神はすべてを知っているというのは、神が意識だからです。

 すべての人、すべての生命の意識を通じて神はすべてを把握しているのです。

 ですから私たちの魂は永遠に死なず転生を繰り返すのです。

 私たちの本質である魂は神の一部だからです。

 そういう尊い人の魂を、南さんは自分で作ったり、「あなたは魂がおかしい」みたいなことを平気で言います。

 神の一部である魂がおかしいなどということは、有史以来一度もありません。
 消えることもなければ、作ることもできません。

 おかしいのは南さんの思考です。

 非常に危険な思考です。

 それを無批判に信じているのが伝授者です。

 そういう人間の根本の理解で誤っている思考は、非常に危険なのです。

 
 ちなみに、南さんはUFOも宇宙人も存在せず、すべては霊の仕業と主張しています。

 それも間違いです。

 宇宙には物質次元だけでもたいへん多くの種族が存在しており、異なる次元も含めれば本当に多くの偉大な存在が数多くいます。

 そんな中で南さんが唯一絶対の神の代理人などとエゴイスティックに考える思考は、まさに狂気の沙汰です。(まぁ唯一絶対の神の代理人になるためには他に偉大な存在がいてもらっては困るのでしょう)

 おそらく、私たちが生きている間に、地球人はいわゆる宇宙人と遭遇することになるでしょう。人類の意識がどんどん変わっているからです。
 
 楽しみにしていてください!
UFO

> 先日、また偶然にも榎本様のブログにたどり着き、なにやら大変な事に巻き込まれたようで…。
> まずは御無事のようで安心しましたが、大丈夫でしたか?

 ええまぁ。

 いろいろありました。(笑)

 しかし、ご覧のように大丈夫です。

 絶好調ですよ!

 もう以前のように自分の良心を偽ったり、狂気の間違った前提で人間を理解しなくて済むので、私も遠隔浄化と改善のための理解が急速に進んでいます。

 私の守護霊さまが「おいっ!いつまでもそんなことやってんだ。もうそこでの経験は終わりだ!」と追い出してくれたのでしょう。

 今から考えれば、南さんから「私とセックスしないと伝授が戻らない」と言われた少女が何回も関係を持たされるのが嫌でやめる相談を受けたとき、私も何度も刺し違えて止めるつもりでしたが、あの時が本来の私のやめ時だったのでしょう。

 長らく良心の呵責に苦しんできましたが、思いは実現します。

 ですから、こうしてめでたくやめられました。(笑)
 
> 話は変わりますが、私も力の使い手に参加させていただきたく思っております。
> 久しぶりに拝見した榎本様の文章から、かつてない力強さと申しますか、信念を感じ、是非とも私も参加したいと思った次第です。

 そう言っていただけるととってもうれしいです!

 私もやめた甲斐があります!(笑)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Loading Facebook Comments ...
スポンサーリンク