現在、病院やクリニックで広範かつ大量に使われている医薬品の主だった物の副作用

日々の生活

「現在、病院やクリニックで広範かつ大量に使われている医薬品の主だった物の副作用を示して見ましょう。
自称利尿剤のアルダクトン・ラシックスは統合失調症(発狂)の副作用が有ります。
胃潰瘍患者用の食欲増進剤とされるアルサルミンは大量のアルミニウムが含まれておりアルツハイマーを急速に進行させます。
アミノ酸点滴剤の中、成長ホルモン直前物質であるアルギニン入りの物を癌患者に投与すると初期癌が瞬く間に巨大化し腹膜播種も引き起こします。
血液をさらさらにすると称して投与するバイ・アスピリンは強力に胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こす副作用が有ります。
そのようにして知らない内に胃潰瘍にさせられている貴方に、医者は決まって胃潰瘍で血液を失うから貧血剤・増血剤として、酷いときにはフェロミアという鉄剤の劇薬を、そうでなくてもインクレミンという鉄剤を投与します。
フェロミアとは若い人でも週に1回以上呑めば身が持たない位の劇薬です。何が劇薬かというと、胃潰瘍に罹っている人がフェロミアを呑まされると度々の大量出血が胃腸から起こります。そしてフェロミア、インクレミンいずれもそれを呑み続ければ胃潰瘍を胃癌に発展させます。」

こちらからのリンクです。

現在遠隔浄化中の方も、まさにこの通り!という方が何人もおられます。

 

西日本新聞の調査によると「薬を飲むのをやめよう(やめたい)と思った理由は以下のようになっています。
fukusayou

最も多いのが「副作用がつらい」です。

しかし、お年寄りなどはまさに上記にぴったりの症状を「自分が病気」だと思っている人が非常に多いのです。

それは病気ではなくて、副作用です。

上記の薬は非常に広く使われている薬です。

身近な人にこのような症状が出ている人がいたら、ぜひ薬をチェックしてみてあげてください。

関連記事薬剤師会会長決意の告白「クスリは「毒」である」「飲んでも病気は治らない」

コメント

Loading Facebook Comments ...

最近のコメント