【マイナス思考からの脱却】昨日は最高に泥泥沼におぼれかけてました。

幸せになる方法

ついついマイナス思考に陥ってしまうKさま

心がくもって頭もすっきりしないからかもしれません。
ということで浄化後、
楽しいことハートの喜びあふれること「だけ」を考えてくださいね。
と、アドバイスしておきました。
すると、

榎本さ~ん!

わかるんです。頭では。
もう、沢山本も読みました。色々にお金も使いました。
性格です。癖です。根が暗い!
自己否定、自己卑下、そして自分が嫌になる。ループ。
考えても仕方ないことをガッチリ掴んで手放さない!!執着心がすごい。
しかもよなよなそれを反芻し、嫌~な嫌~な気持ちで眠れない・・
この人、ああなんじゃないか、こうなんじゃないか、うんぬん。
うわ~
嫌ですね~これではからだも蝕むはずです。でもしっかり自覚します。
もう逃げません。
今まではこの気持ちにすら蓋をし逃げてきましたから。
うげ~!おえ~!です。
もうこんな気持ちいりません~
でも嫌な気持ちが追いかけてくるんです。それに慣れてるから無意識に、
嫌~な方に嫌~な方に気持ちを仕向けて行くんです。(ToT)m(__)m(゜д゜)
どうしたらいいですか・・・
昨日は最高に泥泥沼におぼれかけてました。K( 2017年8月5日 9:04)

 すべては慣れなんですよ。

 水泳ができるようになったり、自転車に乗れるようになるとの同じです。

 それらはある種の訓練によって、身につけてしまったのです。

 もはや何も考えなくてもできるのですね。

 、何かのきっかけで、「ああ無理無理!」と思ってしまった人もいます。

 で、その「無理無理」という考えにすっかり慣れてしまっているです。

 いい訳します。

 でも泳げたり乗れたりした方が楽しいんですね。

 最初にすることは「無意識」にマイナス思考に気持ちを仕向けていることに「気づく」ことです。

 しかし、実はもう気づいているんですよ。

 ですから、そのように書かれているわけです。

 「ああ来たな!」と気づいたら次に、ブレイクします。

 それ以上思考が進まないように、散歩に出かけたり、お茶の時間にしたり、楽しい夢の旅行について考えることにしたり、
 とにかく「自分のやり方」でそれ以上、マイナス思考が続かないようにブレイクします。

 多くの不幸というのはマイナス思考を放置し、その嫌な気持ちのまま行動したり、誰かに言葉にしたりして、不幸なことが発生します。

 しかしそれは相手のせいじゃないんですよ。

 自分の「思考の傾向」を反映した、言葉や行動に周囲が反応しただけなのです。

 ですから、マイナス思考が来たらブレイクし、自分の内面を平穏、もしくは楽しい嬉しいワクワクした状態に切り替えた「後」行動したり、言葉にしたりします。

 私もそれをとても気をつけていますよ。

 そうするとその行動や言葉は幸せを生みます。

 原理はそれだけです。

 もうマイナスに気づいていますから、次にマスターすべきことは上手にブレイクすることです。 

 そして切り替えることなんです。

 それは自転車や水泳と同じなのです。

 自分なりのちょっとしたコツと、ちょっとした練習を何回か繰り返せば、やがて何も考えなくても、

 さっと自転車にまたがったり、水に飛び込むだけでちゃんとできるのです。

 それができるようになるまで、ちょっと敷居が高いように感じるかもしれませんが、

 一番の大敵は「私はムリ!」という苦手意識なのです。

 自転車や水泳のように、多くの人もやっているのだから、私だってできるわ!と考えるのです。

 そうすると、自転車や水泳と同様、少々のコツの体得と練習でできるようになります。

 自転車と水泳との違いは、ただ多くの人が意識して練習したことがないというだけです。

コメント

Loading Facebook Comments ...

最近のコメント