【末期の肺がん】1年後→「どこにこの不思議さを持っていったら良いの でしょう?また同じ思いの方のサポートなんて 無理ですよね!皆さんがこうなっていただけたら良い のになと思うのです。」

癌の遠隔浄化

末期の肺がんで、もって年末までと診断されていた歯科医師の先生。

とても調子がいいようです。

どこにこの不思議さを持っていったら良いの
でしょう?また同じ思いの方のサポートなんて
無理ですよね!たまたま今良い感じ感じなだけな
のですが皆さんがこうなっていただけたら良い
のになと思うのです。
過分なご加護に浴して尚の要望は贅沢という事
と重々承知の上で要望を書いてみます、体全体の
パワーアップと筋肉痛除去これが可能ですと、今の
所パーフェクトですね・・・夢! S(2017年6月18日 12:05)

 

浄化開始当初は、本当に何ヶ月も咳が抜けず、ずっと二人三脚でやってきました。

実際には一度もお会いしていないのですが、ほぼ毎日メールをやりとりして、浄化をするので、もう私の友人というか人生の一部です(笑)

さて、この日の要望は「体全体のパワーアップと筋肉痛除去」!

なんとのどかな!

やはり末期のがんの方となると、命に関わる病気なのですから、こちらもいつも身が引き締まる思いです。

何ヶ月もずっと「咳がきついです。」などと続くのですからね。

それがこの日は「体全体のパワーアップと筋肉痛除去」。

「同じ思いの方のサポート・・・皆さんがこうなっていただけたら良い
のになと思うのです。」なんて言ってくださるのですからね。

 

なんだか私もほっと一息ですよ!

長い間歩き続けてきたけど、ちょっと気持ちのよさそうな木陰があるから座ろうかって感じですね。

コメント

Loading Facebook Comments ...

最近のコメント